建築一覧

北斗市清川の旧神山繁樹邸

 北斗市清川に残る旧神山繁樹邸は、明治29(1896)年に建てられたもので、洋風の外観と伝統的な間取りという当時流行した建築様式を今に伝えている。
 神山繁樹は、函館の郷土史家である神山茂の祖父にあたる人物で、嘉永2(1849)年に会津で生まれ、明治4(1871)年函館にやってきた。函館で牛肉店、ホテル、洋食店などを営み実業家としての成功を収めたのち、明治18(1885)年に清川村に移り住む。
 清川村でも多くの小作人を抱える開拓農場主として活躍したほか、沖川小学校や清川寺の改築にも尽力し、昭和9(1934)年、87歳でこの世を去った。

旧神山繁樹邸

旧神山繁樹邸

旧神山繁樹邸

旧神山繁樹邸

旧神山繁樹邸

旧神山繁樹邸

旧神山繁樹邸

旧神山繁樹邸

※2019年6月2日撮影。

場所

参考

  • 川島智生『明治中期の北海道における開拓農場主住宅について—函館近郊上磯町の旧神山繁樹邸からみえてくること—』「神戸女学院大学論集57巻1号(2010)」p.27-45
     この論文のなかで著者は、旧神山繁樹邸が明治5年に札幌で建設された通称「ガラス邸」と呼ばれた開拓使官舎をモデルにしていた可能性があると述べている。
     なお、以下気になった点を挙げる。

    • 1章の「4節. 和洋折衷の棲み分け」(p.31)冒頭の「ほぼ近接した面積を示す。」は和室のことか?
    • 「3章. 上磯郡清川村」の冒頭(p.40)、「平成17年(2005)年に北斗市となった」とあるのは「平成18年(2006)年に北斗市となった」の誤り。
    • 4章の「2節. 清川村へ」中(p.42)「明治18(1895)年に、神山繁樹は函館を去り、清川村に移住する。47歳の時である。」とあるが明治18年であれば1885年であり、まだ36〜37歳の頃となる。
    • 結語の1)(p.43)中「現北杜市」とあるのは「現北斗市」の誤り。