ラーメン一覧

麺や福丸@北斗市開発

麺や福丸

麺や福丸

北斗市開発の「麺や福丸」。合わせ味噌が一番人気とのことで、濃い口醤油ラーメンをいただきました。鶏ガラのしっかり効いたスープと太めの麺との相性が抜群であったほか、5個入り餃子が100円というのも魅力的でありました。

次回は豚丼セットを狙ってみます。

 

 


らーめん初代社

らーめん初代社

口に入れる前からこれがラーメンであることが予想できました。

七重浜の人気店「らーめん初代社」。チャッチャ系醤油ラーメンを堪能。とんこつベースのスープと背脂が太めのちぢれ麺に絡みます。このこってりさが癖になります。餃子も必須です。(平成27年9月23日訪問)

 

  • らーめん初代社・・・北斗市七重浜7丁目11番1号

 

 


こってり醤油@はこだて武蔵

武蔵

いつも韋駄天からちょっと浮気して七飯町の武蔵まで。武蔵のこってり醤油ラーメンに150円プラスして大盛りにします。2玉にもできるありがたさ。小生の大好物コシの強い玉子麺と上あごをやけどするくらい熱々、かつ、油でしっかりコーティングされた濃厚醤油スープの組み合わせは、韋駄天に勝とも劣らない絶品です。

 

 


麺屋絆@北斗市東浜

麺屋絆

麺屋絆

麺屋絆

北斗市東浜2丁目17番の麺屋絆。醤油ラーメン美味かったです。おすすめは「とり塩らーめん」とのこと。次回注文してみます。脂ぎとぎとのラーメンも好きですが、同店のはくどくなく、昼食にぴったりと感じました。小ライスとの組み合わせが最適なのだと考えます。

店名は、絆。きずな。「し」で送ると「絆し」、「ほだし」となりますが、同店は「し」では送っていないので「絆」、「きずな」だと思います。と思ったら看板に「KIZUNA」とあるので、「きずな」ですね。

 

 


麺処函館九馬@北斗市本郷

九馬

本郷のラーメン屋、九馬。本町の韋駄天と並び、醤油派の小生が気に入っているラーメン屋であります。

店の名前ですが、「きゅうま」又は古い歴史学者坪井九馬三に因み「くめ」、いずれでしょうか。

「きゅうま」しょうゆラーメン。美味であります。

 

■麺処函館九馬(きゅうま)

  • 場所:北斗市本郷2丁目4-8
  • TEL:0138-77-6783
  • 営業時間:平日 11:00-14:00(LO13:30)
    17:00-21:00(LO20:30)
    土・日・祝 11:00-21:00(LO20:30)
  • 定休日:水曜日

 


薬食同源 拉麺 サミャン@北斗市東浜

拉麺普通盛は1.5玉というナイスなボリューム。大盛りは2.2玉らしい。巨漢の小生でも普通盛りで十分な量と感じられたため、女性の方は1玉でオーダーした方が無難な印象。
 
この日は醤油ラーメンをいただいた。あっさり系の昔ながらのスープと、コシの強い卵麺。美味。次回は炒飯の大盛りに挑戦してみたい。

 

■薬食同源 拉麺 サミャン
場所:北斗市東浜2丁目17番



お食事処 味彩@北斗市本町

北斗市本町の味彩(あじさい)にて、ランチメニューである半カツ丼・塩ラーメンセットをいただく。塩ラーメンがとても美味い。カツ丼、ミニサイズでも十分なボリュームで大満足。

ボリューム満点で手頃な価格なため、次回はダブル塩ラーメンに挑戦してみたい。

 

 

■お食事処 味彩
所在地:北斗市本町4丁目7−40
営業時間 午前11時〜午後9時まで(LO午後8時45分まで、出前は午後8時まで)
電話:0138−77−1667


らーめん韋駄天@北斗市本町

 

 

厨房の守り神と言われる韋駄天を店名に戴いた北斗市本町のラーメン店。和風出汁をブレンドしたスープと卵太縮れ麺との組み合わせが小生の好みである。昼時は混むのであらかじめご留意のこと。
 

 

 

■らーめん韋駄天(IDATEN)
 場所:北斗市本町102−2
 電話:0138−77−7882


中華そば櫓屋本店@北斗市七重浜

函館のラーメン店では珍しい魚介系のスープを用いたあっさり系ラーメン店櫓屋。あっさり目のスープが、分厚い炙りチャーシューを引き立たせている。十分に煮込まれた鶏ガラ豚骨スープと鰹節ベースの和風スープをブレンドした深みのある味が特徴的である。

この日は、櫓そば麺大盛り(写真上)と紅櫓そば(写真下)を注文した。一番のオススメがこの櫓そばだろう。これが櫓屋のラーメンの基本である。紅櫓そばは、櫓そばを辛味噌風にアレンジしたものである。

 

 

■中華そば 櫓屋(やぐらや)本店
TEL:0138-48-5585
所在地:北斗市七重浜2丁目37-3
営業:11:00~15:00、18:00~22:30
定休日:不定休


スポンサーリンク