「 荒川区 」一覧

大黒天経王寺

大黒天経王寺

谷中銀座を日暮里駅方向に進み、階段を上ったところにあるのが経王寺。幕末の動乱の痕を残している。 写真は2012年2月19日撮影。   荒川区教育委員会による説明は以下のとおり。 大黒天経王寺 経王寺は日蓮宗の寺院で山号を大黒山と称す。明暦元年(1655)、当地の豪農冠勝平(新堀村の名主冠権四郎家の祖)が要詮院日慶のために寺地を寄進し、堂宇を建立したことに始まるという。...

日ぐらしの布袋、修性院

日ぐらしの布袋、修性院

修性院。谷中七福神の一つ「日ぐらしの布袋」で知られる。 2012年2月19日撮影。 日ぐらしの布袋(修性院) 修性院の布袋は、谷中七福神の一つで、「日ぐらしの布袋」ともよばれる。谷中七福神めぐりは、江戸市中で最も古い歴史をもち、年始めにあたって江戸市民が行う年中行事の一つであった。 江戸時代の中期ごろから、このあたり一帯は俗に「ひぐらしの里」とよばれ、江戸近郊の行楽地として賑わ...

青雲寺と馬琴の筆塚

青雲寺と馬琴の筆塚

花見の名所として大いに賑わったと言われる荒川区の青雲寺。境内には大量の筆を消費したとされる馬琴の筆塚もある。 いずれも、2012年2月19日撮影。 荒川区教育委員会による説明は以下のとおり。 滝沢馬琴の筆塚と花見寺(青雲寺) 青雲寺は臨済宗の寺院で浄居山と号する。宝暦年間(1751〜64)、堀田相模守正亮の中興と伝える。江戸時代の中頃より「日ぐらしの里」と呼ばれ、庶民に親しまれ...

石浜神社

石浜神社

白鬚橋を渡り荒川区に入ってすぐのところにあるのが石浜神社。 相当な由緒ある社とのこと。 2011年11月13日撮影。駐車場側から境内入り口の石段。 2011年11月13日撮影。社殿。 2011年11月13日撮影。 荒川区教育委員会の説明は以下のとおり。 石浜神社と隅田の渡し ここより北方に石浜神社がある。石浜神社は聖武天皇の神亀元年(724)に創祀され...

白鬚橋下

白鬚橋下

白鬚橋近辺は墨田区、江東区、荒川区が交差する珍しいスポットである。 向島側から橋を渡ったところに、対鷗荘と呼ばれた三条実美の別邸があったとのこと。 また、橋が架かるまでこの辺りで活躍した渡しは「白鬚の渡し」又は「隅田川の渡し」として、有名だったようだ。 2011年11月13日撮影。荒川区教育委員会の解説は以下のとおり。 対鷗荘(たいおうそう)跡 対鷗荘は白鬚橋西詰の地に明...