道南の食一覧

鈴木牧場牛乳ソフトクリーム2013

ソフトクリームでは、道南を代表する店のひとつ。北斗市の鈴木牧場牛乳。今年もソフトクリームの販売が開始になったとのことで、さっそく訪問。さくらソフトクリームを頂いた。

言うまでもなく、今年も最高にイケてる。桜を食べたことはないが、桜っぽい爽やかな風味。ミルクは濃厚である。

 

2013年4月28日訪問。



野澤商店のソフトクリーム2013

七飯町の野澤商店。特段材料にこだわりがあるわけではなく、業務用のよくある材料で作られているのだが、その巻き具合には非常に強いこだわりがある。

高く高く巻いてくれるのだ。

店内には、その高さからか、落とすことへの注意書きがあり、落とした場合には、自ら床を掃除すること及び二度は売らないことが明記されている。これは事情を知らない初心者にはかなり大きな心理的プレッシャーとなるだろう。

それを承知で、このボリュームあるソフトクリームをいただくのが、道南民の楽しみなのである。

 


焼肉・ホルモン「丸亀」〜北斗市七重浜の名店〜

50年近く続く北斗市七重浜の焼肉店、丸亀。毎日、七重浜地区を中心とした地元客で賑わっている。

名物はなんと言ってもホルモン。くさみのまったくないホルモンとタレがよく絡む。いくら食べてもくどくない。常連は大人2名でも5人前、10人前という単位でオーダーするほど。しかも非常に「安い」!

事前に予約のうえ、ぜひとも訪問いただきたい。北斗市の名店。

 

2013年4月9日訪問。大人2名だが、ホルモンは5人前。ペロリと平らげる。

 


より大きな地図で Donan.info を表示




トラピスト修道院のソフトクリーム 2013

北斗市当別、トラピスト修道院のソフトクリームの今年(2013年)の販売が、4月5日から開始となった。

道南エリアにはたくさんの美味しいソフトクリームがあるが、個人的には、ここトラピスト修道院のソフトクリームが最も気に入っている。

トラピストバターを配合しているとのことで、味が非常に濃厚。トラピストクッキーを添えてあるのも嬉しい。ぜひご賞味いただきたい。

 

 


北斗和牛一本勝負、おぐに牧場の黒毛おぐにビーフ

北斗和牛としてジワジワと人気を獲得している「おぐに牧場」。「牛バカ一代」を名乗るこだわりの職人。その職人が作り上げる極上の牛肉が、道内外の美食家の舌をうならせている。

北斗市市渡にある販売所では、気軽にその極上ビーフを購入することが可能。「3,000円分焼き肉用で!」といったオーダーを事前にしておけば、あとは取りに行くだけ。

おぐに牧場:http://ogunibeef.web.fc2.com/

 


より大きな地図で Donan.info を表示


あぐりへい屋新メニュー 地元イチゴとミルクの「ゆいっこシェイク」

北斗市東前の農協直売「あぐりへい屋」。平成25年3月9日から新商品ゆいっこシェイクが発売。味はイチゴとバニラの2種類。価格はイチゴが180円、バニラが150円と非常に安い。

もはや言うまでもないが、イチゴ、ミルクともに地元の素材を用いている。一口飲んでいただければ、他のシェイクとは異なる濃厚なミルクの味に気付くはず。ぜひご賞味いただきたい!

あぐりへい屋
住所:北斗市東前62
電話:0138-77-7779
営業時間:10:00~16:00
定休日:月曜日

 


創業明治40年、北斗の老舗和菓子店 金丸菓子舗

道南で最も古い和菓子店のひとつ金丸菓子舗。明治40年の創業。聞くところによると、北斗市茂辺地の一福菓子舗は明治38年創業らしく、現在も営業している道南の和菓子店では最古とか。金丸さんの2年先輩。いずれにしても、道南で最も古い和菓子店が2店とも北斗市内にあるのは面白い。

さて、金丸菓子舗さんでは季節ごとに商品を替えている。3月の雛祭り時期は桜餅とうぐいす餅。毎朝、その日販売する分だけ作るため売り切れてしまうこともよくある。事前に電話等でご確認いただきたい。

北海道の素材にこだわり、無添加で作る餅。くどくない餡。毎日出来たての商品。これが長年の人気の秘訣。

 

場所:北海道北斗市本町2丁目1−50
電話:0138-77-8305

 

 

昔ながらの包装がまた良い。

 


より大きな地図で Donan.info を表示