Book一覧

NO IMAGE

西岡壱誠(2018)『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく東大読書』東洋経済新報社

タイトル、帯、著者情報から、本の内容を推測して付箋にメモしておく。目次から仮説を立てる。読みながら仮説と随時補正する。質問、追求しながら読む。要約する。 本を読む人なら(深さは別として)おそらく自然とやっているであろうことを、順序立てて明らかにしてくれます。 面倒でも、付箋などにメモしながら読む、という点が大事かと。線を引くことはあっても、メモを取るのってなかなか手間で...。 著者おすす...

NO IMAGE

板坂元(1973)『考える技術・書く技術』講談社現代新書

読書法や発想法、論理の組み立て方などを示す名著。著者の個人的な好みやテクニックが披露されていることや、例文、例え話の類いが面白いということが、名著とされる所以であると思料。 黄色のダーマト、持ち出しフォルダ、インク鉛筆といった文具の話題が大変参考になった。 本題とは関係ないが、以下の一節に反応したのご紹介したい。 近代社会は、人間をブロイラー・チキンのように働かせる仕組みになりかけ...

小川剛生(2017)『兼好法師—徒然草に記されなかった真実』中公新書

吉田流卜部氏に生まれ六位蔵人から従五位下左兵衛佐に任じた、という現在定説となっている「吉田兼好」像は、偽系図・偽書に基づくファンタジーであり、史料から読み取れる兼好法師像はもっと俗っぽくて生き生きした人物である、という極めて衝撃的な内容の一冊でありながら、当時の制度や慣習を踏まえた史料解釈に基づいた冷静な論の展開に、深く引き込まれます。何事も批判的な視点をもつというのは大事ですね。難しいことですが。

NO IMAGE

コリン・パウエル/トニー・コルツ(2017)『リーダーを目指す人の心得 文庫版』飛鳥新社

人一倍アメリカを愛し、陸軍を愛したこと。そして、謙虚さ。それがコリン・パウエル成功の最も重要なポイントだったはず。この謙虚さについては、日本人にもウける。でも、謙虚さばかり取り上げられて、著者の語る組織の在り方についてがないがしろにされてしまっては本末転倒だろう。