西岡壱誠(2018)『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく東大読書』東洋経済新報社

タイトル、帯、著者情報から、本の内容を推測して付箋にメモしておく。目次から仮説を立てる。読みながら仮説と随時補正する。質問、追求しながら読む。要約する。

本を読む人なら(深さは別として)おそらく自然とやっているであろうことを、順序立てて明らかにしてくれます。
面倒でも、付箋などにメモしながら読む、という点が大事かと。線を引くことはあっても、メモを取るのってなかなか手間で…。

著者おすすめ本

本書内(ページの下の方)で紹介されていた本。いつか読みたい。