潰瘍性大腸炎関係リンク集

潰瘍性大腸炎に関するリンク集です。

炎症性腸疾患に伴う関節炎
潰瘍性大腸炎の10~20%、クローン病の10%に合併する関節炎。移動性に少関節に発症し、大部分は下肢の関節である。末梢関節炎は腸疾患の活動性を反映するが、脊椎炎/仙腸関節炎は反映しない。HLA-B27は脊椎炎/仙腸関節炎の70%に認められる。関節外症状は、クローン病で認められる結節性紅斑、潰瘍性大腸炎では壊疽性膿皮症を認める。両疾患とも有痛性口腔内潰瘍を発症し、急性前部ぶどう膜炎も認める。これらは腸疾患の活動性を反映し、末梢関節炎と同時に発症する傾向がある。 治療は強直性脊椎炎と同様であるが、エタネルセプトだけは腸炎に対しては無効とされ、その作用機序の違いが理由と想定されている。

強直性脊椎炎
(中略)
HLA-B27陽性率は90%であり診断に有用。MRIにて椎体内浮腫、椎体のびらんが認められ、早期診断の一助となる。 治療については関節リウマチに準ずる。NSAID、短期的少量のプレドニゾロン、サラゾスルファピリジン、メトトレキサート、またTNF阻害薬であるインフリキシマブ、アダリムマブは保険適応。エタネルセプトは海外で適応となっている。