函館市一覧

天下の号外屋翁の墓

天下の号外屋翁の墓

赤墓で有名な信濃助治の墓。相当変わった方だったようです。詳細は、以下の函館市の説明板の内容をご参照ください。

信濃助治は、明治27(1894)年6月、衣類・コート・帽子・足袋のはてまで赤ずくめで来函した。

同年11月、日清戦争の頃、彼は北海新聞の号外を函館市民にまいて”天下の号外屋”と称して売り出し、「赤服」と呼ばれていた。

「赤心」(いつわりの無い心)は日本武道の精髄を表すとして、すべて赤色を用いたとのことである。

日清戦争終結後は、戦勝記念に名将軍を全国に訪ねて書を頼むなど、奇行の多い人だったので、当時の地元の新聞にも奇人として紹介されている。

函館市

THE GRAVE OF AN EXTRA EDITION NEWSPAPER DISTRIBUTOR

In June 1894 (Meiji 27) Shinano Sukeji came to Hakodate. He dressed in red from hat to “tabi” socks.

One day in November of the same year, during the Sino-Japanese War (1894-5) Sukeji distributed Hokkai Newspaper’s extra edition news to the citizen on the street and thus made a name for himself as “An extra edition newspaper distributor”. Eventually, he was called “Akafuku”, or “Mr.Red Clothes”.

The reason he dressed in red was because in Bushido, the spirit of samurai, the Chinese character “Sekishin”, or “red heart” represented “sincerity”.

After the Sino-Japanese War, old Sukeji made great effort to visit well-known generals and admirals in every corner of the country to ask for their writings and signatures in celebration of this victory.

He became well known for his eccentric habits, and the local newspaper introduced him as a man of unusual character.

CITY OF HAKODATE



函館の基礎を築いた堀川乗経、日本地震学創始者ジョン・ミルンとその妻トネ

堀川乗経、ジョン・ミルン、トネ夫妻

堀川乗経、ジョン・ミルン、トネ夫妻

函館発展の礎を築いた堀川乗経。日本地震学創始者ジョン・ミルン。ジョン・ミルンの妻で堀川乗経の長女トネ。並んで船見町(函館市船見町26番地)の墓地に眠っています。

ジョン・ミルン、明治11年の函館での発掘は、モース、ブラキストンと一緒に貝塚発掘をしたそうで、トネとの出会いもブラキストンの紹介らしいです。

函館市観光標識

堀川乗経

堀川乗経は、陸奥国(青森県)下北郡川内村の浄土真宗本願寺派願乗寺住職の次男で、初め法恵と称し、天保12年(1841年)に蝦夷地(北海道)に来て、その事情を見て歩きました。
蝦夷地に同派の寺がないことを知った法恵は、安政2年(1855年)本山の許可を得た後、同4年(1857年)に小樽に願乗寺出張所を、また箱館の地蔵町(現東川町)に願乗寺休泊所を創設しました。
これが現在の浄土真宗本願寺派函館別院です。
法恵は、安政6年(1859年)北陸地方の農民を清水郷(現上磯町)に入植開墾させました。また同年、水利の便が悪い箱館市中に掘割を開削して亀田川の水を引き、飲料水として給水しました。この掘割は全長2900m、橋を8箇所設け、工事費7300余両を費やした大事業で、願乗寺川あるいは堀川と呼ばれ、市街地が東部へ発展する要因となりました。なお、明治22年(1889年)上水道が完成したとき、掘割は埋め立てられました。

Jokyo Horikawa

Jokyo Horikawa, previously named Houkei, was the second son of a chief priest of Ganjoji Temple. Ganjoji Temple was a branch of Honganji Temple of the Jodo-shin sect at Kawauchimura in Mutsu (now Aomori Prefecture).
Houkei came to Ezo (now Hokkaido) in 1841 for the first time to study the religious situation in the district. Upon finding out that there weren’t any temples of the Honganji sub-sect in Ezo, he built a branch in Otaru after being given permission in 1857. He also built a place for people to rest and sleep at Jizou-cho (now Higashikawa-cho) in Hakodate. This place is now called Hakodate Betsuin (branch) of Honganji Temple of the Jodo-shin sect.
In 1859 Houkei let farmers in Hokuriku District settle in Shimizu-gou (now Kamiiso-cho) to cultivate new land. In the same year, he let them dig a canal, supplying drinking water from the Kameda River, and supplemented the insufficient water supply in Hakodate. The canal, called the Ganjoji River or the Horikawa River, was 2,900 meters long and was crossed with 8 bridges. It was a large-scale construction project, costing over 7,300 ryo, which resulted in the urban area expanding eastwards. When a new water supply system was completed in 1889, the canal was filled in.

ジョン・ミルン、トネ夫妻

イギリス人ジョン・ミルンは、工部省の招きで明治9年(1876年)に来日し、工部大学校や東京帝国大学で鉱山学、地質学を教えました。また、日本の地震に興味をもち、地震計を考案して日本全国を観測し、明治13年(1880年)日本地震学会を創設するなど、わが国の地震学の創設者の一人であり、近代地震学のもとを築きました。
ミルンは、明治10年(1877年)に地質調査のために来函し、翌年も先住民族の貝塚などを調査するため函館を訪れています。明治14年(1881年)東京で堀川乗経の長女トネを知って結婚し、明治28年(1895年)トネを伴ってイギリスに帰国しました。大正2年(1913年)ミルンの死去後、トネは病身となり大正8年(1919年)函館に帰り、大正14年(1925年)世を去りました。
この墓地には、堀川乗経とジョン・ミルン、トネ夫妻の墓があります。

 John and Tone Milne

In 1876 an English man named John Milne was invited to Japan by the Engineering Ministry to teach mining engineering and geology at Kobu University and Tokyo Teikoku University, Becoming interested in the study of earthquakes in Japan, he invented a seismometer and made seismological observations all over Japan. He is now known as one of the fornders of seismology in Japan, and helped establish the Seismological Society of Japan in 1880.
In 1877 he came to Hakodate to conduct geological research. The following year he returned to Hakodate to survey the shell mounds of an ancient indigenous settlement. In 1881 he married Tone, the eldest daughter of Jokyo Horikawa, in Tokyo and in 1895 he returned to England with her.
After his death in 1913, Tone’s health deteriorated and she returned to Hakodate, where she lived until she passed away in 1919.
The tombstones for Mr. and Mrs. Milne and Jokyo Horikawa are here in this graveyard.

参考

地図


日本最古の観覧車@函館公園「こどものくに」

函館公園「こどものくに」の観覧車は、現役で稼働している日本最古の観覧車として有名です。一度だけ学生時代に乗ったことがあるのですが、「最古」という言葉が醸し出すものに若干の恐怖感を覚えたことが思い出されます。先日久々に見ましたが、以前よりもきれいになっており、いつかもう一度機会があれば乗ってみたい、そんな気がした次第です。

その他の遊具も歴史あるものばかりで、飛行塔も私が生まれるずっと前から現役だとか。また、平成18年には公園全体が文化財に登録され、日本で唯一の文化財登録された遊園地になっているとのことです。

日本最古の観覧車

日本最古の観覧車

日本最古の観覧車

函館公園「こどものくに」に設置してある観覧車が、日本国内で稼働する現役の観覧車としては最古であると言われています。
この観覧車は1950年(昭和25年)に七飯村(当時)の大沼湖畔東大島に設置され、当時は「空中観覧車」と呼ばれ、1965年(昭和40年)に現在地に移設されました。

【観覧車諸元】
直径:10m
高さ:12m
ベンチ形状:長いす式
ベンチ台数:2人乗りベンチ8台
製造業者:不明
(アメリカ製の移動式観覧車に同タイプのものがある)

函館公園「こどものくに」
1954年(昭和29)7月に北洋漁業再開を記念し、同公園と五稜郭公園で開かれた北洋博覧会で使用された遊具を活用して1956年(昭和31)5月に現在地で開園しました。園内のメリーゴーランドや飛行塔は当時から稼働しています。

【函館公園】
1879年(明治12)11月3日に開園した歴史ある公園で、園内には、遊園地「こどものくに」、シカ、熊などがいる動物園、道指定文化財「市立函館博物館」等もあり、5月には桜の名所にもなっています。
2006年(平成18年)には公園全体が遊戯機械を含み、国指定文化財、登録記念物として登録されました。遊園地で文化財はここだけです。

「こどものくに」にある乗り物は、毎日の点検と、月一回の定期整備、繁忙期前のチェック、国指定検査を年一回必ずパスして、今も現役で活躍しています。
何度も足を運びたくなる、レトロな遊園地。観覧車はもちろん大人も乗車できます。


羽根付たい焼き 経堂 小倉庵

羽根付たい焼き 経堂 小倉庵

たこ焼きとたい焼きを購入。たい焼きは、小倉餡とカスタードクリームを選択。焼き立て熱々、羽根と皮はパリパリ。大満足です。

2017年5月28日訪問。

場所:函館市桔梗1丁目6-20
tel :0138-46-6600
定休日:毎週火曜日、第1・第3月曜日(祝祭日の場合変更有り)
営業時間: 11:00〜18:30 ※なくなり次第終了。


読売新聞編集手帳に函館大火

今日の読売新聞、編集手帳にて函館大火が取り上げられてました。

寺田寅彦が「函館の大火について」と題した随筆で、火事全般を論じている。地震や雷のような自然現象ではなく、おやじのように自由意志を持つ存在でもない。99%は人の不注意で起こる…。<それだから火事は不可抗力でもなんでもないという説は必ずしも穏当ではない>◆なぜなら人間が<過失の動物>であるのは動かし難い事実だから―深い洞察をにじませつつ、もう一ひねりを論考に加える。この過失は軽減し得ると◆昨年末に新潟県糸魚川市であった大火の記憶も生々しい中で、火事のニュースが相次ぐ。”過失軽減”への努力が正しく続いているか、点検する頃合いかもしれない。3月の最初の7日間は全国火災予防運動の期間でもある◆強い風が吹くせいか春先は火事が起きやすい。近年の統計から月別の出火件数の平均値をはじくと、3月が最多と出る◆随筆の題にある函館の大火も1934年(昭和9年)の3月21日に起きた。1万棟以上が焼け、2000人余が犠牲になったという。<烈風が吹きつのり>と文中にある。春の風は火の粉も飛ばす。花粉症のシーズンは火の用心の季節である。
(2017.3.5 読売新聞 編集手帳)

寺田寅彦の「函館の大火について」は、青空文庫で読むことができます。
今ではそんなイメージはないものの、函館はたびたび大火に見舞われた火災のまちです。

青空文庫>寺田寅彦「函館の大火について」



ADEAC(アデアック)

ADEAC(アデアック)というデジタルアーカイブシステムがあって、かなりの史料が公開されていることを知りました。

ADEAC : https://trc-adeac.trc.co.jp/ (2017/01/01 アクセス)

特に、「函館市 函館市地域史料アーカイブ」のページでは、『函館市史』のほか、『恵山町史』『戸井町史』『椴法華村史』『南茅部町史』が公開されていました。


『ペリー提督日本遠征記』

ペリー提督の『日本遠征記』、”Narrative of the expedition of an American squadron to the China seas and Japan”としてインターネット・アーカイブ(www.archive.org)で閲覧可能となっていました。

  • volume 1 (2016/12/31 アクセス)
  • volume 2 (2016/12/31 アクセス)
  • volume 3 (2016/12/31 アクセス)
  • volume 4 (2016/12/31 アクセス)

ペリー日本遠征記

上記「volume 1」に掲載されている七重浜近辺と思しき絵。補給用なのか、漁をする様子が描かれています。

ペリー日本遠征記

上記「volume 4」に掲載されている函館湾の図。有川、矢不来、茂辺地の記載があります。

日本語で出版されているものであれば、以下のものが良さそうです(未読ですが。)。


『延叙歴検真図』と『北海道歴検図』

幕府の役人、目賀田守蔭がまとめた『延叙歴検真図』という鳥瞰図。全道、樺太までの調査結果が鳥瞰図として掲載されており、北斗市も有川村、矢不来、茂辺地村、當別村、三石村の記載があります。

明治4年に開拓使からの要請を受けて、『延叙歴検真図』を清書して提出したのが『北海道歴検図』らしいです。

※2016/12/25 アクセス。