北斗市一覧


矢不来天満宮と茂別館跡

北斗市茂辺地のまちはずれ、茂辺地川を渡った丘の上にある矢不来天満宮。矢不来天満宮入口の鳥居手前には中世の城であった茂別館の説明板がある。

現在の矢不来天満宮周辺からも察せられるが、川を挟んだ小高い丘になっており、城としては最適だったのではないだろうか。

 

 

 

 

2013年3月17日訪問。

 

国指定史跡茂別館跡

1 所在地及び地域 北海道北斗市矢不来131-1ほか

2 指定年月日 昭和57年7月3日指定

3 指定理由

ア 基準

特別史跡名勝天然記念物及び史跡名勝天然記念物指定基準史跡2(城跡)による。

イ 説明

茂別館は、嘉吉3年(1443)津軽十三湊城主・安東太郎盛季が館を造ったのに始まるといわれ、南の大館と北の小館から成っている。大館は、西は茂辺地川岸に面し、南と北は自然の沢で切られ、東は空濠を巡らしている。また、小館は、西は茂辺地川左岸の崖地で、他の三方は、自然の沢を利用し、更に土塁を設けている。

北海道の室町時代の和人の館跡のうち志苔館跡・大館跡・上之国勝山館及び上之国花沢館の4件は既に指定されているが今回これに茂別館を加え、蝦夷島中世史の解明に資そうとするものである。

文部科学省・北斗市

 


より大きな地図で Donan.info を表示




焼肉・ホルモン「丸亀」〜北斗市七重浜の名店〜

50年近く続く北斗市七重浜の焼肉店、丸亀。毎日、七重浜地区を中心とした地元客で賑わっている。

名物はなんと言ってもホルモン。くさみのまったくないホルモンとタレがよく絡む。いくら食べてもくどくない。常連は大人2名でも5人前、10人前という単位でオーダーするほど。しかも非常に「安い」!

事前に予約のうえ、ぜひとも訪問いただきたい。北斗市の名店。

 

2013年4月9日訪問。大人2名だが、ホルモンは5人前。ペロリと平らげる。

 


より大きな地図で Donan.info を表示




トラピスト修道院のソフトクリーム 2013

北斗市当別、トラピスト修道院のソフトクリームの今年(2013年)の販売が、4月5日から開始となった。

道南エリアにはたくさんの美味しいソフトクリームがあるが、個人的には、ここトラピスト修道院のソフトクリームが最も気に入っている。

トラピストバターを配合しているとのことで、味が非常に濃厚。トラピストクッキーを添えてあるのも嬉しい。ぜひご賞味いただきたい。

 

 


開拓使茂辺地煉瓦石製造所跡

函館、元町公園に残る旧函館支庁書籍庫や金森洋物店に使われている煉瓦を製造していた製造所跡。北斗市茂辺地の山の中、矢不来天満宮の少し先にあったようだが、現況では、具体的にどこにあったのかよくわからない。

 

2013年3月17日訪問。

北斗市教育委員会設置の説明板の内容は次のとおり。

 

開拓使茂辺地煉瓦石製造所跡

北海道開拓使は、明治5年(1872年)に開拓使唯一の茂辺地煉瓦石製造所を創設しました。原料は茂辺地村の砂を使用し技術者と職工の22名で煉瓦と瓦を製造しました。初期製造(明治5年~9年)製品は、品質が悪く明治9年末で操業中止。明治11年6月、東京箱崎町に開拓使物産売捌所が造られることになり煉瓦石15万本、屋根瓦約9千枚を供給するため製造再開。東京で煉瓦石職人2名を雇入れ11月までに約20万本の煉瓦を焼き上げました。製品は良質で東京での評判も非常に良かった。開拓使は明治13年1月、1億本製造計画を立案したが計画も廃案となり明治14年1月には民間に払い下げられ生産は中止となりました。

建物では函館元町公園にある旧函館支庁書籍庫や金森洋物店等が現存しています。

平成21年12月 北斗市教育委員会

 

○参考
北斗市 「=開拓使茂辺地煉化石製造所=」(2013年4月3日アクセス)

 


より大きな地図で Donan.info を表示



スポンサーリンク