Book一覧

木村盛武著『慟哭の谷—北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件』

元林務官だった著者が丹念に取材したノンフィクション作品。森の奥から静かにこちらを伺う羆の息吹きの如く淡々と冷静な記述となっていて何とも言えぬ不気味さを感じさせます。三毛別の事件だけではなく、著者自身の体験や他の事件についても紹介されており、羆と人間との関わり方を考えさせられます。吉村昭も『羆嵐』執筆に際して、著者の集めた資料を参考にしたらしいです。生存者やその家族、関係者への詳細なヒアリング等々、著者の行動がなければ事件は完全に忘れ去られていたのではないでしょうか。

北海道民にあっても羆を忘れた、あるいは、知らない世代がほとんどとなっているように感じますが、山や自然とふれあうことが野生の羆との遭遇と背中合わせであることを再認識することこそ、不幸な事故を防ぐ第一歩になるものと思います。

ちなみに三毛別以外の事件とし、江戸時代の古川古松軒『東遊雑記』の記録が紹介されています。巡見使が戸切知(旧上磯町)に宿をとった際、羆2頭が馬2頭を襲ったというものでして、1,000人以上の人が近くにいても羆がまったく気にしなかったことの例として登場しました。

 

『慟哭の谷—北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件』,木村盛武著,文春文庫,2015年

 

  • 目次
    • はじめに
    • 第1部 慟哭の苫前三毛別事件
      • 第1章 惨劇の幕明け
      • 第2章 通夜の亡霊
      • 第3章 大討伐隊
      • 第4章 魔獣の最期
      • 第5章 史上最悪の惨劇を検証する
    • 第2部 ヒグマとの遭遇
      • 第1章 北千島の人食いヒグマ事件と私
      • 第2章 ヒグマとの対峙
      • 第3章 ヒグマが人を襲うとき
    • おわりに

 

 


小田切徳美著『農山村は消滅しない』

統計からの消滅が言われるなか、現場からの再興が示され、今後の農山村地域を抱える地方自治体政策の基本的視座になるものと思料。地域の多様性が国の強靱さにつながる。

 

小田切徳美『農山村は消滅しない』,岩波新書,2014年

  • 目次
    • はじめに
    • 序章 「地方消滅論」の登場
    • 第1章 農山村の実態—空洞化と消滅可能性
      • 1 進む農山村の空洞化
      • 2 強靱な農山村集落
      • 3 農山村の展望—増田レポートを考える
    • 第2章 地域づくりの歴史と実践
      • 1 「地域活性化」から「地域づくり」へ
      • 2 「地域づくり」の体系化への挑戦
      • 3 地域づくりのフレームワーク
      • 4 地域づくりの三つの柱
    • 第3章 地域づくりの諸相—中国山地の挑戦
      • 1 地域づくりの先発事例—山口県山口市二保地域開発協議会
      • 2 新しいタイプの地域づくり
        • (1) コミュニティによる住宅整備—広島県三次市青河地区
        • (2) 新たな「村」の創造—岡山県津山市阿波地区
      • 3 なぜ、中国山地か—事例の位置づけ
    • 第4章 今、現場には何が必要か—政策と対策の新展開
      • 1 補助金から交付金・補助人へ
      • 2 支援主体のあり方
      • 3 新しい政策の位置づけ
      • 4 「補助人」の役割と課題
    • 第5章 田園回帰前線—農山村移住の課題
      • 1 田園回帰の今
      • 2 農山村移住の実態—「あったかく」「かっこいい」地域へ
      • 3 農山村移住への支援策
      • 4 農山村移住の課題
    • 終章 農山村再生の課題と展望
      • 1 消滅しない農山村の仕組み
      • 2 政策論議の争点—農村たたみ
      • 3 都市・農村共生社会に向けて—国民的議論と選択
    • あとがき

 

 




阿部貴行(2015)『売場表現、販促で勝負する! 地域密着繁盛店のつくり方』同文舘出版

地元の人に自分の店と思ってもらうような店づくりをすること。そのためにアベスポーツが取り組んできたことが数多く紹介されています。自分のまちにもこういうお店が欲しい、そのように強く思いました。

目次

  • はじめに
  • 1章 「地域密着店」とは何か?
  • 2章 ストーリー1 来店 地域密着店から顧客へのメッセージ
  • 3章 ストーリー2 売場・接客 売場づくりのキーワード「量は質を凌駕する」
  • 4章 ストーリー2 売場・接客 未来の自分をイメージしてもらう売場
  • 5章 ストーリー2 売場・接客 売場は舞台、スタッフは俳優、接客はドラマ
  • 6章 ストーリー3 再来店・来店促進 顧客から顧客へ伝播してもらう、新規客の来店促進
  • 7章 ストーリー3 再来店・来店促進 「地域限定CM」で休眠客に自店を思い出してもらう
  • 8章 スタッフ、仕入先を巻き込んで「オレの店、私たちの店」を目指す
  • おわりに

参考

 


網野善彦著(1997)『日本社会の歴史』岩波新書

初めから一つの日本があったのではない。そこから出発する日本通史。著者の歴史の視点は、下巻第12章の展望に明確にされているので、これに目を通してから全体を眺めるのがおすすめ。

通史を読んで常に思うのが『平家物語』の冒頭でして、畢竟我々の今の時代の常識すら明日にはどうなるかわかったものではないという思いを強くします。

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす
驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し
猛き人もついには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ

『日本社会の歴史(上)』目次

  • はじめに
  • 第1章 原始の列島と人類社会
  • 第2章 首長たちの時代
  • 第3章 国家形成への道
  • 第4章 「日本国」の成立と列島社会
  • 第5章 古代小帝国日本国の矛盾と発展

『日本社会の歴史(中)』目次

  • 第6章 古代日本国の変質と地域勢力の胎動
  • 第7章 東国王権の出現と王朝文化の変貌
  • 第8章 東西の王権の併存と葛藤

『日本社会の歴史(下)』目次

  • 第9章 動乱の時代と列島社会の転換
  • 第10章 地域小国家の分立と抗争
  • 第11章 再統一された日本国と琉球王国、アイヌ社会
  • 第12章 展望—17世紀後半から現代へ
  • 参考・参照文献
  • むすびにかえて

 


鈴木敏文著『売る力—心をつかむ仕事術』

『売る力—心をつかむ仕事術』

冒頭にて「「売る力」とは、お客様から見て「勝ってよかった」と思ってもらえる力である」(p.8)と明確化されており、「買ってよかった」と思わせる具体的な事例がセブンイレブンの取組を中心に紹介されている。私も実際に利用・購入したことのあるサービス・商品の話であって、強い説得力がある。

 

『売る力—心をつかむ仕事術』,鈴木敏文著,文春新書,2013年

  • 目次
    • はじめに
    • 第1章 「新しいもの」は、どう生み出すのか?
    • 第2章 「答え」は「お客様」と「自分」のなかにある
    • 第3章 「ものを売る」とは「理解する」こと
    • 第4章 「本気」の人にチャンスはやってくる

 

 


三浦しをん著『舟を編む』

舟を編む

2012年本屋大賞第1位の『舟を編む』が文庫化されており、悩むことなく購入しました。辞書編集といったマニアックな世界にフォーカスした作品ながら、主人公のみならず登場する人物すべてに職人の気配が感ぜられ、職人好きの小生には堪らない世界が展開されておりました。

一語を徹底する世界の小説、いずれは内閣法制局の法令審査を舞台にした小説なんかが出ても良いように思ったところです。

三浦しをん著『舟を編む』光文社新書,2015年

 

 


竹内薫(2015)『量子コンピューターが本当にすごい—Google,NASAで実用が始まった”夢の計算機”』PHP新書

量子コンピュータの仕組み、基本的な考え方については、正直よくわからなかったけど、とにかくものすごい計算量を一瞬でこなせる凄さは伝わった。組み合わせ総当たり的な計算に群を抜いているのだろうか。

コンピュータと計算、この計算の歴史をわかりやすく整理してくれているので、計算史概説としても便利な一冊と思料。

目次

  • プロローグ
  • 第1章 そもそも、「計算する」ってどういうこと?
  • 第2章 コンピューターとはなんだ?
  • 第3章 コンピューターは、中で何をやっているのか?
  • 第4章 量子ってなんだろう?
  • 第5章 暗号—その華麗なる歴史
  • 第6章 量子コンピューターって、なんだ?
  • 第7章 D-Waveの衝撃!
  • 参考文献

参考

 


養老孟司著『文系の壁—理系の対話で人間社会をとらえ直す—』

文系の壁

著者と理系知識人とが「言葉」「経(体)験」「社会」といったいわゆる文系な題材について語り合った一冊。

以下、著者と対談されている方々に関するリンクです。自分用の控えとして。

 

 

『文系の壁—理系の対話で人間社会をとらえ直す—』養老孟司著,PHP新書,2015年

■目次

  • まえがき 養老孟司
  • 第1章 理系と文系—論理と言葉 森博嗣×養老孟司
  • 第2章 他者の現実を実体験する技術で、人類の認知は進化する 藤井直敬×養老孟司
  • 第3章 「唯脳論」の先にある、なめらかな社会の可能性 鈴木健×養老孟司
  • 第4章 ジャーナリズムか、生き物そのものを見るか 須田桃子×養老孟司

 

 


スポンサーリンク