「 北斗市 」一覧

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

境内が、ミニなパークゴルフ場になっているお茶目な鹿島神社です。 本郷村 本郷村の起源は大野の水田の歴史でもある。 『休明光記』に「すなわち丑年(文化二年)より開発せしむるに、その年一年に功を成すこと新田百五十町歩、田九十町歩字庚申塚・五十町歩字文月」とあり、これだけの大きな面積の開田は蝦夷地で初めてのことだった。 本郷の地名の由来は、庚申塚のあった所とな...

山口博(1979)『Ora et Labora』弘告社

山口博(1979)『Ora et Labora』弘告社

トラピスト修道院の貴重な写真集です。修道院の売店で購入しました。 "Ora et Labora"、祈れ働け。この言葉どおり、厳かで規律的な修道院での日々の祈りと生活の様子が伝わってきます。 1979年、昭和54年の発行。今から約40年前の修道院の様子です。数年前に中をご案内いただいた際の印象とほとんど変わっていないことから、日々の手入れが行き届いていることを実感します。

NO IMAGE

法亀寺のしだれ桜

法亀寺のしだれ桜。今年もたくさんの方がいらしてました。ウソに蕾をやられて花が少ないと言われていましたが、それでも十分に見応えがあります。夜のライトアップはさらに素晴らしいものです。 法亀寺のしだれ桜と小山内龍 法亀寺は日蓮宗実行寺の末寺である。1849年(嘉永2)大野村東下町に法亀庵として建てられ、その後法亀寺に改称し、1889年(明治22)現在地に移転した。 境内にある一本のしだれ桜は推...

NO IMAGE

さくらソフトクリーム@鈴木牧場牛乳 2017

自宅から徒歩5分の鈴木牧場牛乳。今日も車が続々と駐車場に並びます。ナンバーを見ると「札幌」「旭川」などの文字があったので、ゴールデンウィークで来られた方なんでしょうね。 法亀寺の枝垂れ桜と並ぶ向野の観光スポットのひとつであります。 渡島総合振興局のサイトによれば、 大正9年創業以来、地域に親しまれてきた歴史の長い老舗ブランドです。 創業当初から、町内全域を対象とした牛乳配達をメ...

NO IMAGE

シュガートースト@ボーバンベーク

最も好きなパンのひとつ、シュガートースト。口の周りに付着する砂糖、床に散らばる砂糖、いずれもご愛嬌。 パン屋でもあまり見かけないのですが、ボーバンベークではバタースコッチとしていつも置いてあります。今日は、2つ残っていたのを買い占めました。満足。 ボーバンベーク TEL:0138-73-5801 所在地:北斗市飯生3丁目4-9 月曜定休

白いカタクリ

白いカタクリ

4/23にも見に行った匠の森公園のカタクリ。本日(4/29)再訪。花びらがかなりくたびれて、シワシワになってきてました。 現場にて、白いカタクリに出会ったのですが、かなり珍しいそうです。数万本に1本とか。「白変種」というみたいで、以下のサイトが参考になります。 特集「白いカタクリの花」2017-04-29(Sat) 21:25:02アクセス

大野川沿いの桜並木

大野川沿いの桜並木

大野川沿いの桜並木。法亀寺の枝垂れ桜とも距離が近いので春にはたくさんの方がお見えになります。が、残念ながら今日はまだつぼみ。今年は、ゴールデンウィークが見頃となりそうです。 この桜は、昭和34年に当時の皇太子殿下(今上天皇)のご成婚を祝して大野町が植えたもの、とのこと。もともと150本ほどあったそうですが、道路整備等の工事で伐採されたり、枯れたりしたほか、羊に荒らされたこともあって、減っ...

NO IMAGE

カタクリ@匠の森公園

匠の森公園。カタクリの花が見頃となってました。ご覧になりたい方は、お早めにどうぞ。 注意看板を無視して、写真を撮ってしまいました。すいません。 そういえば、パノラマ展望台に登る途中、7合目付近にて道路上にいる鹿2頭を発見しました。道南でも増えてきているんですね。

NO IMAGE

楠見清、南信長(2017)『もにゅキャラ巡礼 銅像になったマンガ&アニメキャラたち』扶桑社

「もにゅキャラ」とは「モニュメント」と「キャラクター」をくっつけた言葉らしいです。 本書では、全国各地のキャラクター銅像を丹念に取材されており、設置に至る由来や銅像の見どころを詳細に解説しています。 楠見清さんは美術評論家、南信長さんはマンガ解説者。両者の解説は専門的、かつ、客観的な視点で参考になります。 本書を携えて全国(本書では26箇所が紹介されてます。)の「もにゅキャラ」めぐりをし...

矢不来台場の砲数

矢不来台場の砲数

開拓使編(明治17年)『北海道志』巻22に矢不来台場についての記載があります。 矢不来台場 鉄砲4門 1貫目 500目 300目 150目 1貫目、500目、300目、150目の計4門の砲が配置されていたようです。 国立国会図書館デジタルコレクション>『北海道志』巻22 4コマ目 (2017/01/02 アクセス)