北斗市一覧


麺処函館九馬@北斗市本郷

九馬

本郷のラーメン屋、九馬。本町の韋駄天と並び、醤油派の小生が気に入っているラーメン屋であります。

店の名前ですが、「きゅうま」又は古い歴史学者坪井九馬三に因み「くめ」、いずれでしょうか。

「きゅうま」しょうゆラーメン。美味であります。

 

■麺処函館九馬(きゅうま)

  • 場所:北斗市本郷2丁目4-8
  • TEL:0138-77-6783
  • 営業時間:平日 11:00-14:00(LO13:30)
    17:00-21:00(LO20:30)
    土・日・祝 11:00-21:00(LO20:30)
  • 定休日:水曜日

 


居酒屋一歩@北斗市久根別

居酒屋一歩

気になっていた居酒屋にようやく行くことができました。大変美味しいお料理でして、写真を撮るのをすっかり失念いたしました。北斗市久根別のコープさっぽろほくと店裏です。

■居酒屋一歩
所在地:北斗市久根別2丁目20-3
TEL:0138-73-2657


パブ セント@北斗市久根別

パブセント

パブセント

 

北斗市久根別のパブセント。ずっと気になっていてようやく先週末に行くことができました。本物の隠れ家的パブでして、正直なところブログに書くことすら躊躇するのですが、記念として紹介させていただきます。

場所は久根別の某所。某橋を渡ったところ。闇夜にぼうっと浮かぶ灯りがなんともいえない雰囲気を醸し出しているのですが、店内はかなりおしゃれでした。

居酒屋で深酒して、家に帰る前にウィスキーで酔いを冷ます。そんな感じでまた寄らせていただきたく存じます。

 


藤本豆腐店@北斗市本町

藤本豆腐店

藤本豆腐店

 

近所の魚長にて晩飯(正確には晩酌の肴)を物色中、目に飛び込んできたのがこの豆腐。北斗市本町の藤本豆腐店手づくり豆腐とのこと。特に「藤本豆腐店謹製」の文字に惹かれました。

さっそくキムチの載せていただいたのですが、豆腐の味がしっかりと感ぜられ大変美味しくいただきました。この豆腐、現在のところスーパー魚長大野店でしか見かけておりませんが、他のスーパー等でも販売されているのでしょうか?

 

■スーパー魚長:http://www.uocho.co.jp/

 


あったかいごはんと珈琲の家 月兎

月兎

 

北斗市市渡の「月兎」さんに行って参りました。弁当は何度もいただいており、とても美味しいお店であることは認識していたのですが、お店には行ったことがありませんでした。前を通るたびにいつかお店に行きたいと思っていまして、今回ようやく念願がかなった次第です。

お店の外観、大変趣きのある建物ですが、お店の中もとても素晴らしい雰囲気でありました。建物の雰囲気から洋食屋さんをイメージされやすいと思いますが、しっかりとした和食のお店でして、お店の名前「あったかいごはんと珈琲の家」にあるとおり、ごはんの美味しい定食や弁当がおすすめであります。

おいしいごはんと、おいしい食後の珈琲。通うことになりそうなお店であります。

月兎

月兎

月兎

月兎

月兎

 

■あったかいごはんと珈琲の家 月兎
場所:北斗市市渡220
電話:0138-77-9100
時間:11:00〜16:00
定休:火曜日

 


ディッパーダン@カミダイ

クレープ

無性にクレープが食べたくなりカミダイことダイエー上磯店へ行って参りました。正面入り口すぐ近くにあるディッパーダンというクレープショップです。苺とチョコのクレープに大変満足いたしました。たまたまですが290円均一セール開催中だったのも嬉しかったです。

 

 


そば処 寿庵@北斗市開発

そば処 寿庵

そば処 寿庵

ずっと気になっていながら、なかなか行くことができなかった「そば処 寿庵」に先日ようやく行って参りました。しんわの湯にてひとっ風呂浴びた帰り道です。

メニューが豊富(しかも安い)でして、これは何度か通わなければならない、そのような印象をもちました。

この日は、一番人気との表示があった海鮮かき揚げ天ざる(720円)を頂いたのですが、歯ごたえのしっかりした蕎麦と、揚げたてサクサクで大きなかき揚げに大変満足いたしました。

■そば処 寿庵
場所:北斗市開発98-2
電話:0138-77-6255
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜20:00(不定休)


ラッキーピエロにてケーキをいただく

ラッピのケーキ

今日の昼食はラッキーピエロ北斗飯生店でした。愚息にせがまれ、デザートにケーキを注文することになったのですが、ラッキーピエロのケーキは、安い(たしか350円? )のにサイズが大きく、味もくどすぎず、大変美味しゅうございました。

ちょうど読み終わった司馬遼太郎『最後の将軍—徳川慶喜—』、晩年の慶喜が「ケイキさま」と呼ばれ親しまれていたことを偲んで(というのはこじつけですが…。)。

 


2015初詣@意富比神社

意富比神社

今年一年の世界平和と地球環境の安寧を祈念すべく、意富比神社を参拝して参りました。どこの神社もそうですが、鳥居をくぐると、不思議と厳かな空気に切り替わるような気がいたします。社殿を取り囲む木々から落ちる雪もまた神秘的でありました。

意富比神社

境内には稲荷神社が祀られています。北斗市教育委員会の説明板によれば、もともと南大野にあったものを、明治19年に現在の場所に移転したもののようです。以下、当該説明板の内容です。

 

大野稲荷神社

意冨比神社境内にある「倉稲魂命(うがのみたまのみこと)」をまつる稲荷神社で、安政年間(1854〜60)に作成された『大野村絵図(北斗市指定文化財)』に、西鍛冶在所(現南大野)に稲荷と山神を祭る社祠がみられ、「境内880坪」と記載されている。
意富比神社の記録によると、明治19年(1886)、境内に稲荷神社を合祀したとあり、西鍛冶在所から移転したものである。昭和2年(1927)、冨谷千代さんが書いた綴り方「稲荷祭の日」に余興の様子が詳細に描写されている。
また、昭和18年ごろ、社殿前で写した一枚の集合写真が保存されており、神社関係者や村の主立った27人の面々が並んでいる。このことからも当時祭礼がかなり盛大だったことがうかがえる。

平成25年3月 北斗市教育委員会

 


スポンサーリンク