「 潰瘍性大腸炎 」一覧

NO IMAGE

ぐぅぐぅさんによる人工肛門に関するわかりやすい漫画

ストーマ(人工の肛門・膀胱)って知ってますか? 実情と理解を広めるため使用者自ら描いた漫画が話題に ねとらぼの記事。自身が潰瘍性大腸炎にて大腸全摘によりストーマ(人工肛門)もちとなったイラストレーターのぐぅぐぅさん(@ponpokonyanko)さんによる、ストーマの実情に係るとてもわかりやすい漫画が紹介されており、参考になります。

NO IMAGE

潰瘍性大腸炎治療薬「レクタブル(R)2mg注腸フォーム14回」(一般名:ブデソニド)

エーザイ株式会社の消化器事業子会社であるEAファーマ株式会社とキッセイ薬品工業株式会社は12月6日、潰瘍性大腸炎治療薬「レクタブル(R)2mg注腸フォーム14回」(一般名:ブデソニド)を、12月7日に発売することを発表した。(中略)泡状であるため、直腸およびS状結腸に到達した薬剤が局所に留まり、投与後に薬剤が漏れにくい。局所作用型ステロイド薬であることから、ステロイドに起因する全身性の副作用...

NO IMAGE

「青黛の潰瘍性大腸炎に対する有効性を実証-慶大ら」(QLifePro)について

厚生労働省は2016年12月27日、青黛を摂取した潰瘍性大腸炎患者において、肺動脈性肺高血圧症が発現した事例が複数存在していることが判明したことから、保健医療の関連学会に対して患者が自己判断で青黛を摂取しないよう指導を求める通知を出している。 青黛の潰瘍性大腸炎に対する有効性を実証-慶大ら(QLifePro)(2017-12-01(Fri) 23:33:55アクセス) 青黛、有効率は有...

NO IMAGE

潰瘍性大腸炎 中国由来の生薬が効果(FNN)

効果があると実証されたのは、リュウキュウアイなどの植物から抽出した、青黛(せいたい)と呼ばれる粉末の物質。 以前から漢方薬として使われてきた実績はあったが、科学的に検証されておらず、今回、慶応大学など、およそ30の施設の共同グループが臨床試験を行った結果、その有効性がアメリカの権威ある雑誌に掲載された。 中国由来の生薬が、科学的方法論で有効性が証明されたことは異例。 潰瘍性大腸炎...

NO IMAGE

「普段は無害な菌で腸炎に=過剰な抗生物質で-慶大・早大」(JIJI.COM)

抗生物質の過剰な服用で腸内の細菌群が乱れると、口や腸などに生息する普段は無害な細菌「肺炎桿菌(かんきん)」により、慢性腸炎が起きる可能性があることが分かった。(中略) 肺炎桿菌を標的とする抗生物質を開発できれば、潰瘍性大腸炎やクローン病などの慢性腸炎の新薬になるとの見方を示した。 「普段は無害な菌で腸炎に=過剰な抗生物質で-慶大・早大」(JIJI.COM)(2017-11-14(Tue...

NO IMAGE

「樹状細胞が二次リンパ組織の形成や維持に重要な役割-神戸大」(QLifePro)

神戸大学は11月7日、樹状細胞がSIRPαとCD47という2つのタンパク質を介して、脾臓やリンパ節の形成や維持に重要な役割を果たしていることを明らかにしたと発表した。(中略) 樹状細胞を標的とした新たな免疫抑制療法の開発が期待される、と研究グループは述べている。 「樹状細胞が二次リンパ組織の形成や維持に重要な役割-神戸大」(QLifePro)(2017-11-10(Fri) 23:...

NO IMAGE

「難病乗り越え東京五輪狙う 女子走り幅跳び中野瞳」(神戸新聞NEXT)

「難病乗り越え東京五輪狙う 女子走り幅跳び中野瞳」(2017/11/9 07:00神戸新聞NEXT)(2017-11-09(Thu) 23:24:45 アクセス) 10年前、兵庫県立長田高校(神戸市長田区)で陸上女子走り幅跳びの日本高校記録(6メートル44)を出した中野瞳(26)=茨城県在住=が、難病と向き合いながら東京五輪を目指している。快挙を達成した後、下痢や腹痛が続く潰瘍性大腸炎...

NO IMAGE

「潰瘍性大腸炎の体外診断医薬品 カルプロテクチンが保険承認」NEWSポストセブン

カルプロテクチンというのは白血球から分泌されるカルシウム結合たんぱくの一種で、腸内上皮で炎症が生じると便の中に放出される。腸内で炎症が起こっている時だけカルプロテクチンが検出されるため、潰瘍性大腸炎の病態を把握できる。従来の血液検査に比べ、直接腸の炎症にかかわる物質の便での濃度を測るので、より炎症の有無の確認が的確にできるようになった。( 慣れはあるにせよ誰もが積極的に受けたくはないであ...

NO IMAGE

「悪化原因の細胞を発見 治療薬に応用できる可能性」

がんや腸炎などの病気を悪化させる原因となる白血球のもとになる細胞を発見したと、東京医科歯科大の樗木(おおてき)俊聡教授(免疫学)の研究チームが16日付米科学誌イミュニティ電子版に発表した。がんや潰瘍性大腸炎などの治療薬へ応用できる可能性があるという。 悪化原因の細胞を発見 治療薬に応用できる可能性(2017-06-03(Sat) 21:32:00 アクセス) G-CAPで濾過(?)した...