函館市一覧

亀田八幡宮例大祭

15年ぶりの亀田八幡宮例大祭。まだ明るいうちから。函館に来て、最も祭らしい祭だと感じています(函館八幡宮のお祭りは行ったことがないのですが。)。

亀田八幡宮、旧社殿は函館最古の建物だったはず。人が多く写真は撮らず。

亀田八幡宮例大祭

亀田八幡宮例大祭


洋式帆船「箱館丸」

洋式帆船「箱館丸」

洋式帆船「箱館丸」

洋式帆船「箱館丸」

洋式帆船「箱館丸」

洋式帆船「箱館丸」

洋式帆船「箱館丸」

洋式帆船「箱館丸」

  • 2018年6月30日撮影。

説明板

洋式帆船「箱館丸」

日本最初の洋式帆船「箱館丸」
幕府は、安政元年3月、日米和親条約を締結、下田箱館の2港が開港されることとなった。
箱館奉行所では、幕府に対し蝦夷地の警備および、開港に伴う外国船舶との交渉上、奉行所所属の船舶が必要となり、箱館で造ることを申請し許可されたため船大工續豊治に造船の命令をくだし、安政4年11月完成、船名を「箱館丸」とした。
日本造船界に偉大なる貢献をもたらしたこの「箱館丸」は、日本人の創造設計による日本で最初に造られた洋式帆船であり箱館(函館)の人により箱館(函館)で造られたことに意義深いものがある。
續一郎・弘前市立弘前図書館・市立函館図書館資料提供

寄贈者

洋式帆船「箱館丸」

寄贈者
三笠市 続 博(設計建造者 続 豊治 六代目)
函館市 加藤 曻(函館市功労者)
この箱館丸は青函トンネル開通記念博覧会(昭和63年7月9日〜9月18日)に復元展示されたものを上記の方のご厚意により市に寄贈されたものです。
昭和63年11月19日

日本最初の洋式帆船か

Wikipediaを見ると、江戸幕府建造の「鳳凰丸」の竣工が1854年6月6日であり、箱館丸に3年ほど先行していたものと思われる。

「箱館丸」は日本初の洋式船と説明されることがあるが、君沢形や「鳳凰丸」のほうが先行しており、事実ではない。

「箱館丸」の設計は、ロシア人の指導に基づく君沢形とは異なり、外国人の直接の協力を得ないで行われた。続豊治による外国船調査のデータのほか、箱館の商人である渋田利右衛門所蔵の洋書も参考にされたという。なお、日本人による洋式船の独自設計という点でも初めてではなく、「鳳凰丸」などの先行例がある。

上記については、平山次清氏の論文中でも、以下のように述べられている。

伊豆の戸田にて建造された戸田号(君沢型)は、「ロシア人の設計・建造指導によるは国産洋式帆船」の濫觴、浦賀で建造された鳳凰丸は「純国産の洋式帆船軍艦の濫觴」、といった評価になると思われる。

場所

その他



高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」を見てきました

釈迦涅槃図

夷酋列像で知られる波響の釈迦涅槃図。今年は、本日まで一般公開されており、見ることができました。年に一度、4/1〜4/15に公開されますので、関心のある方は来年の日程にご留意ください。

実物を見るのと、写真を見るのとでは受ける印象が全く異なるものです。


遺愛のクロッカスが満開でした(2018年)

遺愛のクロッカス

毎年楽しみにしている遺愛学院のクロッカス。今年も満開、綺麗に咲いてました。

しとしとと 雨しとしとと 春の雨(日野草城)

夕方から雨降りです。Wikipediaによれば、クロッカスは「開花した花に水がかかると溶けるように縮んで萎れてしまう」とあります。この雨で、かなり萎れてしまいそうです。


高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」 今年は4月1日から4月15日まで一般公開です

年に一度一般公開される高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」 。今年は、4月1日から4月15日まで一般公開されています。午前9時から午後4時まで、無料で拝観可能です。

Facebookページで表示されているチラシデータでは、4/15(土)となってますが、15日(日曜日)の誤りでしょうか?

Shaka nehan zu by Kakizaki Hakyo (Koryuji Hakodate).jpg
By Kakizaki Hakyōhttp://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=112634, パブリック・ドメイン, Link


函館ハリストス正教会 復活聖堂を耐震化(毎日新聞)

北海道函館市の観光名所で国の重要文化財「函館ハリストス正教会」の復活聖堂が、2020年ごろにも本格的な耐震工事を実施することになった。1916年に現聖堂が建造されてから100年以上経過し、地震などで今後、被災する恐れもあるためで、今年度耐震診断を開始した。

毎日新聞 「重要文化財 函館ハリストス正教会 復活聖堂を耐震化」(2017-11-21(Tue) 22:49:43 アクセス)

函館の教会の中で最も有名なハリストス正教会。ガンガン寺。しっかりと耐震補強され、末永くその姿を残して欲しいものです。


やきだんご銀月 函館市湯川町

銀月

串団子では最も好きなもののひとつ。湯川町にある銀月。北斗市市内でも、コープさっぽろほくと店(北斗市久根別)、イオン上磯店にて購入できます。

コープさっぽろほくと店では、たしか木曜と日曜の販売だったはず。デリカコーナー手前、パンのコーナー付近にワゴンが現れます。

醤油、あんこ、いずれもおすすめ。


北海道函館市の国指定特別史跡・五稜郭跡で…(毎日新聞)

北海道函館市の国指定特別史跡・五稜郭跡で、1864(元治元)年に箱館奉行所の米蔵として建築された「兵糧庫」が31日まで特別公開されており、大勢の観光客が歴史ロマンを堪能している。https://mainichi.jp/articles/20170815/ddm/041/040/110000c

8月31日までに何とか行きたいものです。


函館検疫所台町措置場(旧函館消毒所)跡

函館検疫所台町措置場(旧函館消毒所)跡

この建物、「ティーショップ夕日」というオシャレで眺望の素晴らしい(まだ行ったことないので正確には「素晴らしいであろう」。)カフェとして活用されています。

函館検疫所台町措置場(旧函館消毒所)跡

明治18年(1885年)、内務省は防疫体制の強化を図るため、当時の主要6港(函館、横浜、神戸、下関、長崎、新潟)に日本で最初の常設消毒所を建設しました。函館では現在地に施設が建てられ、唯一残ったこの建物は事務所として使用されたものです。

明治29年(1896年)3月、函館検疫所と改称され業務をおこなってきましたが、特に昭和20年(1945年)には、敗戦により樺太方面などからの引揚者の検疫にあたり、医療や援護にと活躍しました。

昭和43年(1968年)、検疫所は市内海岸町に落成した港湾合同庁舎内に移転し、平成4年にこの施設も廃止されました。

施設の中で唯一残ったこの事務所は、全国的にも数少ない初期港湾施設の遺構として、平成元年に市の景観形成指定建築物となっています。

函館市

THE HAKODATE QUARANTINE OFFICE IN DAI-MACHI (FORMER HAKODATE DISINFECTIONS OFFICE)

In order to strengthen the epidemic preventative measures, in 1885, the Interior Ministry established disinfections facilities in the following major trading ports: Hakodate, Niigata, Yokohama, Kobe, Shimonoseki and Nagasaki. This is where the facility was built in Hakodate. The only remaining building on the site was used as its main office.

It was renamed as the Hakodate Quarantine Office in March of 1896. Especially during the period following the end of the Second World War in 1945, it played an important role in the medical treatment and support of repatriates to Japan from Sakhalin.

The Hakodate Quarantine Office was annexed to the Joint Government Port Building in Kaigan-cho in 1968, and the facility here was demised altogether in 1992.

The building was designnated as a historical building by the City of Hakodate in 1989 and represents as one of the few remnants of early port facility architecture in Japan.

CITY OF HAKODATE


スポンサーリンク