谷目基さんの手回しオルガン@五稜郭タワー

谷目基さんの手回しオルガン

谷目基さんの手回しオルガン

先日、五稜郭タワー内の旬花にて、函教大の史学研究室同窓会が開催(毎年1月5日開催と決まっていて、60年近く(又は超)続いている伝統ある会合なのです。)され、小生も出席させていただきました。

せっかくの五稜郭タワーということで、前から気になっていた手回しオルガンを眺めて参りまして、手づくりの温かみと職人の技の巧みさとを実感いたしました。

この手回しオルガンは、五稜郭タワーグランドオープン1周年記念に作製されたもので、函館山の麓にて工房を開かれている手回しオルガン職人(日本でも数少ない職人さんです。)谷目基さんの作品です。製作には8ヶ月も費やされたそうです。

残念ながら、この日オルガンの音色や動く人形を観ることはできませんでしたが、次回は演奏を聴いてみたい、そのように思った次第です。

(演奏スケジュールを見ますと、毎週土日・祝日の11:00、13:00、15:00にそれぞれ15分程度演奏されるそうです。)

■参考
PANORAMA JOURNEY 360°パノラマで旅するサイト>パイプオルガン作家・谷目基