「 五稜郭 」一覧

明媚な箱館奉行所

明媚な箱館奉行所

五稜郭公園は、人工的に作られたものながら完全に自然と同化した美しい場所となっております。箱館奉行所もまた然り。まさに「明媚」な建物であります。

谷目基さんの手回しオルガン@五稜郭タワー

谷目基さんの手回しオルガン@五稜郭タワー

先日、五稜郭タワー内の旬花にて、函教大の史学研究室同窓会が開催(毎年1月5日開催と決まっていて、60年近く(又は超)続いている伝統ある会合なのです。)され、小生も出席させていただきました。 せっかくの五稜郭タワーということで、前から気になっていた手回しオルガンを眺めて参りまして、手づくりの温かみと職人の技の巧みさとを実感いたしました。 この手回しオルガンは、五稜...

桜開花前の五稜郭公園

桜開花前の五稜郭公園

桜の開花までもうしばらくの五稜郭公園。ゴールデンウィーク前半の最終日であり、快晴に恵まれたため散歩、ジョギング、そしてバーベキュー客で賑わっていた。 気温も日差しも散歩には最適であった。 マグロのぼりが泳ぐ五稜郭タワー。大間の島康子さんの企画。他の鯉のぼりよりも一回り太く、泳ぎも力強い。 五稜郭、土塁の先端。高さがあり意外と怖い。 箱館奉行所も観光客で賑わっている。 ...

ゴエキ(五稜郭駅)

ゴエキ(五稜郭駅)

五稜郭駅という名称ながら、五稜郭公園までは遠い。徒歩だと30分以上かかる(私は40分かかった・・・)。利用者の多くは通学、出張だろうか。 五稜郭公園までのルートをじっくりと考えると、なかなか面白い「まちあるき」ルートがつくれそうな気もする。 公園にいたるまでは、順路にもよるが、函館市民の生活感あふれるゾーンを通過しなければならず、マニアックな酒場も多い。そう考えると、五稜郭駅〜五稜郭間の距離と...

開花前の五稜郭公園

開花前の五稜郭公園

開花直前の五稜郭公園。本来であれば今日は見頃のはずだが、悪天候のため本格的な花見はしばらくお預け。 2012年4月30日撮影。 鯉のぼりが泳ぐ五稜郭タワー。 4月30日時点では、まだつぼみの段階。 復元後はじめて見たが、なかなか立派なたたずまいでした。 奉行所前に設置されている解説の内容は次のとおり。 箱館奉行所は、幕末の箱館開港により設...

五稜郭公園(2007年)

五稜郭公園(2007年)

今年の東京の桜は終わってしまったが、北海道ではこれからが本番。 道南ではゴールデンウィーク頃が見頃だろうか。 以下の写真は2007年に撮影した五稜郭公園。 2007年5月4日撮影。正面の五稜郭タワーには鯉のぼりが泳ぐ。 2007年5月4日撮影。 2007年5月4日撮影。 2007年5月4日撮影。五稜郭公園内の「武田斐三郎先生顕彰碑」。五稜郭築...