戸切地陣屋一覧

史跡松前藩戸切地陣屋跡

史跡松前藩戸切地陣屋跡(2008年7月21日撮影)

松前藩戸切地陣屋図面(2008年7月21日撮影)

案内板に記載の内容は以下のとおり。

史跡松前藩戸切地陣屋跡
 この陣屋は、安政2年(1855)幕府に命じられ松前藩が築いたものです。
 構造は、四稜郭で亀が首を出した形をしており6つの砲座があります。
 郭内には17棟の建物があり、約120人で守備していましたが、完成から13年後の明治元年(1868)箱館戦争の時、相手方に陣屋が使われないよう建物に火をつけ焼払っています。
 この陣屋は、保存状態もよく城造りの資料として価値が高いことから、昭和40年3月18日、国の史跡に指定されました。

位置

参考

  • 森 靖裕(2004)「史跡等の整備と活用–史跡松前藩戸切地陣屋跡 幕末蝦夷地にみる西欧式城郭跡」『月刊文化財 / 文化庁文化財部 監修』 (487) 2004.4 p.52~55
  • 上磯町教育委員会(1965)『松前藩戸切地陣屋跡 : 国指定史跡』
  • 上磯町教育委員会(1981)『史跡松前藩戸切地陣屋跡郭内遺構概要確認調査報告』
  • 北海道埋蔵文化財センター(1982)『史跡松前藩戸切地陣屋跡』上磯町教育委員会
  • 上磯町教育委員会(2002)『史跡松前藩戸切地(へきりち)陣屋跡 : 環境整備事業報告書』

スポンサーリンク