Music一覧

Eric Clapton “Happy Xmas”

Happy Xmas

クラプトンのニューアルバム。クリスマスアルバム。とても良い。老いが味になっている。

Happy Xmas

  1. White Christmas
  2. Away In A Manger (Once In Royal David’s City)
  3. For Love On Christmas Day
  4. Everyday Will Be Like A Holiday
  5. Christmas Tears
  6. Home For The Holidays
  7. Jingle Bells (In Memory Of Avicii)
  8. Christmas In My Hometown
  9. It’s Christmas
  10. Sentimental Moments
  11. Lonesome Christmas
  12. Silent Night
  13. Merry Christmas Baby
  14. Have Yourself A Merry Little Christmas


BUDDY GUY “the BLUES is ALIVE and WELL”

バディ・ガイ。80歳を超えていたとは。伸びやかな歌声は、まったく年齢を感じさせない。ギターの音色もテクニックも、まったく老いを感じさせない。凄いの一言。

Buddy Guy – Cognac (Audio) ft. Jeff Beck, Keith Richards

ジェフ・ベック、キース・リチャーズと共演してる3曲目のコニャック。それぞれのギターの音色の特徴が目立って、とても面白い一曲。

  1. A Few Good Years
  2. Guilty as Charged
  3. Cognac (featuring Jeff Beck, Keith Richards)
  4. The Blues Is Alive and Well
  5. Bad Day
  6. Blue No More (featuring James Bay)
  7. Whiskey for Sale
  8. You Did the Crime (featuring Mick Jagger)
  9. Old Fashioned
  10. When My Day Comes
  11. Nine Below Zero
  12. Ooh Daddy
  13. Somebody Up There
  14. End of the Line
  15. Milking Muther for Ya
  16. In This Day And Age

小田和正ツアー2018 ENCORE!! 函館アリーナ

小田和正ツアー2018

小田和正ツアー2018「ENCORE!!」@函館アリーナに行ってきました。70歳とは思えない澄み渡る歌声は、圧巻というほかありません。子供の頃からずっと聞いていた曲を生で聴くことができ、感動しました。特に「秋の気配」「good times & bad times」「生まれ来る子供たちのために」「またたく星に願いを」は、懐かしかった。

LiveFansというサイトに、さっそくセットリストがあがってました。

  1. 会いに行く
  2. 愛の中へ
  3. こころ
  4. たしかなこと
  5. 愛の唄
  6. 秋の気配
  7. 小さな風景
  8. 愛を止めないで
  9. そんなことより幸せになろう
  10. 東京の空
  11. 言葉にできない
  12. good times & bad times
  13. Yes-No
    御当地紀行
     ※新幹線で新函館北斗駅に到着されてました。「2年前にも来ましたが、ご覧のとおり何も変わってません!」とのコメントを頂戴しました。
  14. 坂道を上って
  15. time can wait
  16. ラブ・ストーリーは突然に
  17. キラキラ
  18. YES-YES-YES
  19. さよならは言わない
  20. 生まれ来る子供たちのために
  21. 風と君を待つだけ
  22. 今日もどこかで
  23. この道を
  24. 君住む街へ
    アンコール1
  25. NEXTのテーマ—僕等がいた—
  26. またたく星に願いを
  27. hello hello
    アンコール2
  28. さよなら
  29. やさしい夜
  30. また会える日まで

GARY MOORE “Blues & Beyond”

ゲイリー・ムーアのブルース曲を集めたベスト盤が近日発売されます。ダウンロード版はすでに配信されており、iTunesで購入。

北海道の寒い冬には、彼の粘り気の強い悲しいギターの音色がよく合います。


Robert Cray(2012)”Nothin’ But Love”

こてこてのブルースではなく全体的にファンキーで明るく、ノリの良さが感じられるアルバムです。ロバート・クレイの奏でるストラトの音色、昔からクリーンで雑味が少なく、好みであります。

  1. Won’t Be Coming Home
  2. Worry
  3. I’ll Always Remember You
  4. Side Dish
  5. A Memo
  6. Blues Get Off My Shoulder
  7. Fix This
  8. I’m Done Cryin’
  9. Great Big Old House
  10. Sadder Days
  11. You Belong To Me (Bonus Track)

Suzanne Vega – Solitude Standing

スザンヌ・ヴェガといえばこのアルバムしか知らないのですが、名盤中の名盤だと思います。

あまり無理をしていないような歌声と柔らかな演奏、癖がなく、何度聴いても飽きのこないアルバムです。

ヒットした「ルカ」(2曲目)、悲惨な歌詞ですが、のんびりした歌声が、逆に悲惨さを増しているように思えてなりません。

Suzanne Vega – Solitude Standing

  1. Tom’s Diner
  2. Luka
  3. Ironbound / Fancy Poultry
  4. In The Eye
  5. Night Vision
  6. Solitude Standing
  7. Calypso
  8. Language
  9. Gypsy
  10. Wooden Horse (Caspar Hauser’s Song)
  11. Tom’s Diner (Reprise)


Eric Clapton(2016)”I STILL DO”

I STILL DO

エリック・クラプトンの久しぶりのアルバム。年を重ねたせいかどうかはわかりませんが、全体的にほんわかとした柔らかい印象を受けました。アンディ・フェアウェザーロウとの共作曲(4曲目のSpiral)が入っているのも嬉しかったです。

 

 


THE DEREK TRUCKS BAND (2009) “Already Free”

まだ2月にも関わらず異様な暖気と雨によりアスファルト舗装路面が露わとなっています。外に出るのも億劫なのでゆっくりとデレク・トラックスバンドのアルバムを堪能します。

 

 

 

 

  1. Down In The Flood
  2. Something To Make You Happy
  3. Maybe This Time
  4. Sweet Inspiration
  5. Don’t Miss Me
  6. Get What You Deserve
  7. Our Love
  8. Down Don’t Bother Me
  9. Days Is Almost Gone
  10. Back Where I Started
  11. I Know
  12. Already Free