函館の坂一覧

谷地坂

谷地頭に続く坂なので谷地坂という名称となったとのこと。

 

谷地坂

2008年9月15日撮影。

 

函館市設置の標識に記載の内容は以下のとおり。

 

 

谷地坂(やちざか)
この坂と道路は昭和9年の大火などでいくらか変わってこそいるが、大体においてほぼ同じ位置で江戸時代からあったもの。
谷地頭は昔、遊興地として有名になったので、そこに行く坂として付けられたものらしい。
 
YACHI ZAKA SLOPE
Though this slope and the road were slightly altered by the great fire in 1934, they have remained almost at the same site since the Edo period. The area Yachigashira once thrived as a pleasure quarter, and the slope that leads to this area was given this name.

 


函館の坂一覧

個人的に一番好きなのは護国神社坂。鳥居に向かっていく坂道が何とも良い。

 

函館の坂一覧

2008年9月14日撮影。


チャチャ登り

「チャチャ」とは、アイヌ語で「おじいさん」のことらしい。

 

チャチャ登り

2008年9月14日撮影。

 

函館市設置の標識に記載の内容は以下のとおり。

 

 

チャチャ登り(のぼり)
函館では珍しいアイヌ語の坂名で、幕末頃ついた名前らしい。チャチャとはおじいさんのことで、この坂が急なため、前かがみに腰を曲げて登る姿が老人に似ていたことから「チャチャ登り」と呼ばれた。
 
CHACHANOBORI SLOPE
The name of this slope is one of few in Hakodate which is derived from the Ainu language. It was probably named in the last days of the Tokugawa Shogunate, ‘Chacha’ in Ainu means an aged man. Since this slope is very steep, those who ascend the slope looked like an old man with a stoop. This gives us an image of an aged person. So the slope was named duly. CITY OF HAKODATE
 
 

大三坂

坂を登ればカトリック元町教会。

 

大三坂

2008年9月14日撮影。

 

函館市設置の標識に記載の内容は以下のとおり。

 

 

大三坂(だいさんざか)
昔、坂の入口に大三という家印の郷宿(ごうやど)があったのでこの名が付いた。郷宿というのは、地方から公用で出てくる村民が泊まった宿である。それ以前は、木下という人の家があったので、「木下の坂」といった。昭和62年「日本の道百選」に選ばれた。
DAISAN ZAKA SLOPE
Long ago, at the base of this slope, there was a goyado (inn) called ‘Daisan’, which was the name of a family crest. The inn served local villagers who came to the city on official business. Earlier, a house named KINOSHITA was there, and this slope had been called ‘Kinoshita’s Slope. ‘ In 1987 this slope was designated as one of the ‘Hundred Representative Roads of Japan. CITY OF HAKODATE

南部坂

まちセンのお隣の坂が南部坂。昔、坂の上に南部藩の陣屋があったことに由来するらしい。

 

南部坂

2008年9月14日撮影。

 

函館市設置の標識に記載の内容は以下のとおり。

 

 

南部坂(なんぶざか)
幕府は、外国船の蝦夷地(北海道)近海への出没や、ロシアの南下など多難になってきたため、寛政11年(1799年)蝦夷地を直轄し、防衛のため奥羽諸藩に警備を命じた。日高海岸以東の警備にあたった南部藩の元陣屋がこの坂上にあったので「南部坂」と呼ばれた。
NAMBU ZAKA SLOPE
As foreign affairs became difficult, for example, unknown vessels often came and went off the coast of Hokkaido, and Russia tried to expand its sphere of influence by heading south, the Tokugawa Shogunate decided to take direct control of Hokkaido in 1799 and ordered several clans in the northern districts of Honshu (mainland Japan) to defend the area. One such clan, the Nambu clan, was made responsible to protect the eastern areas beyond the Hidaka coast I ine. They set up their headquarters at the top of this slope. This is why it is called ‘Nambuzaka slope.  CITY OF HAKODATE

護国神社坂(2008年)

護国神社坂

2008年7月21日撮影。護国神社坂。植栽もきれいに整備されており、正面に護国神社の鳥居が見える。

 

坂の案内板の内容は以下のとおり。

 

護国神社坂(ごこくじんじゃざか)
別名「汐見坂」ともいい、昔は「招魂社の坂」とも「倒産坂」ともいった。汐見坂は坂上に汐見町ができ、その町名からとったもの。招魂社の坂は明治2年(1869年)に建立された招魂社(現護国神社)に登る坂ということから呼ばれ、現在の名になった。倒産坂は坂に面して門を立てると罰が当たって”かまど”がつぶれるといわれ,昔は門を坂に面しないようにした。

GOKOKUJINJA ZAKA SLOPE
Another name for this slope is ”Shiomi Zaka. ” In days gone by this slope was cal.led ”Shokonsha no Saka” and ”Tosan Zaka. ” It was once named ”Shiomi Zaka” because the area at the upper part of this slope is called Shiomi cho. It was also once called ”Shokonsha no Saka” because at the top of this slope is a shrine Shokonsha (now called ”Gokoku Jinja, or a shrine for the war dead”) which was established in 1869. ”Tosan (bankruptcy) Zaka” came from the saying that if anyone erected a gate facing this slope, he would be destined to go bankrupt because of God”s punishment. Therefore, people tried to observe this tradition. CITY OF HAKODATE