道南一覧

新藤透「『新羅之記録』書誌解題稿」メモ

新藤透「『新羅之記録』書誌解題稿」(情報メディア研究 3(1) 2005.3 p.1~10)に係るメモ。

『新羅之記録』原本

『新羅之記録』写本

函館市中央図書館所蔵本

  • 請求記号K 08 マツ 6003、資料番号1810651826

  • 請求記号K 08 カキ 5072、資料番号1810667202

    • 慶応2年に戸切地陣屋にて蠣崎伴茂によって写されたものとされる。
  • 請求記号K 08 マツ 6001、資料番号1810646453

  • 請求記号K 08 マツ 6002、資料番号1810646446

  • 上巻(請求記号K 08 マツ 6004、資料番号1810651800)、下巻(請求記号K 08 マツ 6004、資料番号1810651818)

    • 「原本を忠実に復元していると評価されて」(p.4)おり、函館市中央図書館デジタル資料館でも公開されている。

    • 上巻2019-07-14(Sun) 23:30:30 アクセス

    • 下巻2019-07-14(Sun) 23:31:03 アクセス

北海道立文書館所蔵本

北海道博物館所蔵本

北海道立図書館北方資料室所蔵本

  • 資料番号1102195789

市立小樽図書館所蔵本

  • 請求記号H/210.0/マ/、資料コード1110262498

國學院大學図書館所属本

  • 『松前国記録』と題された写本を所蔵しているとのことだが、國學院大學図書館のOPAC検索ではヒットしなかった。

東京大学史料編纂所所蔵

  • 書目ID 00055096、請求記号 2075-1260

  • 画像一覧2019-07-17(Wed) 22:59:46 アクセス

東京大学附属総合図書館所蔵本

  • 著作ID 4052613

  • 「本書は『新羅之記録』の写本の中でも最も原本からは相違する箇所が多い写本である。」(p.6)

横浜松前家所蔵本

『新羅之記録』の翻刻本

市立函館図書館(1937)『新羅之記録』

北海道編(1969)『新北海道史 第7巻史料1』所収『新羅之記録』 p.5-81


北海道新聞「パリに出品「赤彩注口土器」 9日から 八雲で「凱旋」展示」

町野田生で出土した縄文土器で、フランス・パリで昨年開かれた「縄文―日本における美の誕生」展に海外初出品された「赤彩注口土器(せきさいちゅうこうどき)」が、9日から町木彫り熊資料館で「凱旋(がいせん)」展示される。

常設展示されてないそうなので、実物を目にすることができる貴重な機会です。


日経新聞「北海道の松前城、木造復元へ 事業費30億円」

北海道南西部・松前町は国指定史跡の松前城について、天守を江戸末期の建設当時と同様に木造で復元する方針を決めた。2018年12月の町議会で石山英雄町長が表明した。戦後に鉄筋コンクリートで再建された天守は老朽化で耐震性が危ぶまれ、改修を検討していた。整備期間は最短で16年、事業費は約30億円と見込んでいる。

16年後。新幹線も札幌まで伸びているだろうし、自分も60目前だし。復元された天守閣は老後の楽しみか?

北海道南西部・松前町は国指定史跡の松前城について、天守を江戸末期の建設当時と同様に木造で復元する方針を決めた。2018年12月の町議会で石山英雄町長が表明した。戦後に鉄筋コンクリートで再建された天守


「松前城資料館が開館 展示内容大幅リニューアル」(函館新聞)

松前城のなかの展示が大幅リニューアルされ、18日からオープンしたそうです(eHakodate(記事の提供元は函館新聞)の記事より。)。桜祭りで混み合う前に行ってみるのがよろしいかと。

松前城資料館(町松城)が18日から、展示内容を大幅リニューアルして開館している。北海道命名150年を記念して、城の縄張り図を発掘調査資料、絵図などと合わせて一堂に展示し、「最後の日本式城郭」の築城から終焉までを紹介する。また、松前神楽の国指定重要無形民俗文化財指定を記念し、神楽関係資料を新たに展示している。12月10日まで無休。(中略)

※オフィシャルサイトは見当たらなかったので、以下は、記事より抜粋。

  • 開館時間 午前9時から午後5時まで(最終入館は同4時半)
  • 入館料 大人360円、小中学生240円
  • 問い合わせ 0139-42-2216
 【松前】松前城資料館(町松城)が18日から、展示内容を大幅リニューアルして開館している。北海道命名150年を記念して、城の縄張り図を発掘調査資料、絵図などと合わせて一堂に展示し、「最後の日本式城郭」の築城から終焉までを紹介する。また、松前神楽の国指定重要無形民俗文化財指定を記念し、神楽関係資料を新たに展示している。1...

2月25日付けの読売新聞「編集手帳」について

読売新聞のコラム「編集手帳」。永年、同コラムの筆者を務めた竹内政明氏は、文末を「…だ」としないこと、「定番」という語を用いないことを語っておられました1

先日、同コラムの筆者が交代されたとの記事を見ていたのですが、2月25日の編集手帳に「…だ」と「定番」が登場したのを見て、本当に交代されたのだなぁと実感したのであります。

2月25日付けの編集手帳、国立民族学博物館で開催されている藤戸竹喜さんの作品展について書かれていたのですが、八雲町が木彫り熊発祥の地であることにも言及されており道南民として嬉しくなります。

2018-02-25(Sun) 読売新聞 編集手帳

参考


  1. 竹内政明(2013)『「編集手帳」の文章術』文春新書。「第一戒「ダ」文を用いるなかれ」と題して「私の書く『編集手帳』の文末に『…だ』は登場しません。いくらか気取って聞こえるのは承知のうえで、『…である』と書いています。(中略)『…である』に比べて、『…だ』には音読するとブツッ、ブツッと調べを断ち切るところがあり、どうも用いる気になれません。」(p.11)、(「第3章 「出入り禁止」の言葉たち」のなかで「定番」という言葉を挙げて)「もともとは、小売業者が内輪で使っていた符丁でしょう。(中略)その業界に属していない身で符丁を使うことには抵抗があります。」(p.93)。 


木古内町幸連5遺跡で人の顔が描かれた縄文時代中期後半(約4300年前)の石製品出土

三角形の板状の石に目や眉などが黒色の顔料で描かれている。縄文時代の顔の絵は極めて珍しく、顔料で描かれ、また石製品に描かれている絵が見つかったのは全国で初めて。(北海道新聞)

素人の私には、顔と言われれば顔のような…といったレベルで恐縮ですが、きっと顔なんでしょうね。週刊少年ジャンプのロゴのような。

土器ではなく石製品、というのも珍しいかと。

縄文期石製品に「人の顔」 木古内・幸連5遺跡で国内初出土:どうしん電子版(北海道新聞)

4300年前の人の顔が描かれた石製品出土 全国初 北海道・木古内町


江差町の斉藤籠店

店頭横にある、20畳もの畳間でかごをつくる職人の姿は、2006年に弘文さんが亡くなって以来絶えていますが、ここでかごを売り続けたいという思いから純子さんは「斉藤製籠店」を廃業させ、新たに〈斉藤籠店〉の店主としてお店を受け継ぎます。

学生時代に斉藤さん宅に泊めていただき、姥神大神宮渡御祭に参加させていただいたことを思い出しました。あのときはご主人がお元気で、朝食のときにご主人が出演されたNHKのど自慢のビデオを見ながら盛り上がったことが印象的です。


八雲町 噴火湾パノラマパーク

噴火湾パノラマパーク

大沼ICから高速に乗って約40分。ドライブにもちょうど良い距離の八雲町噴火湾パノラマパーク。小さな子供が遊べる施設が屋内、屋外ともに充実しています。噴火湾の眺望も素晴らしい。

丘の駅というお店では八雲のめずらしいものが、隣接するハーベスター八雲では美味しいチキンとピザ。大人も子供も満足できる場所です。


ADEAC(アデアック)

ADEAC(アデアック)というデジタルアーカイブシステムがあって、かなりの史料が公開されていることを知りました。

ADEAC : https://trc-adeac.trc.co.jp/ (2017/01/01 アクセス)

特に、「函館市 函館市地域史料アーカイブ」のページでは、『函館市史』のほか、『恵山町史』『戸井町史』『椴法華村史』『南茅部町史』が公開されていました。


スポンサーリンク