カレー一覧

キッチンバディ

キッチンバディ

北斗市追分のキッチンバディの前を通ったら「カレー」の幟がなびいておりました。同じ場所で復活したのでしょうか。非常に楽しみであります。

今日は残念ながらお休み。よく見ると、土曜・日曜・祝日が定休日とか。あのカレーを食べるには平日の昼に行くしかないようです。

 

 


ラーニキッチン

03IMG_1320

ラーニキッチン

お店の場所などはググれば出てくるので触れませんが、最高に美味いナンとカレーが函館でも味わえるようになったという大きな感激に包まれております。豊平峡まで行かなくとも、また、シディークまで行かなくとも良い、そういう安心感を強く感じました。

ナンが美味いのは言うまでもないのですが、米も美味いのです。日本人に合う、もっちりとした米です。

ネパールレストラン、ラーニキッチン。外食ローテーションに追加させていただきました。

 

 


ホッキカレー@苫小牧

ホッキカレー@苫小牧

ホッキカレー@苫小牧

苫小牧のみなと市場内にあるラーメン茶湖にてホッキカレーを食べてまいりました。スパイスの効いた辛口で、結構な量のホッキも入っており、大変美味しゅうございました。隣の席の方が食べていた炒飯、かなりのボリュームがあって、とても気になりましたので、次回は炒飯とホッキカレーをダブルで頼んでみようと思います。あとラーメンも。

■ラーメン茶湖 http://uminoeki.info/cyako.html

 

 


カンペシーノ@厚沢部町

カンペシーノ

厚沢部町鶉にあるカレーの店「カンペシーノ」に行って参りました。厚沢部においしいカレー屋があるらしい、という噂を聞きつけ、ネットで情報収集したうえで参ったのですが、少し道に迷ってしまいました。ただし、一度見つけてしまえば決して迷うことはありません。オシャレで印象に残る外観であります。

 

カンペシーノ

古民家風で木がふんだんに使用された建物でして、お店の中も薪ストーブやブランコなどなどとても素敵な空間になっておりました。

 

カンペシーノ

小生が注文したのはカンペシーノプレート(800円)でして、辛さは大辛としました。辛さは、ふつう・中辛・大辛・激辛からの選択となります(大辛・激辛は+50円)。辛いのはかなり得意な方でして、次回は激辛でも良いかな、という感想ですが、大辛でも若干の発汗を覚えるしっかりとした効き具合でございました。カレーはもちろんなんですが、焼きたてのナンが素晴らしい。これはやみつきになります。

 

カンペシーノ

愚息はオムライス。一口いただきましたが、チキンライスがたいへん美味しゅうございました。メニューを見ますとオムライスカレーというのが一押しらしく、次回来店時にはこちらを注文してみたいと存じます。

 

カンペシーノ

カレーにはホットチャイ。スパイスとよく合います。

 

週末においしいカレーを食べに厚沢部へ、というのが流行りそうです。

 

カレーとコーヒーの店 カンペシーノ

 


GRASS@長万部町

IMG_0299

 

長万部町のレストラン、GRASS(グラス)に行ってきました。前にオムライスを頂いたのですが、ずっと気になっていたチキンカレーが食べたくて、北斗市から片道100kmかけて、ランチに参った次第です。あいにくの雨でしたが、開いてて良かった。

IMG_0286

IMG_0300

カレーは普通盛りだろう、と勝手な想像をしていたため、大盛りで注文してしまったところ、驚愕のボリューム。普通盛りでも十分すぎるボリュームですので、ご留意ください。カレーは、文句なし。スパイシーで、てんこ盛りのライスもどんどん胃袋に格納されていきました。

IMG_0301

大盛り注文が判断誤りだったとすれば、サブオーダーでピザを頼んだことは、最も反省すべき点だったかも知れません。が、チーズの甘味が感じられる最高のピザでした。カレーのスパイシーさと、絶妙に合います。

IMG_0293

GRASS

今日のサプライズは、まんべくん。最初、GRASSの奥さんが悲鳴をあげられ、何事かとドアに目をやったところ、まんべくんがのぞき込んでいたのであります。地元も方、しかも大人が悲鳴をあげてしまうその風貌、実物を初めて拝見したのですが、非常におぞましいキャラクターでありました。

記念に、愚息とのツーショットを撮ろうにも、肝心の顔部分を隠してしまうあたり、流石のシュールさです。その徹底ぶりに感動いたしました。また、まんべくんの香り、とても良かったです。キャラの気持ち悪さとは真逆をいく驚愕のフレグランス力、緻密に計算されつくされたキャラクターですね。

 

■GRASS
〒049-3521 山越郡長万部町大町31番地
TEL 01377-2-2907
営業時間 12:00~22:00 (日曜定休)

 


北斗産ほっき貝の焼カレー@三條屋カフェ

三條屋カフェ

北斗産の北寄(ホッキ)を用いた焼きカレーが食べたい、そのように思っていたところ、北斗市追分の三條屋さんにて食べられるということ知り、さっそく行って参りました。

皆さんも、年に一度は食べたくなる北斗産ホッキ貝の焼きカレーだと思いますが、食べたくなった際には遠慮無く北斗市までお越し下さい。

お店の方に伺いましたところ、北斗産のホッキを漁組さんから直接仕入れているとのこと。地元のホッキは、身が厚く火を通したときの赤色の発色もとても良く、焼きカレーにはぴったりだそうです。

ランチタイムには、女性客が多いようですが、男性お一人でも気にせず来て欲しいそうです。女性のお客様は、お話し合いに夢中で男性客が来ても誰も気にしないそうなので。

北斗産ほっき貝の焼カレー@三條屋、大変美味しくいただきました。

 

三條屋カフェ

 

■ランチメニュー(ドリンク付) ※2014年9月時点

  • 松前岩のり弁当(白身魚のフライ) 930円
  • シーフードのクリームスパゲティ 950円
  • 北斗産ほっき貝の焼カレー 980円
  • シシリアンライス 950円
  • サイコロステーキのガーリックライス 1,000円

 

■三條屋カフェ

  • 〒049-0101 北斗市追分2丁目53番6号
  • TEL:0138-49-3038
  • 営業時間:11:30〜19:00
  • ランチサービス:平日11:30〜14:00、土・日・祝日11:30〜15:00
  • 定休日:毎週月曜日、第1・3日曜日
  • Web:http://red.ap.teacup.com/sanjoya/

 

三條屋カフェ


都庵のカツカレー南蛮そば

北斗市飯生(いなり)、JR上磯駅前にあるそば処都庵。

カレー南蛮が有名である。熱くてトロトロのカレー餡がそばとよくからむ。

今回は、そこにさらにトンカツをプラスしたカツカレーバージョン。味、ボリュームと もに申し分ない逸品。暑い夏のランチにおすすめである。

地図:GoogleMap


スポンサーリンク