太平洋セメント一覧


海上桟橋

北斗市富川の浜辺から見える太平洋セメント上磯工場の海上桟橋。

太平洋セメント上磯工場は、国内で唯一100年を超える歴史をもつセメント工場で、同社の主力工場の一つとなっている。海上桟橋は全長約2km。この桟橋から大型船に製品等の積み込みが行われている。

工場の北に延びているベルトコンベアは、海上桟橋の約3倍の距離があり、峩朗鉱山で採掘した石灰石を直接工場へと運んでいる。


CEMENT

『CEMENT』吉村和敏,ノストロ・ボスコ,2010年。

12月12日に発売された太平洋セメント上磯工場の写真集を購入。セメント工場の力強さを感じることが出来る一冊。1つの工場だけで一冊の写真集となるのは、とても珍しいことらしい。

最近、工場に興味を抱く人が増えているらしい。アニメ、鉄道、歴史、次は工場のようだ。実は私もその一人。工場で稼働する機械、重機、パイプライン等は、見ていて飽きない。

 

セメント工場は、北斗市民には見慣れた工場で、見慣れすぎているため、あまり特別な思いをもつことも少ないだろうが、写真となった工場の姿は、きっと普段とは違って見えるはず。

 

CEMENT



スポンサーリンク