「 019 読書、読書法 」一覧

NO IMAGE

養老孟司著『考える読書』

驚くほどの本を読んでおられる。本書に登場するのは推理小説よりもファンタジー小説が多いようだ。洋書をそのまま読めるのは羨ましい。かといって、自分も英語で読んでみたいとまでは思わないが。本書は、著者が読んだ本の感想を軸とした自由なエッセイ集である。昆虫割合多めなのと達観しているように思える人間観には大きな刺激を受けた。 養老孟司(2014)『考える読書』双葉新書...