五勝手屋一覧

五勝手屋本舗

江差観光コンベンション協会サイト内「五勝手屋本舗」のページにて、

江戸時代後期、北海道南部の五勝手村(現在の江差の一部)で穫れた豆を使いお菓子を作ったことに由来し、屋号を五勝手屋としました。 五勝手とは「コカイテ」というアイヌ語で、波のくだける所、または、波が立っている所という意味です。

「コカイテ」「コカィテ」「コカィッテ」「コカッテ」「ゴカッテ」「五勝手」。

ちなみに名物の丸缶羊羹、小生は糸を使わずに直接食べる派です。

 

 

 


五勝手屋羊羹

五勝手屋

「おなかが空いたらスニッカーズ」ならぬ「五勝手屋羊羹」。と、焼酎にて晩酌。羊羹と焼酎とはよく合う組み合わせだと思い込んでおります。


スポンサーリンク