小川洋子著『博士の愛した数式』

小川洋子著『博士の愛した数式』

80分しか記憶を保持できない数学者、過去に影をもつ家政婦とその息子との関係を描いた小説。軽快な展開の一方で、なんとなく影を感ずるのが良かった。

博士の愛した数式 (新潮文庫)