「 潰瘍性大腸炎 」一覧

NO IMAGE

体に有害な活性酸素を除去できる「タンパク質マイクロマシン」を開発(国立研究開発法人 産業技術総合研究所)

体内で過剰に発生した活性酸素は炎症を引き起こし、さまざまな病気に結びつく。今回開発したタンパク質マイクロマシンの本体部分は、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)(活性酸素を除去するタンパク質)と血清アルブミン(さまざまな薬剤と結合するタンパク質)で構成され、表面には抗体(標的となる細胞を捕捉するタンパク質)が組み込まれている。抗体が活性酸素を分泌する細胞を捕捉し、本体内部のSODが過剰な...

NO IMAGE

「普段は無害な菌で腸炎に=過剰な抗生物質で-慶大・早大」(JIJI.COM)

抗生物質の過剰な服用で腸内の細菌群が乱れると、口や腸などに生息する普段は無害な細菌「肺炎桿菌(かんきん)」により、慢性腸炎が起きる可能性があることが分かった。(中略) 肺炎桿菌を標的とする抗生物質を開発できれば、潰瘍性大腸炎やクローン病などの慢性腸炎の新薬になるとの見方を示した。 「普段は無害な菌で腸炎に=過剰な抗生物質で-慶大・早大」(JIJI.COM)(2017-11-14(Tue...

NO IMAGE

「樹状細胞が二次リンパ組織の形成や維持に重要な役割-神戸大」(QLifePro)

神戸大学は11月7日、樹状細胞がSIRPαとCD47という2つのタンパク質を介して、脾臓やリンパ節の形成や維持に重要な役割を果たしていることを明らかにしたと発表した。(中略) 樹状細胞を標的とした新たな免疫抑制療法の開発が期待される、と研究グループは述べている。 「樹状細胞が二次リンパ組織の形成や維持に重要な役割-神戸大」(QLifePro)(2017-11-10(Fri) 23:...

NO IMAGE

「難病乗り越え東京五輪狙う 女子走り幅跳び中野瞳」(神戸新聞NEXT)

「難病乗り越え東京五輪狙う 女子走り幅跳び中野瞳」(2017/11/9 07:00神戸新聞NEXT)(2017-11-09(Thu) 23:24:45 アクセス) 10年前、兵庫県立長田高校(神戸市長田区)で陸上女子走り幅跳びの日本高校記録(6メートル44)を出した中野瞳(26)=茨城県在住=が、難病と向き合いながら東京五輪を目指している。快挙を達成した後、下痢や腹痛が続く潰瘍性大腸炎...

NO IMAGE

「潰瘍性大腸炎の体外診断医薬品 カルプロテクチンが保険承認」NEWSポストセブン

カルプロテクチンというのは白血球から分泌されるカルシウム結合たんぱくの一種で、腸内上皮で炎症が生じると便の中に放出される。腸内で炎症が起こっている時だけカルプロテクチンが検出されるため、潰瘍性大腸炎の病態を把握できる。従来の血液検査に比べ、直接腸の炎症にかかわる物質の便での濃度を測るので、より炎症の有無の確認が的確にできるようになった。( 慣れはあるにせよ誰もが積極的に受けたくはないであ...

NO IMAGE

「悪化原因の細胞を発見 治療薬に応用できる可能性」

がんや腸炎などの病気を悪化させる原因となる白血球のもとになる細胞を発見したと、東京医科歯科大の樗木(おおてき)俊聡教授(免疫学)の研究チームが16日付米科学誌イミュニティ電子版に発表した。がんや潰瘍性大腸炎などの治療薬へ応用できる可能性があるという。 悪化原因の細胞を発見 治療薬に応用できる可能性(2017-06-03(Sat) 21:32:00 アクセス) G-CAPで濾過(?)した...

NO IMAGE

「持田製薬 潰瘍性大腸炎の体外診断薬が保険適用 便から測定 患者の負担軽減を期待」

カルプロテクチンというタンパク質の濃度と腸管内の炎症の程度とが相関することに着目し、便中の同タンパクの濃度を測定する。 持田製薬 潰瘍性大腸炎の体外診断薬が保険適用 便から測定 患者の負担軽減を期待(2017-06-03(Sat) 21:25:09 アクセス) 慣れたとはいえ、好んでやる人はいないであろう大腸内視鏡検査。事前のニフレックも結構辛い。 この検査薬、「現在、発売に向けて準...

NO IMAGE

持田製薬株式会社の「リアルダ錠」について

株経ONLINEに持田製薬の「リアルダ錠」に係るプレスリリースが掲載されておりました。 ペンタサ又はアサコールと異なるのは、1日1回の服用で良い、という点でしょうか。 患者的には、飲み忘れリスクが少なくなるという点でメリットが大きいような気がします。 いずれにしても、今後の経緯を見守りつつ、医師の指示に従って、ということでしょうね。 株経ONLINE>【4534】...

潰瘍性大腸炎の発症と治療について

潰瘍性大腸炎の発症と治療について

潰瘍性大腸炎を発症したため、9月21日から11月8日まで函館協会病院に入院し、治療を受けておりました。 この病気は、発症の原因が不明で根治することもない難病とのことですが、幸いなことに専門の医師が函館におられたことから、しっかりとした治療を受けることができました。先生及び看護師並びにスタッフの皆様には、心から感謝申し上げます。 また、突如として長期間仕事を離れざるを得ない状況となってし...