2015初詣@意富比神社

意富比神社

今年一年の世界平和と地球環境の安寧を祈念すべく、意富比神社を参拝して参りました。どこの神社もそうですが、鳥居をくぐると、不思議と厳かな空気に切り替わるような気がいたします。社殿を取り囲む木々から落ちる雪もまた神秘的でありました。

意富比神社

境内には稲荷神社が祀られています。北斗市教育委員会の説明板によれば、もともと南大野にあったものを、明治19年に現在の場所に移転したもののようです。以下、当該説明板の内容です。

大野稲荷神社

意冨比神社境内にある「倉稲魂命(うがのみたまのみこと)」をまつる稲荷神社で、安政年間(1854〜60)に作成された『大野村絵図(北斗市指定文化財)』に、西鍛冶在所(現南大野)に稲荷と山神を祭る社祠がみられ、「境内880坪」と記載されている。
意富比神社の記録によると、明治19年(1886)、境内に稲荷神社を合祀したとあり、西鍛冶在所から移転したものである。昭和2年(1927)、冨谷千代さんが書いた綴り方「稲荷祭の日」に余興の様子が詳細に描写されている。
また、昭和18年ごろ、社殿前で写した一枚の集合写真が保存されており、神社関係者や村の主立った27人の面々が並んでいる。このことからも当時祭礼がかなり盛大だったことがうかがえる。

平成25年3月 北斗市教育委員会