北斗市一覧

居酒屋祐介@七重浜

居酒屋祐介@七重浜

居酒屋祐介@七重浜

先週行ってきた北斗市七重浜の居酒屋祐介。沖縄企画が開催されており、南国の味を堪能させていただきました。あと、初めて飲んだ日本酒「函館奉行」。これがまた美味かった。なんとも爽やかな風味のお酒でして、ついつい飲み過ぎてしまいます。また行きたいです。

 

 


月兎(北斗市市渡)のお弁当

月兎弁当

会議にて頂いたお弁当は、北斗市市渡の月兎さんのお弁当でして、大変うれしく感じたところです。噂に聞くところによれば、弁当で晩酌するのが流行しているらしいのですが、なるほど確かに、酒の肴に丁度良い大きさと量のおかずに、最後の飯と甘味までもが一式揃っていて、流行する理由がわかるように感じました。

月兎さんのお弁当は、おかずに手間がかけられていてとても美味しく、お酒もすすみました。

 

 



麺屋絆@北斗市東浜

麺屋絆

麺屋絆

麺屋絆

北斗市東浜2丁目17番の麺屋絆。醤油ラーメン美味かったです。おすすめは「とり塩らーめん」とのこと。次回注文してみます。脂ぎとぎとのラーメンも好きですが、同店のはくどくなく、昼食にぴったりと感じました。小ライスとの組み合わせが最適なのだと考えます。

店名は、絆。きずな。「し」で送ると「絆し」、「ほだし」となりますが、同店は「し」では送っていないので「絆」、「きずな」だと思います。と思ったら看板に「KIZUNA」とあるので、「きずな」ですね。

 

 


手打ちそば三條屋

三條屋

三條屋

三條屋

新函館北斗駅のすぐ横にある手打ち蕎麦の老舗、三條屋。一條屋ではなく三條屋です。極太で短めの手打ち蕎麦は、かみ応え満点であります。量も多いです。味はもちろんですが、この量の多さに小生は着目しておりまして、いかに美味なる手打ち蕎麦であっても、さらっとざるに盛られている程度では、食べた気がせず、帰り道にコンビニに寄るなどということをせねばならない状況は絶対に避けたいのであります。三條屋さんにあっては、一切そのような心配はなく、逆に大盛りを頼むのは危険を覚えるほどであります。

定休日は、土曜日の翌日と月曜日の前日となっておりますのでご注意ください。

 

 


法亀寺しだれ桜2015

法亀寺しだれ桜

小生の住む北斗市向野地区が最も注目される春ですが、今年も法亀寺にはたくさんのお客様がお見えになっておりました。境内に1本だけ見事な花を付ける姿が多くの人を惹きつけるようです。正確な樹齢はわかりませんが、樹齢は三百年とも言われ、少なくとも百年を下ることはないものと思います。木は人間の数倍以上の寿命をもちますが、人の方はと言うと、どんなに生きてもせいぜい115年が限界でしょう。自らの不摂生を考慮すると小生あたりは70年くらいでしょうか。とすると、桜の花を見られるのもあと35回となります。あと35回、と考えると感慨深さも大きくなるものです。

 

 


茂辺地漁港

茂辺地漁港

全国に2,909箇所ある漁港のなかで小生が最も好きな漁港のひとつが茂辺地漁港、正確には「北斗漁港(茂辺地地区)」であります。2,179ある第1種漁港のなかでも、個人的には、最も第1種らしい漁港、第1種にふさわしい力強さと安定感を感じさせる漁港、そのように感じている次第であります。

釣りに来たのですが、まったく釣れず、風はまだまだ冷たく、早々に退散いたしました。

 

 


土のにおい

畑

拙宅前の農業高校の畑にはすでに何らかの作物が植えられた模様です。函館の海のにおいも良いのですが、道東育ちの小生には、春の土のにおいや牛のにおいの方が好ましく感じます。

 

 

 


水仙の花

水仙

本州では桜が散り緑の葉に覆われる時期になっているかと思いますが、北斗市の我が家の庭では、ようやく水仙の花が開いた次第です。地中海沿岸が原産らしく、日本にはシルクロードを通ってたどり着いたとか。雪国では春の訪れを報せる花であります。

 

 


今年もカタクリが見事です

カタクリ2015

毎年今頃、ちょうど桜の開花の直前あたりの時期ですが、北斗市匠の森公園のカタクリを眺めるのを楽しみにしております。今年も綺麗に咲いている姿を見ることができました。野性味を感じさせる美しさというのか、桜とはまた違った味わいがあるように感じます。

 

 

カタクリ2015

カタクリ2015

カタクリ2015

カタクリ2015