函館図書館一覧

旧市立函館図書館

昔の写真掘り起こしシリーズで恐縮ですが、まず手始めに旧市立函館図書館から。

現在の函館図書館は2005年オープン。それまでは函館公園内の建物が本館でした。


旧市立函館図書館

2001年10月15日撮影。最近は訪れていないので、現況は不明。


旧函館図書館説明板

2001年10月15日撮影。


2001年には函館公園にあった函館図書館の説明板。

その内容は以下のとおり。


市立函館図書館

函館の図書館の歴史は、明治39(1906)年岡田健蔵氏が自宅に図書室を開設したのに始まります。明治42(1909)年には函毎緑叢会(函館毎日新聞の投稿者の集まり)の企画により、函館公園内の区有の協同館を借りて私立函館図書館が開館され、市民有志によって運営されていました。大正15(1926)年市立函館図書館の設立が決まり、小熊幸一郎氏の寄付金などで鉄筋コンクリート3階建の本館が竣工、その機会に私立函館図書館の蔵書3万冊をはじめ、建物を含むすべてを引き継ぎ、昭和3年7月16日に現在の市立函館図書館が誕生しました。

昭和9年の大火により木造の協同館を失いましたが、大正5(1916)年相馬哲平氏の寄付で建てられた5層の書庫は、北海道における初期の鉄筋コンクリート構造の建物として貴重なものです。

また、蔵書の中には、北方関係資料や啄木文庫など特色のある資料を収蔵していることで名を知られています。

道指定有形文化財

「夷酋列像粉本」

市指定有形文化財

「小玉貞良筆 蝦夷国風図絵」ほか15件




函館公園(2008年7月4日)

函館公園

2008年7月4日撮影。函館公園を展望できる東屋からの眺め。左に写るの遊園地「こどものくに」には日本最古の観覧車がある。

 

石川啄木の歌碑

2008年7月4日撮影。石川啄木の歌碑。これについての説明は歌碑の説明版をご参考に。(以下その引用。)

全国にある啄木歌碑で一番美しいできばえと言われているそうだが、本当か!?

 

石川啄木の歌碑

この歌碑は、啄木の青春のあしあと、青柳町時代を記念して昭和28年(1953年)4月に建立された。
全国に数多く点在する啄木歌碑の中でも一番美しいできばえといわれるこの歌碑は、啄木の自筆を集字拡大したものであり、エキゾチックな風情とロマンをもつ街・函館をうたった歌として、広く市民に愛誦されている。
薄幸の詩人、石川啄木が函館に逗留したのは、明治40年(1907年)5月から9月にかけての僅か132日間にすぎない。この間、文芸同人苜蓿社の諸友に囲まれ、文学を論じ、人生を語り心安らぎつつも、自らの若さと夢を思い悲しんだ。

 

中空土偶のご案内

2008年7月4日撮影。函館公園内で博物館へ案内する中空土偶を象った標柱。

 

市立函館博物館

2008年7月4日撮影。市立函館博物館。相当年季の入った建物。

 

函館図書館

2008年7月4日撮影。函館図書館。現在は五稜郭公園の近くへ新築移転されている。

冬寒い図書館は今でも思い出に残っている。