七飯町一覧

駒ヶ岳神社

大沼湖畔に位置する駒ヶ岳神社。社の隣には噴火で出来たと言われる大岩。

2012年6月2日訪問。

駒ヶ岳神社

深い森の中に佇む。

駒ヶ岳神社 

駒ヶ岳神社

社のすぐ隣には大きな岩。

 

駒ヶ岳神社の由来

秀峰駒ヶ岳は、寛永17年6月の大噴火以来、度々の噴火により周辺地域に大きな被害を与えました。大正3年、大沼保勝会、その他の有志により、山の神奉納奉仕会を組織し、噴火口の断崖に石室を造り、鉄の扉をつけ総山の鎮守として大山祇神を祀り、石室には御神体偶像を安置せず、奉幣及び剣、勾玉、鏡を納め、同年9月11日大沼村民多数により奉安祭典が行われたのが、駒ヶ岳神社の始まりとされ、その時同時に戦勝の祈念もあり「雲外の神山に皇軍の大勝を祈る」とあります。その後昭和4年6月の大噴火により山容が大きく変わり、当時富士山のコニーデ形をしていたものが、その大部分が欠け、一部は剣ヶ峰(海抜1,131m)として残り、鋭く天をつく特異な山容を作り、その下に馬の背、向かいに砂原岳が形成され現在の形となっております。

その後大沼周辺も大きく変わり、湖畔一周道路の整備などにより周遊の観光客も著しく増加したことにより、昭和48年、当時の観光協会の有志により現在地に移されました。以来、登山の出発点にも当たるこの神社で、春の開山祭、秋の閉山祭を行い、駒ヶ岳の平穏無事、登山者及び観光客の安全、並びに地域の発展、世界の平和を祈願しております。

隣の大岩は全国的にも珍しい溶岩噴出によって落下した石及び火山灰のガラス状が溶け合って出来た溶結凝灰石で寛永17年の大爆発によって出来たものと言われております。この大岩周辺も大沼公園の有志の手により整備され、中央部の洞窟内にも出入りが出来るようになりました。通り抜けたところには、ザリ蟹の生息に適した湧水があり、古来から長寿の霊水として珍重され、登山者の渇きを癒していたものであります。又、この洞窟を通り抜ける事により難関突破の意味あいから、登山の安全を願う人、安産を願う人、家内安全を願う人の祈願の対象としても利用されております。

駒ヶ岳噴火の歴史

寛永17年(1640年)大噴火 くずれた山頂が噴火湾になだれ込んで、津波発生。約700人死亡。松前迄降灰。

元禄7年(1694年)大噴火

明和2年(1765年)小噴火

天明4年(1784年)小噴火

安政3年(1856年)大噴火 山頂に安政火口(直径200m)が出来る。降石で2名、高温の流石により20名死亡。

明治21年(1888年)小噴火

明治38年(1905年)小噴火 雨による泥流が畑を襲う。

大正8年(1919年)小噴火

昭和4年(1929年)大噴火 駒ヶ岳周辺の村落に大きな被害。2名死亡。

昭和12年(1937年)小噴火

昭和17年(1942年)中噴火

平成8年(1996年)小噴火 3月5日午後5時頃水蒸気爆発。東大沼一帯に降灰。

製作日 平成4年8月吉日

製作協力者 掘 義蔵 その他有志一同

七飯町商工観光課

大沼観光協会

 

地図:GoogleMap



三嶋神社(七飯町)

永正元(1504)年に七重鳴川地内に勧請されたとされる由緒ある神社。永正年間は室町幕府の時代に当たる。

現在の場所に移転改築されたのは昭和14年のことらしい。

 

三嶋神社

2008年1月13日撮影。

 

三嶋神社

2008年1月13日撮影。

 

 

○参考


国道5号線沿いの松並木

日本の道百選に選ばれた国道5号線沿いの松並木。

明治9年の明治天皇巡幸を記念し植樹されたことに始まる。

 

松並木

2007年3月3日撮影。七飯町松並木を守る会設置の説明板の内容は以下のとおり。

 

松並木の歴史

明治9年、明治天皇巡幸を記念して同年から翌年にかけ、開拓使が植樹したものである。

<現況>アカマツが主体で(1部クロマツ)最近補植したものを含め、約1480本が残っている。

保護地区指定、昭和47年3月31日

七飯町松並木環境緑地に指定さる。

 

七飯町松並木を守る会

 

道百選の碑

2007年3月3日撮影。日本の道百選の碑。

 

松並木

2007年3月3日撮影。

北海道指定の環境緑地保護地区説明板の内容は以下のとおり。

 

松並木環境緑地保護地区

この松並木は、七飯町峠下から函館市桔梗までの国道5号線沿い約17kmにわたる、全国的にも貴重なアカマツ並木です。

樹令120年余、高さ20mの見事な緑のトンネルは、アカマツのほかクロマツ、スギ、ケヤキ、イチョウなど約1,400本の樹々から成り、地域住民の日常生活に潤いを与え、訪れる旅行者に本道開拓の歴史を物語っています。

昭和47年3月25日指定

北海道

 


城岱牧場

七飯町の城岱牧場。大沼公園で大沼団子を買い、帰り道に城岱牧場により景色を楽しむ。七飯の魅力のひとつ。

 

城岱牧場

2004年10月13日撮影。城岱牧場から望む函館山及び大野平野。

 

城岱牧場

2004年10月13日撮影。大野平野。

 

城岱牧場

2004年10月13日撮影。放牧される牛。

 

 

七飯町設置の説明板の内容は次のとおり。

 

城岱牧場(しろたいぼくじょう)

Shirotai Ranch

この牧場はJR七飯駅より北東へ約10km、JR大沼公園駅より南東へ約12kmに位置し、大正9年に村有牧野・野草放牧地として始まったもので、現在は160haを草地造成し町営牧場として利用している。

5月〜10月は最低気温5度、最高気温22度、真夏でも涼しく快適な環境である。初雪が10月下旬、融雪が4月下旬〜5月上旬で、6月〜7月は海からの北東の風により濃霧が多発することがある。

北に駒ヶ岳、南に函館山、南西眼下には大野平野を一望できる風光明媚な牧場で、憩いの場としてすばらしい自然の景観や宝石をちりばめたような夜景を楽しむことができる。

 

●生息する動植物

・エゾシカ ・ヒグマ ・キタキツネ ・エゾタヌキ ・エゾユキウサギ ・エゾリス

・エゾエンゴサク ・ニリンソウ ・オオアマドコロ ・ヒトリシズカ ・ハクサンチドリ ・オオウバユリ ・オオバナノエンレイソウ

 

This ranch is located 10 km northeast of the Nanae JR Station and 12 km southeast of the Onuma Koen (Park) JR Station. It dates back to the Taisho year 9 when the town first invited farmers to use the land as a cow pasture. Still owned by the town, the land has been developed into a successful and widely used pasture covering 160 hectares.

From May through October, the temperature stays between 5 ℃ and 22 ℃ and even at the height of summer, the air remains cool and comfortable. the first snow arrives towards the end of October and remains through April or May. During June and July, it is possible to see the fog lifting from the sea to the northeast.

The Shirotai Ranch is an ideal place for people to relax and enjoy the scenic views of Mt. Komagatake to the north, Mt. Hakodate to the south and the Ono Town plain to the southeast. At night the view is especially beautiful when the city lights appear like jewelry floating in the night sky.

 

●Animals and plants in the area

・Sika Deer ・Bears ・Red Fox ・Yezo Raccoon Dog ・Yezo Arctic Hare ・Red Squirrel

・Yezoengosaku ・Nirinso ・Oamadokoro ・Hitorishizuka ・Orchis ・Cardiocrinum ・Obanano-enreiso

 

七飯町


大沼と駒ヶ岳

駒ヶ岳の山頂はもともと尖っていたが、1640年の大噴火にて吹き飛び現在の形になった。

そのときの溶岩が川をせき止め、大沼が誕生したとのこと。

ドライブに最適な大沼。団子を買って、湖畔で休憩するのがおすすめ。

 

駒ヶ岳

2008年10月25日撮影。

 

大沼湖畔

2008年10月25日撮影。道路を挟んだ向かい側に駐車場があり、少し歩くだけで、大沼と駒ヶ岳を眺めることができる、おすすめスポット。