アイヌ一覧

アイヌ文化コラボ居酒屋、海空のハル(札幌市)

海空のハル

飛び込みで入った居酒屋「海空のハル」。とても良かったです。アイヌ文化とコラボしためずらしい居酒屋でした。チセを模した個室もあるようです。

北海道居酒屋は最近増えてますが、アイヌにフォーカスした居酒屋というのは珍しい。鹿肉など珍しい食材や料理がメニューに並んでいるのも良かったです。

キンキの飯寿司。美味でした。


知里真志保の碑

知里真志保の碑

有名なアイヌ文化研究者である知里真志保の碑。初めて訪問しました。登別小学校の入り口近くにありました。

2016年4月30日訪問。

以下は、碑に刻まれている内容です。打ち間違いがあったらすいません。

 

銀のしずく 降れ降れ まわりに
知里真志保之碑

彼は登別川のほとりで育ったアイヌ系のわんぱくな少年であった
長じて天才的な言語学者となりその名は今に世の畏敬の的である
故郷をしのび海の見える岡に住みたいと云っていたという
有志相はかりここハシナウシを選びこの碑を建てた
友人 山田秀三

知里真志保略歴
明治42年幌別郡(登別市)に生る
登別小学校、室蘭中学校、第一高等学校、東大卒業
文学博士、北大教授、東大講師となる
分類アイヌ語辞典その他数々の不朽の名著が後の世に残った
昭和36年札幌にて没
52歳

平成8年9月
登別本町3丁目28番地1より移設

建立趣意文
知里真志保君は明治42年2月24日父高吉、母ナミの二男として当登別に生れた。彼はアイヌ民族の血を受けた勇敢な少年であった。登別小学校から道立室蘭中学校に進学、私共室中同窓生の一人である彼の天才的頭脳の閃きは在学中にもその非凡を現し、コンサイス英和辞典を一日一枚づつ記憶しては破り捨て、遂に一冊の単語全部を憶えたという逸話もある。一高から東大に学び学者となり文学博士の称号も得て北大教授、東大講師等を歴任した。彼は学位論文のアイヌ語法研究をはじめアイヌ語の植物名について、分類アイヌ語辞典のほか山田秀三氏と共著の幌別町のアイヌ語地名など数々の著書があるが、アイヌ語に関する著述に情熱を傾注したかげには、彼の伯母でユーカラの伝承保持者として紫綬褒章を受章した金成マツ女へのひたむきの姿であったともいえるのである。彼は又道新社会文化賞、朝日文化賞等を受賞し、社会文化に貢献するなど幾多の功績を残されて昭和36年6月9日病魔のため52歳の生涯を閉ぢたのである。
彼が生前言い遺したことばに、海の見える川のある丘に住みたい といっていたというが、海の見える川のある丘とは伯母金成マツの家のあったところで、彼が少年時代の思い出の多い丘でもあったのである。彼の志を想い、天才アイヌ学者を生んだ郷土の誇りを後世に伝え末長くその功績を讃え霊を慰めたいと、郷土の人々を初の室中同窓生が中心となり真志保君に縁のある方々の御賛同を得てこの碑を建立したのである。
建立に際しては、真志保君とは生前特に親交の深かった山田秀三氏からは碑文と略歴を寄せられ、芦別市川崎石材工業所社長の川崎務崇氏からは南アフリカ産黒花崗岩の碑石を寄贈され、建立地を提供された和田産業社長和田一夫氏、企画を支援下さった広川一彦氏等の善意のほか高田登別市長 室市議会議長 市内各事業所等からの御協力により茲に完成を見るに至ったのである
昭和48年6月9日 建立
知里真志保之碑建立委員長
登別市議会副議長 室中同窓会登別支部長 宮武清一
碑文書 林 豊次

デザイン・設計・施行
芦別市本町197
川崎石材工業所

 

 

 


工藤雅樹(2001)『蝦夷の古代史』平凡社新書

「縄文」「蝦夷」「アイヌ」。言葉の定義として整理し、理解することが重要ながら、相当に難しい。実際には、これらは区分けできるものではなく、ゆっくりと溶け込むようにして今に至っている、そんなふうに感じました。

目次

  • はじめに
  • 第1部 古代蝦夷の諸段階
    • 第1章 古代蝦夷の諸段階
    • 第2章 東国人としての「エミシ」—第1段階
    • 第3章 大和の支配の外にある者としての「エミシ」—第2段階
    • 第4章 大化の改新後の世界—第3段階
    • 第5章 平安時代の蝦夷—第4段階
  • 第2部 蝦夷はアイヌか日本人か
  • あとがき
  • 参考文献
  • 年表

 


山田秀三(1966)『ユーカラの里』登別温泉ケーブル株式会社・加森観光株式会社

ユーカラの里

のぼりべつクマ牧場の奥にあるアイヌコタン「ユーカラの里」の売店で、山田秀三著『ユーカラの里』を購入しました。200円と手頃であり、かつ、42ページのコンパクトな書籍ながら、アイヌ文化の一端を概説するのみならずアイヌ文化と日本文化との交流にまで言及されておりました。大変勉強になります。

 

  • 目次
    • はしがき
    • 1 村の概要
    • 2 アイヌ文化と日本文化との交流
    • 3 若干の解説
    • 4 道具類目録

 

 


瀬川拓郎(2016)『アイヌと縄文—もうひとつの日本の歴史』ちくま新書

縄文文化を受け継いだアイヌ。縄文文化は、弥生文化に飲み込まれてしまいすでになくなっている、というのは誤りで、脈々と我々の深層で生き続けている。

前に読んだ『マタギ 矛盾なき労働と食文化』(田中康弘著)とも内容がつながっているように思われた。

 

 

 

  • 目次
    • はじめに
    • 第1章 アイヌの原郷—縄文時代
      • 1 アイヌと縄文文化
      • 2 アイヌと縄文人
      • 3 アイヌと縄文語
    • 第2章 流動化する世界—続縄文時代(弥生・古墳時代)
      • 1 弥生文化の北上と揺れ動く社会
      • 2 古墳社会との交流
      • 3 オホーツク人の侵入と王権の介入
    • 第3章 商品化する世界—擦文時代(奈良・平安時代)
      • 1 本州からの移民
      • 2 交易民としての成長
      • 3 同化されるオホーツク人
    • 第4章 グローバル化する世界—ニブタニ時代(鎌倉時代以降)
      • 1 多様化するアイヌの世界
      • 2 チャシをめぐる日本と大陸
      • 3 ミイラと儒教
    • 第5章 アイヌの縄文思想
      • 1 なぜ中立地帯なのか
      • 2 なぜ聖域で獣を解体するのか
    • おわりに
    • 引用文献

 

 


スポンサーリンク