「 北斗市 」一覧

北海道水田発祥の地碑

北海道水田発祥の地碑

「北海道知事  田中敏文書」とあり。 2018/6/6 撮影。 碑銘 水田発祥由来 亀田郡大野村字文月押上のこの地に元禄五年農民作右エ門なる者南部の野田村から移つて人々の定着は米にあるとして地を拓し自然水により四百五十坪を開田し産米十俵を収穫した爾来消長あつたが後「御上田」と称して現在に及んでいる 先人未踏の北辺に今日道産米三百万石の基礎はかうし...

NO IMAGE

サッポロビールの葡萄園「グランポレール北海道北斗ヴィンヤード」開園

サッポロビールが、北斗市三ツ石に大規模葡萄園「グランポレール北海道北斗ヴィンヤード(仮称)」を開園。2021年には最初の収穫を、2022年には収穫されたぶどうから醸造したワインの発売を目指している。 「グランポレール」とは「偉大なる北極星」といった意味か。「北斗」も「北極星」をあらわす場合もあるそうなので、ワインの名前ともぴったりだと思料。 サッポロビール株式会社>ニュースリリース>「グラン...

NO IMAGE

北海道Likersで「おぐにビーフ」が紹介されていました

大地を創る人。「牛も、みんな違って、みんないい」。小国美仁さん(北斗市) | 北海道Likers 北海道Likersにて、北斗市おぐにビーフの小国美仁さんが紹介されています。 「いい肉を作ることではなく、儲かる肉を作ること。僕は、そうしたやり方にまったく賛同できません」 小国さんのテーマはこの一言に集約されていると思います。快適な環境で牛を育て、肉本来の良さを追求する。それが「おぐに...

NO IMAGE

平成29年度北斗市歴史講座

北斗市郷土資料館で開催される歴史講座。講師は、長谷部さんと松崎さん。これは面白いお話が聞けそうです(平日なので参加は難しそう...)。 29年度歴史講座 受講者募集 - 北斗市 第1回 12月18日(月) 道南地方のアイヌ文化-菅江真澄が観た蝦夷風俗- 講師 長谷部一弘氏(函館市縄文文化交流センター学芸員) 第2回 1月24日(水) 下之国矢不来館跡と上之国勝山館跡-蠣崎氏の台頭...

第6回特別展 北海道・北斗市 指定文化財展 15世紀陶器〜17世紀円空仏〜19世紀絵図まで

第6回特別展 北海道・北斗市 指定文化財展 15世紀陶器〜17世紀円空仏〜19世紀絵図まで

北斗市郷土資料館特別展に行ってきました。 円空仏3体が並ぶのはとても貴重なことで、おそらく最初で最後になろうかと思われます。 上磯八幡宮蔵の円空仏(左) どうして上磯八幡宮に伝わったのかは不明。蓮華座が欠けているのは、ケースに収納するために削られたものらしいです。 曹渓寺蔵の円空仏(中) 訳あって顔面が削られ、また訳あって蓮華座付近が削られている悲しみを背負った一体。 富川八...

NO IMAGE

第6回 特別展 北海道・北斗市指定文化財展 15世紀陶器~17世紀円空仏~19世紀絵図まで

北斗市郷土資料館で特別展が開催されています。矢不来館出土品や北斗市内の円空仏3体も展示されているようです。 第6回 特別展 北海道・北斗市指定文化財展 15世紀陶器~17世紀円空仏~19世紀絵図まで 期間 平成29年10月16日~11月12日(休館日 11月6日(月)) 午前9時~午後5時 会場 北斗市郷土資料館2階特別展示室 以下、参考。 北斗市郷土資料館 北海道新聞>郷土の宝 円...

子供会神輿行列

子供会神輿行列

昨日は、意冨比神社祭礼に伴う子供会の神輿行列。元気に終了しました。参加された皆さん、準備された皆さん、お疲れ様でした。

近所を熊が徘徊している模様

近所を熊が徘徊している模様

うちの近所を熊が徘徊している模様です。八郎沼公園近辺はこれまでも出没していますが、もっと住宅地寄りの畑も荒らされている様子。散歩などの際には、十分ご注意ください。 如才なきことながら、ヒグマです。

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

境内が、ミニなパークゴルフ場になっているお茶目な鹿島神社です。 本郷村 本郷村の起源は大野の水田の歴史でもある。 『休明光記』に「すなわち丑年(文化二年)より開発せしむるに、その年一年に功を成すこと新田百五十町歩、田九十町歩字庚申塚・五十町歩字文月」とあり、これだけの大きな面積の開田は蝦夷地で初めてのことだった。 本郷の地名の由来は、庚申塚のあった所とな...