函館市一覧

称名寺(函館市船見町)

元々は現在のカメハチ付近にあった庵がルーツ。函館を代表する古刹のひとつ。開港の際には外国の領事館としても利用されていた。

 

 

 

 

これは土方歳三及び新撰組隊士の供養碑。

 

2012年4月21日訪問。函館市観光標識の内容は次のとおり。

称名寺

称名寺は、正保元年(1644年)円龍上人が亀田村(現市内亀田八幡宮辺り)に阿弥陀庵を建てたのが始まりといわれており、箱館開港当初はイギリスとフランスの領事館としても利用された古い寺院である。

明暦元年(1655年)阿弥陀堂と称したが、元禄3年(1690年)称名寺を公称し、宝永5年(1708年)亀田の衰退と箱館の繁栄により箱館の富岡町(現・弥生町 弥生小学校)に移転した。

明治12年(1879年)の大火で本堂を焼失し、同14年(1881年)この地に移転した。その後、幾度か大火のため建物を焼失したが、昭和4年(1929年)現在の鉄筋コンクリート寺院が完成した。

境内には河野政通の供養碑をはじめ、高田屋嘉兵衛の顕彰碑、土方歳三と新撰組隊士の供養碑があるほか、北海道最古の石碑として有名な「貞治の碑」(貞治6年2月(1367年)の銘がある板碑で北海道指定有形文化財)が保存されている。

また、墓地には箱館発展のもとを築いた高田屋一族の墓、新島襄の海外渡航を助け日本最初の気象観測所を開設した福士成豊、日魯漁業株式会社創立者堤清六の碑など、著名な人の墓がある。

函館市

 

土方歳三と新撰組隊士の供養碑

土方歳三(新撰組副長)は、榎本軍に加わり、函館で戦死した。その場所は一本木(若松町)、鶴岡町、栄国橋(十字街)など諸説があるが、土方ゆかりの東京都日野市金剛寺の過去帳には、函館称名寺に供養碑を建てた、と記している。

称名寺は、明治期の大火で3回も焼けて碑は現存しないため、昭和48年有志が現在の碑を建立した。他の4名は新撰組隊士で、称名寺墓地に墓碑があったが、昭和29年の台風で壊されたため、この碑に名を刻んだ。

 


より大きな地図で Donan.info を表示


桜開花前の五稜郭公園

桜の開花までもうしばらくの五稜郭公園。ゴールデンウィーク前半の最終日であり、快晴に恵まれたため散歩、ジョギング、そしてバーベキュー客で賑わっていた。

気温も日差しも散歩には最適であった。

 

マグロのぼりが泳ぐ五稜郭タワー。大間の島康子さんの企画。他の鯉のぼりよりも一回り太く、泳ぎも力強い。

 

五稜郭、土塁の先端。高さがあり意外と怖い。

箱館奉行所も観光客で賑わっている。

 

2013年4月29日訪問。


己巳役海軍戦死碑

弥生坂を登り切る少し手前を右に進むと、己巳役海軍戦死碑がある。己巳役(きしのえき)、箱館戦争のさなかに戊辰から己巳に干支が替わったことからこのように呼ばれている。

榎本武揚率いる旧幕府軍に注目が集まりがちだが、時代の節目となった大きな戦争である。明治政府軍にも約300人の戦死者が出た。軍艦「朝陽」は、旧幕府側軍艦「蟠龍」の砲撃により沈没した。

この碑は、箱館戦争終結してすぐの明治2年に建立されたものと考えられている。沈没した朝陽の副艦長以下73名の新政府海軍戦死者名が刻まれている。

今では目の前にはたくさんの住宅が並んでいるが、かつてはこの場所から箱館の湾とまちを一望できたのだろう。

 

2013年4月21日訪問。

函館市設置の観光標識の内容は次のとおり。

己巳役海軍戦死碑

ここは、明治2年(1869年)の箱館戦争で戦死した新政府海軍慰霊の場所である。同年4月、討伐体制を整えた新政府軍は、旧幕府脱走軍に攻撃を開始、5月11日箱館湾海戦で新政府軍軍艦「朝陽」は、旧幕府脱走軍軍艦「蟠龍」の砲弾を受けて沈没した。

この石碑には、朝陽艦副艦長夏秋又之助以下73名の新政府軍海軍の戦死者名が刻まれている。建立年月は刻まれていないが、明治2年に建立されたものと思われる。

碑の石は、「高田屋の亀石」と呼ばれていた石の一部である。高田屋嘉兵衛全盛のころ、現宝来町に築かれた「高田屋御殿」と呼ばれた豪邸の庭園に据えられていたものである。

嘉兵衛が、貧民救済の目的をかねて住吉浜の海中にあった2畳敷ほどの巨石を多数の人を動員して引き揚げさせたところ、亀に似ていたので亀石と呼ばれた。

護国神社(青柳町)にある「海陸軍戦死人名」碑と「招魂場」碑も同じ亀石を割って作られたものであり、いずれも箱館戦争新政府軍戦死者を祀った記念碑である。

函館市

 


より大きな地図で Donan.info を表示


弥生坂の上の上

函館市船見町。弥生坂の上の上。上り詰めた付近で振り返ると、素晴らしい景色だった。

この先には、己巳役海軍戦死碑がある。

 

2013年4月21日訪問。


ゴエキ(五稜郭駅)

五稜郭駅という名称ながら、五稜郭公園までは遠い。徒歩だと30分以上かかる(私は40分かかった・・・)。利用者の多くは通学、出張だろうか。

五稜郭公園までのルートをじっくりと考えると、なかなか面白い「まちあるき」ルートがつくれそうな気もする。

公園にいたるまでは、順路にもよるが、函館市民の生活感あふれるゾーンを通過しなければならず、マニアックな酒場も多い。そう考えると、五稜郭駅〜五稜郭間の距離というのは、あながちデメリットばかりとも言えないのでは?

 



ラッキーピエロ五稜郭公園前店

学生時代は毎日のように通った店。スパゲッティ、当時は丸い皿に盛られていたが、今は鉄板に。昔好きだったツナスパゲッティは、すでにメニューにない。

しかしながら、席の配置は昔のまま。ボックス席とテーブル席との中間にあるL字型の席が印象的。

 


南の都函館から北の都札幌を目指す特急北斗

函館〜札幌間の鉄路と言えば、振り子の特急スーパー北斗が主流だろうが、スーパーの付かない特急北斗もまだまだ現役である。車両の臭い、ディーゼルの音も良い。

ウィキペディアを引くと、「北斗」の名称は北斗七星に由来し「北都=札幌行きの列車」というイメージも重ねられているとのこと。ちなみに北斗市の「北斗」にはそのような意味合いはなかったはず。

北斗市も札幌、函館、旭川に続く「北都」になれればとしみじみ思う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/北斗_(列車)

 


大正湯

ピンク色の壁の銭湯、大正湯。その名の通り大正3年創業とのこと、古くから地域の方々に愛されている銭湯である。現在の建物は昭和の初め頃のものとか。

函館には湯ノ川といった大温泉地がある。温泉の効能も良いが、大正湯で歴史の効能を体験してみるのも良いのではないだろうか。

 


阿さ利本店

すきやきの老舗として、よく知られている同店。昭和初期の貴重な建物として、歴風文化賞も受賞している。

惣菜も美味である。

2012年10月8日撮影。


より大きな地図で Donan.info を表示


スポンサーリンク