北斗市一覧

大正サイロ

IMG_0568

IMG_0566

ソフトクリームで人気の鈴木牧場牛乳店舗前にある大正サイロ。大正9年、牧場主の鈴木氏が自家用サイロとして作ったもの。

以下、説明板の内容。

大正サイロ
大野町向野の道道上磯峠下線沿いにある鈴木牧場前に、大正9(1920)年に造られたサイロがある。
牧場主の鈴木欽太郎が27歳の時に、桔梗の園田牧場でサイロ造りを学び、同年9月に自家用サイロの建設に着手、10月末に完成した。
高さ4mの櫓を組み、直径2m、深さ5mで、地下はセメントで周囲を固めている。地上は川石を削り、円柱形にセメントで形を整えて、頂点はややドーム型のトンガリ帽子のような仕上げとした。
手動式のカッターで刻まれたデントコーンがサイロに保存され、6頭の牛は何とか春まで飼育することが出来、この年以降牛乳は増収されたという。
近年はサイロを使用していないが、大正8年の創業当時から変わらない低温殺菌の牛乳は根強い人気がある。平成14(2002)年からは生乳を使用したソフトクリームも販売している。
平成15年8月吉日
大野町教育委員会
平成18年2月1日より北斗市教育委員会

岡山峰吉

DSC_0041

DSC_0042

しだれ桜が有名な北斗市向野の法亀寺(ほうきじ)境内には、明治期にこの地で活躍した岡山峰吉の功績を称える石碑が残されている。岡山はかつて果樹王と呼ばれ村の人々から敬愛されていたらしい。

岡山峰吉の碑
碑文は「岡山峰吉君は理想に近き実業家なり。君を失いしは大野村の一大損失にして、その誇りとする青年の指導者を失いしなり」の一節から始まる。
明治末期から大正中期にかけて、村民から「果樹王」と呼ばれた岡山峰吉は、明治4年(1871)、茨城県河内郡太田で生まれた。同31年7月、夕張、長沼を経て、単身大野へ移住している。峰吉の果樹園はかつて山田致人(むねと)が果樹園を試みた地で、苗床10町歩、果樹園10町歩を経営し、りんご、なし、桜桃、ぶどうを栽培、年産額1万円の収穫を得るまでに成功したことが碑文に記されている。
その努力と大成功に村民から敬愛されたが、大正9年(1920)3月、数え年50の春に他界した。石碑は同年6月、峰吉の妻・蘭によって向野の道路沿いに建てられ、後に法亀寺に移された。碑文を書いた伊藤松太郎は函館の教会の牧師で、峰吉は熱心なクリスチャンでもあった。
短命で後継者のない、はかない果樹王であったが、法亀寺の墓に刻まれた遺言と思われる「我は復活也生命なり」という句から、世俗を達観した人であった。
平成18年3月吉日
北斗市教育委員会

葛登支岬灯台

1985年頃のものと思われる葛登支岬灯台創設百年記念パンフレットに、葛登支岬灯台は明治17年4月8日に着工し、翌18年12月15日に完成したと記載されている。

『上磯町史』によれば、明治4年に弁天岬付近に灯船が配置され、明治6年に函館〜青森間の定期航路が開設された。これ以降、函館港を行き交う船舶が増加し、灯船だけでは対応が難しくなったことから、弁天岬と向かい合う葛登支岬に灯台が建設されることになったらしい。

上の写真はパンフレットに挿入されていたものだが、『上磯町史』にも同じ写真が掲載されており、そのキャプションでは「葛登支岬航路標識事務所(昭和初期)」と記載されている。

航路標識事務所制が発足し、葛登支岬航路標識事務所となったのは昭和28年8月、これが廃止されたのは昭和61年4月。以降、職員常駐はなくなった。

葛登支岬灯台百年のあゆみ(葛登支岬灯台創設百年記念協賛会)

“津軽海峡のみちしるべ”

葛登支岬灯台は、明治17年4月8日建設に着手、翌明治18年12月15日完成し、以来今日まで津軽海峡の安全を祈りながら100年点灯を続けております。
北海道では、根室市の「納沙布岬灯台」小樽市の「日和山灯台」稚内市の「宗谷岬灯台」に次いで四番目に古く、道南では最初の灯台です。
本灯台で使用しているレンズは、大型第三等レンズというフランス・バビエ・フェネスタ社製のもので初点灯以来今日まで航海者にやさしい光を与えてきました。
また、明治25年4月には、霧、吹雪等の視程障害に対処するため霧信号所として霧鐘を設置し、昭和24年8月モーターサイレンに改造されるまで57年の長い間航行船に親しまれ航海の安全に寄与してきました。
※この霧鐘は、明治10年11月我が国最初に青森県尻屋埼灯台に取付けられていたものを移設した。同鐘は、城ヶ島灯台博物館に展示後、現在は社団法人灯光会に保存されている。
この間、技術の進展とともに灯台の光源は石油灯〜電灯へ、霧信号も霧鐘〜モーターサイレン〜ダイヤフラムホーンへと変遷をとげ現在に至っております。

葛登支岬灯台、霧信号所の要目

1、葛登支岬灯台 現在地 北海道上磯郡上磯町字茂辺地749番地
位置 北緯41度44分22秒 東経140度36分11秒 塗色 白色 構造 円形 鉄筋コンクリート造 灯質 明暗白光 明6秒 暗4秒
光度 50,000カンデラ 光達距離 18.5海里 高さ 地上から頂部まで15.75メートル 海面上から灯火まで45.90メートル
2、葛登支岬霧信号所 吹鳴周期 毎11秒をへだて、3秒吹鳴、5秒停鳴 3秒吹鳴、5秒停鳴、3秒吹鳴 機械種別 ダイヤフラムホーン2連式


茂辺地と煉瓦

北斗市茂辺地にはかつて、開拓使による茂辺地煉瓦(化)石製造所があった。

この製造所が作られる前から、茂辺地にて良い煉瓦土が採れることが知られていたらしい。開拓使による製造所建設に当たっては、榎本武揚らによる調査結果の影響があったと推測されるが、当該調査の際には茂辺地の粘土や煉瓦土について榎本の知るところだったはずである。

実際に茂辺地において、文久元年(1861年)から2年間に、3万枚の煉瓦が作られていたらしい。

明治5年になり開拓使による茂辺地煉瓦(化)石製造所が建設されるが明治9年には生産中止となる。これは、この間製造された煉瓦の品質が悪かったこと及び主な需要地である札幌までの輸送コストがかかり過ぎたためである。

明治11年に生産が再開され、この頃(再開後)に製造された煉瓦が使用されている建物が、函館市内に現存する旧開拓使函館支庁書庫及び市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)である。

設立当初の煉瓦品質が悪く、再開後の品質がなかなかのものだったらしいことは、製造に係る技術者の能力が大きく影響することを示しているのだろう。

国立国会図書館デジタルコレクションにて明治18年11月刊行の『開拓使事業報告 第3編』(大蔵省)が公開されている。報告書のp.824以降「○煉化石及屋瓦」について整理されており、文化年間、幕府も瓦製造を試みたものの製法未熟により北海道の厳しい冬に耐えうるようなものを作ることがかなわなかったこと及び弘化年間以降瓦製造を行う者が出てきたが、製造量が少なく価格が高騰し、容易に購入できるような状況ではなかったことがわかる。

また、明治5年の項に茂辺地村について記載がある。茂辺地において煉化石、屋根瓦に適した粘土が採取されたこと及び試験製造したものが実用に足ると判断され、茂辺地番外地3,502坪を割いて事務所、職人部屋、工場、窯場等、10棟を建築した、とある。茂辺地の煉瓦製造所は、事業としては厳しい結果となったものの、そこで製造された煉瓦には「函館製造」の刻印がなされ、道内各地や東京、千島列島にも輸出されていたらしい。

以下、該当箇所を引用する。

○煉化石及屋瓦
文化中幕府試ニ瓦ヲ製セシム製方未熟ノ為メ厳寒凍裂用フ可ラス遂ニ廃業ス
弘化三丙辰年函館商金子利吉亀田村ニ於テ瓦ヲ製ス尋テ煉化石及屋瓦ヲ製スル者アレトモ擅ニ価格ヲ定ルノミナラス製造亦少ク価自然ニ騰貴シ容易ニ買得スヘカラス屋ヲ葺ク概子木板(俗称柾木羽板木舞等ナリ)ヲ以テス
〔明治五年〕渡島国上磯郡茂辺地村近傍ヨリ煉化石及屋瓦ニ適スル粘土ヲ採リ戸切地村ノ砂ヲ和シ試製セシニ其質鞏固ニシテ実用ニ適ス因テ該村番外地三千五百二坪ヲ劃シ事務所職人部屋工場窯場等拾棟ヲ建築ス
〔七年〕函館豊川町ニ桁行十五間梁間六間ノ煉化石造倉庫四棟ヲ建築ス人其堅牢ナルヲ見テ需用甚多シ
〔八年〕冬季寒威殊ニ厳ク製造ニ従事スル能ハス姑ク中止ス
〔九年〕五月製造ニ著手シ官民ノ需用ニ供スルモ未タ他ニ輸出ノ道ナク且製造経費ヲ以テ価格ヲ算スレハ頗ル高価ニ値ルヲ以テ中止ス
〔十一年〕東京箱崎町本使物産取扱所建築工ヲ起スヲ以テ再製造ニ著手ス○六月更ニ東京ヨリ職工数名ヲ雇ヒ製造シテ東京ニ輸シ建築用ニ供ス工部省審査ニ拠レハ其製最佳トス
〔十四年〕一月茂辺地村森兵五郎工場拝借ヲ請フ乃チ許可ス抑モ此業ヲ興セシ以来未タ純益ヲ見スト雖モ函館港内外現在の官廨ハ皆此製造ニ係リ且市街石室ノ巍然タル瓦屋ノ鱗次スルハ初メ官貲ヲ捐シ価格ノ騰貴ヲ制シ築造ヲ容易ナラシメシニ由ル今其製造表左ノ如シ

『開拓使事業報告第三編』(明治18年11月刊行、大蔵省) pp.824-826


セメント工場で活躍した電気機関車

北斗市総合体育館正面玄関の向かい側、グラウンド前に復元された電気機関車が展示されている。大正12年製で、国産の電気機関車としては最古級のものらしい。

北斗市による説明板の内容は次のとおり。

 

●この機関車は、大正12年(1923年)、横浜市保土ヶ谷の東洋電気製造株式会社旧横浜工場でうぶ声をあげました。国産の電気機関車としては、最古の部類に属します。誕生以来65年間町の基幹産業として発展してきた旧日本セメント(株)上磯工場で、セメントの原料となる石灰石や粘土の輸送に活躍しました。自重16トンの、この機関車には、45キロワットの主電動機が2台装架され、路面電車と同じ直接制御器で運転されます。鉱山で石灰石を貨車に満載し、工場へ向けて急勾配を下るため、前後の車輪の間に電磁吸着ブレーキを装備しているのが特徴です。のちに集電装置をポールからパンタグラフに変更するなど、若干の改造が施されました。ボンネットの鐘をならしながら、当地の山野で働き続けた日々は、決して平坦なものではありませんでした。しかし、町民の皆さんにあたたかく見守られ、現役で還暦を迎えることができたこの機関車は、どんな華やかな機関車よりも幸せであったに違いありません。昭和63年(1988年)旧日本セメント(株)のご厚意により、先人の英知と努力の結晶であるこの機関車を新製当時の姿に復元しこの地に永久保存することにいたしました。
昭和63年11月10日
北斗市

主要諸元
自重 / 16t
最大長 / 6100mm
最大幅 / 2150mm
最大高(ポール降下時)/3400mm
軌間 / 1067mm
電気方式直流 / 600V
1時間定格出力 / 90kw(45kw×2)
1時間定格引張力 / 1765kg
1時間定格速度 / 19.3km/h
主電動機形式 / TDK31-C
動力伝達方式 / ツリカケ式
歯車比 / 14:70-1:5
制御方式 / 直列抵抗制御
制御装置 / DBI形直接制御器
ブレーキ装置 / 電磁吸着ブレーキ、手ブレーキ
製造所 / 東洋電気・汽車会社
製造年 / 大正12年(1923年)


スポンサーリンク