北斗市一覧

茂辺地鮭卵ふ化場跡

北斗市茂辺地の奥。矢不来天満宮に登っていく途中にある茂辺地鮭卵ふ化場跡。

茂辺地地区では、年に一度、鮭まつりが行われており、鮭のつかみ取りイベントなど秋の寒い時期の開催にも関わらず多くの人を楽しませている。それも、茂辺地にふ化場があり、鮭のふ化事業に取り組んでいることに由来している。

ふ化事業以前、江戸中期から新潟や山形では鮭の産卵の保護が行われていたらしい。今に繋がるふ化法は明治初期に日本に持ち込まれた技術とのこと。北海道におけるふ化試験は明治10年に札幌で行われたものが最初。以降、北海道を始め全国各地でふ化放流事業が行われている。

さて、この茂辺地鮭卵ふ化場跡。「跡」という割には、最近まで使われていたかのような建物が残っており、史跡っぽい場所ではない。どちらかと言うと、やや「不気味」な場所かと・・・。

 

北斗市教育委員会による説明板の内容は次のとおり。

茂辺地鮭卵ふ化場跡

明治11年(1878年)に茂辺地川の鮭から採卵したものを七重勧業試験場で試験的に実施され、翌年稚魚がふ化しました。その翌年には北海道初の民間(酒井宮次郎等)による鮭卵ふ化社が設立されました。

当初は北海道開拓使の煉瓦石製造所跡の払い下げを受けふ化場として使用しました。明治20年以降は100万粒の採卵になり発眼卵は東北地方や利根川流域・島根・広島県にまで広がりました。

昭和22年(1947年)から本格的にふ化事業に取り組み、24年には建物を水源地下に人工ふ化場を開き、昭和50年頃にふ化施設建物と稚魚の養魚地を完成しました。水産庁の助成を受け、捕獲・採卵・ふ化の一切を漁業協同組合に委託、実施されていました。

現在は、北海道より直接業務委託を受けた財団法人渡島さけ・ます増殖事業協会が捕獲・採卵からふ化・放流までの事業を実施しています。

平成21年12月 北斗市教育委員会

 

○参考
独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所:「ふ化放流事業の歴史」(2013/03/21アクセス)

 


より大きな地図で Donan.info を表示


北斗和牛一本勝負、おぐに牧場の黒毛おぐにビーフ

北斗和牛としてジワジワと人気を獲得している「おぐに牧場」。「牛バカ一代」を名乗るこだわりの職人。その職人が作り上げる極上の牛肉が、道内外の美食家の舌をうならせている。

北斗市市渡にある販売所では、気軽にその極上ビーフを購入することが可能。「3,000円分焼き肉用で!」といったオーダーを事前にしておけば、あとは取りに行くだけ。

おぐに牧場:http://ogunibeef.web.fc2.com/

 


より大きな地図で Donan.info を表示


あぐりへい屋新メニュー 地元イチゴとミルクの「ゆいっこシェイク」

北斗市東前の農協直売「あぐりへい屋」。平成25年3月9日から新商品ゆいっこシェイクが発売。味はイチゴとバニラの2種類。価格はイチゴが180円、バニラが150円と非常に安い。

もはや言うまでもないが、イチゴ、ミルクともに地元の素材を用いている。一口飲んでいただければ、他のシェイクとは異なる濃厚なミルクの味に気付くはず。ぜひご賞味いただきたい!

あぐりへい屋
住所:北斗市東前62
電話:0138-77-7779
営業時間:10:00~16:00
定休日:月曜日

 


創業明治40年、北斗の老舗和菓子店 金丸菓子舗

道南で最も古い和菓子店のひとつ金丸菓子舗。明治40年の創業。聞くところによると、北斗市茂辺地の一福菓子舗は明治38年創業らしく、現在も営業している道南の和菓子店では最古とか。金丸さんの2年先輩。いずれにしても、道南で最も古い和菓子店が2店とも北斗市内にあるのは面白い。

さて、金丸菓子舗さんでは季節ごとに商品を替えている。3月の雛祭り時期は桜餅とうぐいす餅。毎朝、その日販売する分だけ作るため売り切れてしまうこともよくある。事前に電話等でご確認いただきたい。

北海道の素材にこだわり、無添加で作る餅。くどくない餡。毎日出来たての商品。これが長年の人気の秘訣。

 

場所:北海道北斗市本町2丁目1−50
電話:0138-77-8305

 

 

昔ながらの包装がまた良い。

 


より大きな地図で Donan.info を表示


地元の食材にこだわった菓子、菓匠ゆめや(北斗市東浜)

北斗市東浜の和菓子店、菓匠ゆめや。人気商品は道南地域で昔から食べられている「べこ餅」。米粉には北斗市産米ふっくりんこを用いており、地元の食材、味にこだわっている。

黒糖味の昔ながらのべこ餅に加え、胡麻やくるみのほか柚子味もある。バラエティー豊富。

 

菓匠ゆめや
場所:北斗市東浜2丁目22-7
電話:0138-73-9620(受付 9:00〜19:00)
HP:http://k-yumeya.com/

 


より大きな地図で Donan.info を表示

 


本を読まない人のための本屋「wonderful world!」

北斗市七重浜にある非常に個性的な書店(?)、本を読まない人のための本屋「wonderful world!」。店長は、有名なヴィレッジヴァンガード(「ヴィレヴァン」と略称するのは誤りで、正しい略称は「ヴィレッジ」である旨店長のブログにて指摘有。)を辞めた後に現在の店をオープンさせたとのことで、ヴィレッジの雰囲気をわずかではあるが、同店においても感じ取ることができる。

本のチョイスは非常にユニーク。普通の書店とは切り口が180度異なる。雑貨類も豊富だが、メインは本。同店は言うまでもなく書店である。豊富な雑貨類が、これまでにない切り口で揃えられた本の存在を際立たせている、と私は理解している。

ぜひ「本」を買いに北斗市七重浜まで足をのばしていただきたい。

 

本を読まない人のための本屋「wonderful world!」
北海道北斗市七重浜4-39-1
0138-48-5201
営業時間 12:12~23:23
定休日 火曜日
http://whatsawonderfulworld.blog101.fc2.com

店長のブログが非常に面白いので、訪問前後に必ずチェックすべきである。

 


より大きな地図で Donan.info を表示


平成27年度開業 北海道新幹線 新函館(仮称)駅の模型

北海道新幹線は平成27年度末(平成28年の3月頃でしょうか?)の開業となり、北斗市内において着々と新駅の工事が進められている。

新聞報道でも駅舎模型の公開について伝えられていたが、北斗市役所庁舎1階ロビーに模型が展示されている。

駅内の柱のデザインは、北斗市当別のトラピスト修道院へと続くポプラ並木をイメージしたもの。

天井部分にも木材を使用するなど北海道らしさを伝える努力が行われている。

 

 

※写真の提供は北斗市観光協会。多謝!

 


南の都函館から北の都札幌を目指す特急北斗

函館〜札幌間の鉄路と言えば、振り子の特急スーパー北斗が主流だろうが、スーパーの付かない特急北斗もまだまだ現役である。車両の臭い、ディーゼルの音も良い。

ウィキペディアを引くと、「北斗」の名称は北斗七星に由来し「北都=札幌行きの列車」というイメージも重ねられているとのこと。ちなみに北斗市の「北斗」にはそのような意味合いはなかったはず。

北斗市も札幌、函館、旭川に続く「北都」になれればとしみじみ思う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/北斗_(列車)

 


ローマへの道 冬物語

2012年12月24日訪問。クリスマスイブの夜に北斗市当別のトラピスト修道院で行われたイベント。地域の方々の熱意により、手作りで開催された。

しばれる、静かな夜に浮かぶキャンドルの灯り。とても幻想的だった。

 

トラピスト修道院に至る道を照らすキャンドルの灯。

 

一つ一つ手作り。牛乳パックを型枠として作られている。風に吹かれ、消えては付け、消えては付け・・・。地元の方々の地域に対する熱意が伝わる。

 

また来年。

 


らーめん韋駄天

北斗市本町の「らーめん韋駄天」。魚介系ながらしっかり系スープ。ちぢれ麺とよく絡み最高である。

店の中は、外見のイメージと異なり十分なスペースがあるので、家族連れでも全く問題がない。子ども用のイスやヌードルカッターも用意されており非常に親切だ。

 

 

 

2012年12月7日訪問。

 

らーめん韋駄天
電話:0138-77-7882
場所:北斗市本町102-2
営業時間:11:30~21:00

 


より大きな地図で Donan.info を表示


スポンサーリンク