池波正太郎(1984)『男の作法』新潮文庫

この本の魅力は、目次をご覧いただければわかるはず。

食べ物にまつわる話が印象的。日々少しずつ我慢して、月に一度は本物の美味い物を食うべし。食べるという経験に投資せよ、ということと理解。

最近ネット上で飲み屋でポテトフライを頼むのがけしからん、というのを見かけたような気がするが、池波正太郎氏曰く、

冷たいビールには、熱い唐揚げのじゃがいもがいい
何にだってビールは合うんだけど、やっぱりじゃがいもなんかが合うんだね。夏はポテトフライなんかいいんですよ。(p.178)

見栄を張らずに素直に真っ直ぐ生きるのが、池波流男の作法であると感じた次第です。

目次

  • はじめに
  • 文庫版の再刊について
  • 鮨屋へ行ったときはシャリだなんて言わないで普通に「ゴハン」と言えばいいんですよ。
  • そばを食べるときに、食べにくかったら、まず真ん中から取っていけばいい。そうすればうまくどんどん取れるんだよ。
  • てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでも会ったように揚げるそばからかぶりつくようにして食べなきゃ。
  • たまにはうんといい肉でぜいたくなことをやってみないと、本当のすきやきのおいしさとか、肉のうま味というのが味わえない。
  • おこうこぐらいで酒飲んでね、焼き上がりをゆっくりと待つのがうまいわけですよ、うなぎが。
  • コップに三分の一くらい注いで、飲んじゃ入れ、飲んじゃ入れして飲むのが、ビールの本当にうまい飲み方なんですよ。

参考

※表紙の絵も著者によるものらしいが、Stevie Ray Vaughanの帽子のようでこれまた格好いいのです。