北斗市一覧


丸亀ステーキ

丸亀ステーキ

素敵な丸亀ステーキ。2枚も平らげました。鍋からあふれんばかりの面積及び地面に落ちていたら躓いてしまう或いは足の小指をぶつけて痛い思いをするほどの厚み。迸る脂を堪能するには純白の衣服がおすすめでして、夜空を反転させたが如き星屑が、いつまでもステーキの味を思い出させてくれるでしょう。

 

 


睡蓮の花が綺麗でした

スイレン@八郎沼

スイレン@八郎沼

子供の頃から落雁が好きです。口の水分をほとんどもっていかれて、もうだめだ…となる寸前でお茶を飲む。からからに乾いていたはずの落雁が一瞬にしてふわりとしたものに変化する。ぎりぎりの自分との戦いが落雁の楽しみ方のひとつなのです。

そんなことを考えながら八郎沼公園にてスイレンの花を眺めておりました。

 

 


居酒屋祐介@七重浜

居酒屋祐介@七重浜

居酒屋祐介@七重浜

先週行ってきた北斗市七重浜の居酒屋祐介。沖縄企画が開催されており、南国の味を堪能させていただきました。あと、初めて飲んだ日本酒「函館奉行」。これがまた美味かった。なんとも爽やかな風味のお酒でして、ついつい飲み過ぎてしまいます。また行きたいです。

 

 


月兎(北斗市市渡)のお弁当

月兎弁当

会議にて頂いたお弁当は、北斗市市渡の月兎さんのお弁当でして、大変うれしく感じたところです。噂に聞くところによれば、弁当で晩酌するのが流行しているらしいのですが、なるほど確かに、酒の肴に丁度良い大きさと量のおかずに、最後の飯と甘味までもが一式揃っていて、流行する理由がわかるように感じました。

月兎さんのお弁当は、おかずに手間がかけられていてとても美味しく、お酒もすすみました。

 

 



麺屋絆@北斗市東浜

麺屋絆

麺屋絆

麺屋絆

北斗市東浜2丁目17番の麺屋絆。醤油ラーメン美味かったです。おすすめは「とり塩らーめん」とのこと。次回注文してみます。脂ぎとぎとのラーメンも好きですが、同店のはくどくなく、昼食にぴったりと感じました。小ライスとの組み合わせが最適なのだと考えます。

店名は、絆。きずな。「し」で送ると「絆し」、「ほだし」となりますが、同店は「し」では送っていないので「絆」、「きずな」だと思います。と思ったら看板に「KIZUNA」とあるので、「きずな」ですね。

 

 


手打ちそば三條屋

三條屋

三條屋

三條屋

新函館北斗駅のすぐ横にある手打ち蕎麦の老舗、三條屋。一條屋ではなく三條屋です。極太で短めの手打ち蕎麦は、かみ応え満点であります。量も多いです。味はもちろんですが、この量の多さに小生は着目しておりまして、いかに美味なる手打ち蕎麦であっても、さらっとざるに盛られている程度では、食べた気がせず、帰り道にコンビニに寄るなどということをせねばならない状況は絶対に避けたいのであります。三條屋さんにあっては、一切そのような心配はなく、逆に大盛りを頼むのは危険を覚えるほどであります。

定休日は、土曜日の翌日と月曜日の前日となっておりますのでご注意ください。

 

 



法亀寺しだれ桜2015

法亀寺しだれ桜

小生の住む北斗市向野地区が最も注目される春ですが、今年も法亀寺にはたくさんのお客様がお見えになっておりました。境内に1本だけ見事な花を付ける姿が多くの人を惹きつけるようです。正確な樹齢はわかりませんが、樹齢は三百年とも言われ、少なくとも百年を下ることはないものと思います。木は人間の数倍以上の寿命をもちますが、人の方はと言うと、どんなに生きてもせいぜい115年が限界でしょう。自らの不摂生を考慮すると小生あたりは70年くらいでしょうか。とすると、桜の花を見られるのもあと35回となります。あと35回、と考えると感慨深さも大きくなるものです。