迎賓館(旧伊達家住宅)@伊達市

迎賓館(伊達家住宅)

迎賓館(伊達家住宅)

迎賓館(伊達家住宅)

迎賓館(伊達家住宅)

迎賓館(伊達家住宅)

迎賓館(伊達家住宅)

伊達市の道の駅「だて歴史の杜」に隣接するびっくりドンキーの裏手に伊達家の居所として利用されていた迎賓館が残されており無料で建物内を見学することができます。先日はボランティアガイドの方がおられたため建物の構造や亘理伊達氏のことなど詳しく聞くことができました。

迎賓館

明治維新に際し、仙台一門亘理伊達邦成主従が、新天地に亘理城再興の夢を託し、明治3年にこの地に開拓の初鍬をおろしました。この迎賓館は、仙台の伊達邸を建てた大工(田中長吉)を棟梁とし、明治25年に開拓者の総力によって建てられたもので、洋風(公の場)と和風(私の場)を配した数寄屋風の書院造りとなっております。当時、開拓状況視察のため来道した政府高官や開拓使などの接待の為に利用され、昭和10年から昭和30年頃までは伊達家の居所として利用されていましたが、昭和30年に敷地と共に伊達市に寄付を受けたものです。

伊達市文化財指定 平成4年9月28日

伊達市教育委員会