「難病乗り越え東京五輪狙う 女子走り幅跳び中野瞳」(神戸新聞NEXT)

10年前、兵庫県立長田高校(神戸市長田区)で陸上女子走り幅跳びの日本高校記録(6メートル44)を出した中野瞳(26)=茨城県在住=が、難病と向き合いながら東京五輪を目指している。快挙を達成した後、下痢や腹痛が続く潰瘍性大腸炎を患い、長く低迷。近年、全日本実業団対抗選手権を制するなど復調の兆しを見せているが、高校時代の記録を塗り替えられていない。それでも自らスポンサーを募り、現役にこだわる。

東京オリンピック出場を祈念。相当辛い思いをされたかと存じますが、記事からはとても前向きな姿が感じられ、勇気付けられます。