その他道外一覧

三浦哲郎文学碑@八戸市

八戸市庁舎横、公会堂の前に立てられている「三浦哲郎文学碑」。三浦哲郎は、短編小説の名手と称される、八戸が生んだ優れた作家。

八戸市による説明板の内容は次のとおり。

三浦哲郎と文学碑について

三浦哲郎は、昭和6年、八戸市三日町で、父壮介、母いとの三男として生まれる。八戸高等学校を卒業し、昭和24年、早稲田大学に入学する。翌年に退学帰郷し、白銀中学校の助教諭となり2年間勤務する。昭和28年、文学を志願し再び早稲田大学の仏文科に進み、在学中に「十五歳の周囲」で第2回新潮同人雑誌賞を受ける。
昭和36年2月、29歳の時、「忍ぶ川」により第44回芥川賞を受け、作家としての地歩を固める。その後、野間文芸賞や日本文学大賞を始めとする数々の文学賞を受賞し、とりわけ川端康成文学賞を二度受賞して、短篇小説の名手と称される。八戸市の名誉市民で、青森県人初の芸術院会員でもある。
本「三浦哲郎文学碑」は、三浦哲郎の二基目の文学碑で、平成9年3月16日、66回目の誕生日に除幕式が行われた。碑文は、随筆「一尾の鮎」の冒頭の文にちなんだもので、小説を書く時の願望や自戒の念が表出されている。
本文学碑の周辺は、母校である八戸国民学校(現八戸小学校)や芥川賞受賞祝賀会の行われた市民会館の跡地である。また、三八城公園は、少年時代に遊び親しんだ思い出深いゆかりの地でもある。
尚、三日町の生家跡には、「三浦哲郎生誕の碑」が建てられている。

 平成20年6月16日
八戸市
三浦哲郎文学顕彰協議

 


より大きな地図で Donan.info を表示


八戸ポータルミュージアム はっち

八戸市の中心市街地にある「八戸ポータルミュージアム はっち」。中心市街地活性化の事例として意外と知名度の高い施設である。

観光客や出張者のみならず、最も利用しているのはおそらく八戸市民だろう。はっちで開催されているいろいろな教室への参加、買い物の際の休憩所として、夏は涼みに、冬は暖をとりに、とにかく常に誰か彼かははっちに人がいる。

なによりも優れているのはそのデザインではないだろうか。「はっち」という施設名も良いが、建物の外観、中のレイアウト、テナント、すべてのデザインが統一されていて良い。デザインのことがまったくわからない私にも、なんだかオシャレに感じられる。

ふつう、役所の関わる施設は、どこか「ダサ」くなるものだが、はっちは違う。こういう「ハコモノ」はあった方が良い。

2013年3月11日。

hacchi 八戸ポータルミュージアム はっち
〒031-0032 青森県八戸市三日町11-1
TEL 0178-22-8228
FAX 0178-22-8808
E-mail hacchi@city.hachinohe.aomori.jp (アットマークは全角にしてあります。)
開館時間 9:00〜21:00
休館日 毎月第2火曜日(祝日の場合その翌日)、12月31日及び1月1日

 


より大きな地図で Donan.info を表示


三日町、六日町、そして、みろく横丁@八戸市

八戸の屋台村みろく横丁。屋台村は全国に数多く作られたが、賑わいのある屋台村なのではないだろうか。震災後に落ち込んだ客数も徐々に回復してきているとの店主の声。

18時前というまだ暗くなる前の時間、しかも平日だったのだが、チラホラと横丁内を歩くおじさん方が見受けられ、仕事帰りの一杯、又は近くに宿をとっている出張客や観光客が気軽に利用しているものと思われる。

みろく横丁、弥勒菩薩かなにかに由来するかと思っていたのだが、三日町と六日町との間の横丁という意味らしい。

それほど八戸の町に詳しいわけではないが、繁華街が一箇所に集積しているのが良いのでは、と感じた。本八戸駅から徒歩圏内に役所等の公共施設、そして繁華街、宿泊施設が集まっている。そして、そのど真ん中にあるのが、みろく横丁。

大変便利だし、安くて美味い。ぜひまた行きたい横丁だ。

 

横丁内の某店。カウンターの小瓶には煎餅の耳が。これはツマミとして食べ放題である。これをかじりながら、焼酎のお湯割りをグッと。最高。

 


青森の土産と言ったら「くじらもち」。主に自分への土産・・・。

青森と言ったら「くじらもち」である。青森に住んでいた子供の頃からご馳走(豪華なおやつ)だった。「くじら」を「久慈良」と書く、ということは大人になってから知ったのだが、その詳しい意味や由来は不明らしい。

こんにゃく、はたまた、ゲゲゲに登場するヌリカベのような見た目ながら、その味は甘すぎず、クルミの風味が効いていて大変美味。いくらでも食べたくなる。

子供の頃は、クルミの高カロリーを気にしてか、親から少量ずつしか与えられなかった。そのストレスを発散させるかのように、今でも一本丸ごと頬張る。

昔は「食べ過ぎると鼻血が出る」と叱られたが、今では「腹が出る」(正確には既に出ている・・・)と叱られそう。

 


南部氏の城、八戸城

 八戸市役所庁舎及び公会堂の裏手、三八城公園がかつての八戸城だったそうだ。本丸があった場所が三八城公園、城内の建物を壊し、その跡に建てられたのが三八城神社とのこと。

公園内に入ると気付くが、確かに城を築くにはもってこいの場所である。現在でも、この公園からぐるりと八戸市内を見渡すことができる。

南部氏、南部藩と言えば北海道や道南と非常に縁の深い一族。そのルーツがここにあるかと想像すると、とてもおもしろい場所である。

八戸市教育委員会の説明板の内容は次のとおり。 

 

八戸城

八戸城は、馬渕・新井田両川の形成した沖積平野に突き出た洪積台地の先端部を利用して築城されている。

建武元年(1334)陸奥国司北畠顕家の国代南部師行が糠部郡八戸に根城を築いたが、その後間もないころに、その孫信助が築いた中館がこれであろうという。この一族は根城・中館および新田館に居住し、八戸地方を鎮めてきた。

戦国時代の末に、三戸の南部信直が豊臣秀吉から朱印を受け、南部内七郡を支配するようになった。その子利直は、寛永4年(1627)に根城南部氏を遠野に移して、八戸を直支配とし、みずから縄張りをして当域および城下町の作事・普請をしたと伝える。城下の西側には根城町の商家を移して三日町・十三日町・二十三日町を、また東側には新田町の商家を移して八日町・十八日町・二十八日町をつくり、現在の市街のもとを作ったという。

しかし、当城および城下町の本格的な整備は、盛岡城に移った重直が、寛文4年(1664)世継ぎを定めないまま没したため、幕府が新たに弟重信に盛岡八万石を、同じく弟南部直房に八戸二万石をあたえたことにより、八戸藩が誕生した後のことである。

その領地は三戸郡・九戸郡・志和郡のうち83ヶ村であり、この図は弘化4年(1847)ころのものである。

   八戸城絵図(南部家旧蔵)

昭和54年5月1日        八戸市教育委員会

 


より大きな地図で Donan.info を表示

 


日本で最初のマラソン、侍マラソンこと「安政遠足(とおあし)」

安中榛名駅。新幹線を降りて改札を抜けてすぐ左手に、大きく「安政遠足の由来」と書かれたパネルがある。「えんそく」ではなく「とおあし」である。

まったく存じ上げなかったが、「安政遠足」は安政2年に始まったもので、「日本最初のマラソン」と言われているらしい。

心身を鍛えるため「50歳以下の家臣」が対象とのことだが、50歳で高低差激しいコース約29キロを走るのは相当ハードだったはず。侍稼業も楽ではなかったということか・・・。

 

以下、パネルの内容。

安政遠足の由来

安中藩主板倉勝明は、藩士の心身を鍛えるため、安政2年(1855年)「遠足」を実施しました。50歳以下の家臣は、明け六つ(午前6時頃)の太鼓を合図に安中城を出発し、中山道を碓氷峠の熊野権現まで七里余り(約29キロメートル)を走りました。これを「安政遠足」といい、日本で最初のマラソンといわれています。

 

 


長野新幹線開業により成長を続ける佐久平

新幹線開業駅周辺で最も成功している地域として注目されているのが長野県佐久市である。駅周辺にはイオン、ベイシア等の大型商業施設が立地しており、買い物に係る人の動きが大きく変化したとのこと。

以下の写真は佐久平駅に併設された佐久市の施設「プラザ佐久」内部。中央部にはカラクリ時計。小海線という在来線駅でもあるため、地元客の利用も多い様子。

平日の午前中という、最も利用者の少ないであろう時間帯にも関わらず、佐久平駅内及びプラザ佐久内には結構な人の出入りがあった。

 

2013年2月15日訪問。奥に写るウルトラマンの設置理由は未確認。