道南の食一覧

麺や福丸@北斗市開発

麺や福丸

麺や福丸

北斗市開発の「麺や福丸」。合わせ味噌が一番人気とのことで、濃い口醤油ラーメンをいただきました。鶏ガラのしっかり効いたスープと太めの麺との相性が抜群であったほか、5個入り餃子が100円というのも魅力的でありました。

次回は豚丼セットを狙ってみます。

 

 


らーめん初代社

らーめん初代社

口に入れる前からこれがラーメンであることが予想できました。

七重浜の人気店「らーめん初代社」。チャッチャ系醤油ラーメンを堪能。とんこつベースのスープと背脂が太めのちぢれ麺に絡みます。このこってりさが癖になります。餃子も必須です。(平成27年9月23日訪問)

 

  • らーめん初代社・・・北斗市七重浜7丁目11番1号

 

 


キッチンバディ

キッチンバディ

北斗市追分のキッチンバディの前を通ったら「カレー」の幟がなびいておりました。同じ場所で復活したのでしょうか。非常に楽しみであります。

今日は残念ながらお休み。よく見ると、土曜・日曜・祝日が定休日とか。あのカレーを食べるには平日の昼に行くしかないようです。

 

 


駒ヶ岳洋菓子工房

駒ヶ岳洋菓子工房

駒ヶ岳洋菓子工房

駒ヶ岳洋菓子工房

駒ヶ岳の麓、本当に麓にある駒ヶ岳洋菓子工房に行ってまいりました。隠れ家的な場所ながら、たくさんの客で賑わっており、店内から外にはみ出るほどの行列が出来ていました。

小生は、今回ソフトクリームのみの購入でしたが、バニラと桃との2種類で、なおかつ大中小の3サイズがあります。中サイズでもなかなかのボリュームです。牛乳が濃いためか、ネットリではなくサクッとした食感ですが、味はきわめて濃厚でした。次回は大きなショートケーキ狙いで訪問したいと思います。

 

  • 駒ヶ岳洋菓子工房
    住所: 〒049-2141 北海道茅部郡森町駒ケ岳345−3
    電話:01374-5-2745

 

 



丸亀ステーキ

丸亀ステーキ

素敵な丸亀ステーキ。2枚も平らげました。鍋からあふれんばかりの面積及び地面に落ちていたら躓いてしまう或いは足の小指をぶつけて痛い思いをするほどの厚み。迸る脂を堪能するには純白の衣服がおすすめでして、夜空を反転させたが如き星屑が、いつまでもステーキの味を思い出させてくれるでしょう。

 

 


ラーニキッチン

03IMG_1320

ラーニキッチン

お店の場所などはググれば出てくるので触れませんが、最高に美味いナンとカレーが函館でも味わえるようになったという大きな感激に包まれております。豊平峡まで行かなくとも、また、シディークまで行かなくとも良い、そういう安心感を強く感じました。

ナンが美味いのは言うまでもないのですが、米も美味いのです。日本人に合う、もっちりとした米です。

ネパールレストラン、ラーニキッチン。外食ローテーションに追加させていただきました。

 

 


居酒屋祐介@七重浜

居酒屋祐介@七重浜

居酒屋祐介@七重浜

先週行ってきた北斗市七重浜の居酒屋祐介。沖縄企画が開催されており、南国の味を堪能させていただきました。あと、初めて飲んだ日本酒「函館奉行」。これがまた美味かった。なんとも爽やかな風味のお酒でして、ついつい飲み過ぎてしまいます。また行きたいです。

 

 


月兎(北斗市市渡)のお弁当

月兎弁当

会議にて頂いたお弁当は、北斗市市渡の月兎さんのお弁当でして、大変うれしく感じたところです。噂に聞くところによれば、弁当で晩酌するのが流行しているらしいのですが、なるほど確かに、酒の肴に丁度良い大きさと量のおかずに、最後の飯と甘味までもが一式揃っていて、流行する理由がわかるように感じました。

月兎さんのお弁当は、おかずに手間がかけられていてとても美味しく、お酒もすすみました。

 

 


こってり醤油@はこだて武蔵

武蔵

いつも韋駄天からちょっと浮気して七飯町の武蔵まで。武蔵のこってり醤油ラーメンに150円プラスして大盛りにします。2玉にもできるありがたさ。小生の大好物コシの強い玉子麺と上あごをやけどするくらい熱々、かつ、油でしっかりコーティングされた濃厚醤油スープの組み合わせは、韋駄天に勝とも劣らない絶品です。

 

 


スポンサーリンク