コミュニティデザイン一覧

山崎亮著『コミュニティデザイン 人がつながるしくみをつくる』

山崎亮著『コミュニティデザイン 人がつながるしくみをつくる』

地域に住む人たち、そのなかの、自分たちの住む地域をもっと良くしたい、と思っている人、こういう人々が地域をより良くするための活動の中心にならなければ地域づくりはうまくいかず、彼らが活動の中心にいる取組はきっとうまくいくはず。著者の言う「コミュニティデザイン」とは、こういう人々のつながりをデザインすることだと思いました。

本書のテーマは、「行政や専門家だけが社会的な課題を解決しようとしても限界があることを実感している人。自分たちが生活するまちに貢献したいと思っているけど何から始めればいいのか分からない人。こういう人たちに本書を読んでいただき、人がつながるしくみをつくることの魅力を感じ取ってもらいたい。」(P.20-21)という一文のとおりだと思います。

「まちづくり」とか「地域活性化」とか、最近だと「地方創生」と言ったりもしますが、実はそんなに大それたものではなくて、「スキーやテニスを楽しむのと同じであり、「まちのために活動してあげている」のではなく「まちを使って楽しませてもらっている」と思えるようなものであるのが理想的」(P.72)という著者の考え方には大いに共感します。

我々が注意すべきなのは、「どこか有名なまちづくりの事例を調べて、その特徴を整理し、同じような手法でまちづくりを提案するというのはコミュニティデザインの訓練にならない」(P.91)という指摘でして、コミュニティデザインの訓練如何によらず、他のまちづくり事例のコピー、といった安易なやり方に流されないよう意識しなければならないと感じます。

本書Part3の見出しにもなっていますが、「1人でできること、10人でできること、100人でできること、1000人でできること」という考え方が、とてもわかりやすいように思いました。

 

『コミュニティデザイン 人がつながるしくみをつくる』山崎亮著,学芸出版社,2011年

■目次

  • Part1 「つくらない」デザインとの出会い
    • 1 公園を「つくらない」
    • 有馬富士公園(兵庫1999-2007)
    • 2 ひとりでデザインしない
    • あそびの王国(兵庫2001-2004)
    • 3 つくるしくみをつくる
    • ユニセフパークプロジェクト(兵庫2001-2007)
  • Part2 つくるのをやめると、人が見えてきた
    • 1 まちににじみ出る都市生活
    • 堺市環濠地区でのフィールドワーク(大阪2001-2004)
    • 2 まちは使われている
    • ランドスケープエクスプローラー(大阪2003-2006)
    • 3 プログラムから風景をデザインする
    • 千里リハビリテーション病院(大阪2006-2007)
  • Part3 コミュニティデザイン-人と人をつなげる仕事
    • 1 ひとりから始まるまちづくり
    • いえしまプロジェクト(兵庫2002-)
    • 2 1人でできること、10人でできること、100人でできること、1000人でできること
    • 海士町総合振興計画(島根2007-)
    • 3 こどもが大人の本気を引き出す
    • 笠岡諸島子ども総合振興計画(岡山2009-)
  • Part4 まだまだ状況は好転させられる
    • 1 ダム建設とコミュニティデザイン
    • 余野川ダムプロジェクト(大阪2007-2009)
    • 2 高層マンション建設とコミュニティデザイン
    • マンション建設プロジェクト(2010)
  • Part5 モノやお金に価値を見出せない時代に何を求めるのか
    • 1 使う人自身がつくる公園
    • 泉佐野丘陵緑地(大阪2007-)
    • 2 まちにとってなくてはならないデパート
    • マルヤガーデンズ(鹿児島2010-)
    • 3 新しい祭
    • 水都大阪2009と土祭(大阪・栃木2009)
  • Part6 ソーシャルデザイン-コミュニティの力が課題を解決する
    • 1 森林問題に取り組むデザイン
    • 穂積製材所プロジェクト(三重2007-)
    • 2 社会の課題に取り組むデザイン
    • +designプロジェクト(2008-)

『コミュニティデザインの時代—自分たちで「まち」をつくる』

 

『コミュニティデザインの時代—自分たちで「まち」をつくる』

町内会から自治体まで「まち」が指す地域の幅はあるものの、自分たちの住む「まち」のあり方について、自分たち自身が深く関わらなければならない時代になってきた、という著者の主張に誤りはないと考える。とはいえ、これまで「まちづくり=行政の仕事」と把握されがちであり、どのように「まち」に関わるべきなのかはわかりにくい。

そこで鍵となるのが著者のような仕事なのだろう。「まち」への関わり方を地域の人々に違和感なく伝え、その地域がより良くなるための人々の関わり方を地域の人々を主役に据えたまま再構成する。こうしたコミュニティデザインについてより広く認知されるとともに、著者のようなスキルをもった人を増やすことがこれから一層求められているように感じた。

 

『コミュニティデザインの時代—自分たちで「まち」をつくる』山崎亮著 中公新書 2012年

目次

まえがき
第1章 なぜいま「コミュニティ」なのか

  1. 自由と安心のバランス
  2. まちが寂しくなった理由
  3. 「昔はよかった」のか
  4. 人口減少先進地に学ぶ
  5. ハード整備偏重時代の終焉
  6. まちに関わること
  7. パブリックとコミュニティ

第2章 つながりのデザイン

  1. 宣言について
  2. まちの豊かさとは何か
  3. コミュニティとデザインについて
  4. 肩書きについて
  5. ブライアン・オニールという人
  6. 変化するコミュニティデザイン

第3章 人が変わる、地域が変わる

  1. 人が育つ(中村さんの場合)
  2. コミュニティ活動に参加する意義(小田川さんの場合)
  3. チームについて
  4. 中山間離島地域に学ぶ
  5. 集落診断士と復興支援員

第4章 コミュニティデザインの方法

  1. コミュニティデザインの進め方
  2. ファシリテーションと事例について
  3. 地域との接し方
  4. 雰囲気について
  5. 資質について
  6. 教育について
  7. 行政職員との付き合い方
  8. コミュニティの自走

あとがき