上磯町一覧

葛登支岬灯台

葛登支岬灯台に関する古いパンフレットが手に入った。

葛登支岬灯台は明治17年4月8日に着工し、翌18年12月15日に完成している。明治18年は西暦1885年であり、葛登支岬灯台創設百年記念とあることからこのパンフレットが作られたのは1985年頃か。今から約30年前のものということになる。

『上磯町史』によれば、明治4年に弁天岬付近に灯船が配置。明治6年に函館〜青森間の定期航路が開設された。これ以降、函館港を行き交う船舶が増加し、灯船だけでは対応が難しくなったことから、弁天岬と向かい合う葛登支岬に灯台が建設されることになったらしい。

上の写真はパンフレットに挿入されていたものだが、『上磯町史』にも同じ写真が掲載されており、そのキャプションでは「葛登支岬航路標識事務所(昭和初期)」と記載されている。

航路標識事務所制が発足し、葛登支岬航路標識事務所となったのは昭和28年8月、これが廃止されたのは昭和61年4月。以降、職員常駐はなくなった。

 

葛登支岬灯台百年のあゆみ(葛登支岬灯台創設百年記念協賛会)

“津軽海峡のみちしるべ”
葛登支岬灯台は、明治17年4月8日建設に着手、翌明治18年12月15日完成し、以来今日まで津軽海峡の安全を祈りながら100年点灯を続けております。
北海道では、根室市の「納沙布岬灯台」小樽市の「日和山灯台」稚内市の「宗谷岬灯台」に次いで四番目に古く、道南では最初の灯台です。
本灯台で使用しているレンズは、大型第三等レンズというフランス・バビエ・フェネスタ社製のもので初点灯以来今日まで航海者にやさしい光を与えてきました。
また、明治25年4月には、霧、吹雪等の視程障害に対処するため霧信号所として霧鐘を設置し、昭和24年8月モーターサイレンに改造されるまで57年の長い間航行船に親しまれ航海の安全に寄与してきました。
※この霧鐘は、明治10年11月我が国最初に青森県尻屋埼灯台に取付けられていたものを移設した。同鐘は、城ヶ島灯台博物館に展示後、現在は社団法人灯光会に保存されている。
この間、技術の進展とともに灯台の光源は石油灯〜電灯へ、霧信号も霧鐘〜モーターサイレン〜ダイヤフラムホーンへと変遷をとげ現在に至っております。

葛登支岬灯台、霧信号所の要目
1、葛登支岬灯台 現在地 北海道上磯郡上磯町字茂辺地749番地
位置 北緯41度44分22秒 東経140度36分11秒 塗色 白色 構造 円形 鉄筋コンクリート造 灯質 明暗白光 明6秒 暗4秒
光度 50,000カンデラ 光達距離 18.5海里 高さ 地上から頂部まで15.75メートル 海面上から灯火まで45.90メートル
2、葛登支岬霧信号所 吹鳴周期 毎11秒をへだて、3秒吹鳴、5秒停鳴 3秒吹鳴、5秒停鳴、3秒吹鳴 機械種別 ダイヤフラムホーン2連式


当別の土偶〜その2

『蝦夷島奇観』はいくつもの写本があるらしく、当別の土偶に係るページについてデジタルアーカイブとして公開されているものはあまり多くない。先日の北大データベースと、北海道開拓記念館のサイトのもの(以下)しか発見できなかった。

ただ、『上磯町史 上巻』(p.164)に掲載されている土偶の図版は、北大、開拓記念館、いずれのものとも異なっていて、どこに所蔵されている写本なのかはわからない。市立函館博物館のデジタルアーカイブにて公開されているものかとも考えたが、この土偶のページはサイト上では見つけられなかった。

 

 

■出典 北海道開拓記念館>蝦夷島奇観(近夷地雑図部)(2014年3月26日アクセス)


当別の土偶

江戸幕府の役人であった村上島之丞(秦檍丸)による『蝦夷島奇観』は、約200年前の北海道で営まれていたアイヌの人々の生活や文化を知るうえで貴重な資料となっているが、そのなかに、当別で出土したとされる土偶について記載がある。

上記は北海道大学の北方資料データベースに掲載されている写本のデータだが、寛政10年春、當別村氏神の祠横から掘り出されたとある。顔にある細かな点は入れ墨を表しているものと考察されている。

写実的な頭部や胴体から、おそらく縄文時代後期〜晩期の土偶ではないかと推測されているが、確かに、同時期のものとされる函館市の国宝、中空土偶とも、なんとなく似ているように感ずる。

残念ながらこの土偶、その後どこにいってしまったのか不明らしい。

 

 

■出典 北海道大学北方関係資料総合目録>蝦夷奇観 / 村上嶋之允 (37 / 51 ページ)(2014年3月25日アクセス)