函館市一覧







ラーニキッチン

03IMG_1320

ラーニキッチン

お店の場所などはググれば出てくるので触れませんが、最高に美味いナンとカレーが函館でも味わえるようになったという大きな感激に包まれております。豊平峡まで行かなくとも、また、シディークまで行かなくとも良い、そういう安心感を強く感じました。

ナンが美味いのは言うまでもないのですが、米も美味いのです。日本人に合う、もっちりとした米です。

ネパールレストラン、ラーニキッチン。外食ローテーションに追加させていただきました。

 

 


豊川稲荷神社

豊川稲荷神社

函館市設置の説明板を眺めて、この付近(豊川町)が昔「新築島」と呼ばれていたこと、大火のたびに焼けて今の神社は昭和15年に建てられたもの、芸者がたくさんいたらしい、といったことを知りました。繁華街だったのでしょうね。今でもたくさんの観光客で賑わう繁華街です。「新築島」と呼ばれていたことにちなんでもんじゃ焼きの店でもいかがなもんでしょうか。

 

豊川稲荷神社

文久年間(1861〜1864)、付近の繁盛を願って有志が創立したもので、当時この付近は新築島と呼ばれていたが、この神社ができてから豊川町と称するようになった。

昭和9年の大火まで4回類焼しており、現在の神社は昭和15年に建てられたもので、当時とは向きが逆である。
古くから商売繁盛の神様として崇められ、魚市場や蓬萊町(現宝来町)見番芸妓一同が献納した石灯籠などが信者層を語っている。

函館市

Toyokawa Inari Shrine

The shrine was built during the Bunkyu era (1861-1864) by well-wishing towners in hope of the prosperity of the neighbourhood. The area, which until then had been called Shintsukishima, was named Toyokawa-cho after the shrine was raised. The shrine met five fires including the great fire in 1934, and the present-day shrine was built in 1940. Its front is now facing the opposite side of the original construction.

The shrine has long been worshipped as a god of prosperous business, and to this day the inscription of the dedicators, fish market workers and groups of geisha, on its stone lanterns tells of the people who worshipped here.

City of Hakodate

 

 



カリベビ

カリベビ

カリベビ

カリベビ

カリベビ

小生が、函館に来ることとなったきっかけのひとつが、当時の函館のガイドブックに掲載されていたシスコライスの写真を見たことであります。ものすごいボリューム感が、ガイドブックの写真からでも十分に伝わっておりました。学生時代には、自転車でよく食べに行ったことを思い出します。ちなみに、もうひとつのきっかけは、同じガイドブックに掲載されていた大沼団子であります。

さて、久々のシスコライスですが、昔と変わらない美味しさとボリュームでした。学生時代の感覚と比較して、やや食べやすい量に感じたのは、量が少し減ったからなのか、小生の胃袋が当時よりも大きくなったせいなのか不明です。

カリフォルニアベイビー、通称カリベビのツナミートスパゲティ、おすすめです。