Wordpress一覧

サーバ引っ越しについて

さくらインターネットにてPHPモジュールモードが提供されたことに伴いサーバを移転しました。これまでのCGIモードを比較して、Wordpressの動作はかなり高速化されており、とても満足しています。

移転作業についてはさくらインターネットから詳細が示されており、何ら支障なく移転できました。概略は以下のとおりです(サーバの申込手続等は省略。)。

移転作業の流れ(概要)

  1. WordPress関係ファイルを一式ダウンロード
    さくらインターネットのサーバコントロールで提供されているファイルマネージャから、サーバ上のファイル一式をダウンロード。

  2. データベースのエクスポート
    phpMyAdminにてwpのデータベースをエクスポート。

  3. 新しいサーバに上記1でダウンロードしたファイル一式をアップロード
    上記1のファイルマネージャだとフォルダのアップロードができないため、FTPソフトを用いてファイル一式をアップロード。

  4. データベースのインポート
    データベースを作成後、上記2で吐き出したファイルをインポート。

  5. ドメインの設定
    旧サーバでのドメイン設定を削除し、新サーバで設定。なお、旧ドメイン設定を削除する際、SSLを使用する設定をはずさないと削除できない点に注意。
    新サーバでドメイン設定後、SSL設定(証明書の登録等)を行えば、Wordpress側での設定は不要でした。

参考


https化

このブログには不要と思って、長らく無視してきたのですが、https化しました。いずれは平文通信なくなるかも、という記事を真に受けまして…。

さくらインターネットに詳しく導入方法が示されてますが、概略以下のような流れです。

1 コントロールパネルから「ドメイン/ssl設定」ページに飛び、ssl発行手続。

しばらくしたら発行完了の旨のメールが来ます。

2 (発行された後)Wordpressの管理画面にて、プラグイン「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」をインストール。リダイレクト(http→https)に係る.htaccessの編集をプラグインでやってくれるようです。

以上で問題なくhttps化となりました。



「ウィジェットを表示」プラグインが更新されない

「ウィジェットを表示」プラグインが、何回やってもアップデートできないトラブル。

以下に同じ症状、かつ、解決方法が紹介されていたため無事解決しました。

一旦2.05のプラグインを削除してから、2.7のzipファイルをアップロードして再インストールしました。


Amazon JSプラグインについて

読んだ本についてメモしておくときにAmazonのリンクが張れるということは、本の画像データを利用できるという点で非常に便利でありまして、これまでもAmazonの画像を引っ張ってきたりしていたのですが、「Amazon JS」というプラグインを使うことでさらに簡単にリンクを張ることができるようになりました。

なお、インストールにあたっては、Amazon Web Service でアクセスキー等を取得する必要があり、その点、若干ハードルとなるように思料されるのですが、以下のサイトに詳細な手順が掲載されておりましたので、そちらを参照することにより特段の支障なく導入ができるかと存じます。