「 多聞寺 」一覧

多聞寺境内の六地蔵坐像

多聞寺境内の六地蔵坐像

多聞寺境内には六体並んだ地蔵がある。隅田村における地蔵講の活動を知ることができる貴重な資料だそうだ。 2011年7月3日撮影。 墨田区設置の説明板の内容は以下のとおり。 <墨田区登録文化財> 六地蔵坐像 所在 墨田区墨田5丁目31番13号 多聞寺内 この六地蔵像は総高約150センチで、いずれも安山岩の四石からなっており、地面から一、二段目は方形の台石、三段目は蓮台、その...

多聞寺の狸塚

多聞寺の狸塚

多聞寺境内に入ると、狸の像があちこちに置かれていることに気付かされる。江戸時代より少し前、この地には妖怪狸がいて、村人に悪さをしていたとか。 2011年7月3日撮影。多聞寺境内の狸の像。かなり古いものらしく、全身に苔が生えている。一見、狐のようにも見えるが、腹回りの豊かさから狸ということが、なんとなくわかる。 2011年7月3日撮影。狸塚。由来がとても面白い。由来に登場する毒蛇...

多聞寺の境内と本堂

多聞寺の境内と本堂

隅田川七福神の一つとして毘沙門天を祀る多聞寺。本尊の毘沙門天像は空海の作と伝わっているとのこと。 2011年7月3日撮影。多聞寺正面入り口石柱。 2011年7月3日撮影。正面駐車場と山門。 2011年7月3日撮影。山門から境内へ。左側には狸塚。右側には六地蔵。そして正面が本堂。 2011年7月3日撮影。本堂前から振り返っての山門。 2011年7月3...

多聞寺境内に残る戦争の跡

多聞寺境内に残る戦争の跡

多聞寺境内には戦災の記憶を伝える記録が複数残されている。 2011年7月3日撮影。山門手前に植えられた長崎爆心地の楠。 2011年7月3日撮影。東京大空襲の爆撃で折れ曲がった浅草国際劇場の鉄骨。 東京大空襲で被災した浅草国際劇場の鉄骨 1945(昭和20)年3月10日未明、アメリカ軍B29爆撃機330機による無差別絨毯爆撃を受け、下町一帯は”炎の夜”と化した。この東...

多聞寺の山門

多聞寺の山門

隅田川七福神の一つ多聞寺。東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅と堀切駅の中間辺りに位置している。 周辺は下町風情の残る住宅街。境内はきれいに整備されている。 狸塚に係るエピソードなどは、現在の状況からは想像できないこの付近の当時の様子を示しており、興味深い。 立派な山門は、江戸時代中期の作とのこと。現存する墨田区内最古の建造物らしい。 2011年7月3日撮影。多聞寺の山門。江戸中期の作。墨田区内で...