木村盛武一覧

木村盛武著『慟哭の谷—北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件』

元林務官だった著者が丹念に取材したノンフィクション作品。森の奥から静かにこちらを伺う羆の息吹きの如く淡々と冷静な記述となっていて何とも言えぬ不気味さを感じさせます。三毛別の事件だけではなく、著者自身の体験や他の事件についても紹介されており、羆と人間との関わり方を考えさせられます。吉村昭も『羆嵐』執筆に際して、著者の集めた資料を参考にしたらしいです。生存者やその家族、関係者への詳細なヒアリング等々、著者の行動がなければ事件は完全に忘れ去られていたのではないでしょうか。

北海道民にあっても羆を忘れた、あるいは、知らない世代がほとんどとなっているように感じますが、山や自然とふれあうことが野生の羆との遭遇と背中合わせであることを再認識することこそ、不幸な事故を防ぐ第一歩になるものと思います。

ちなみに三毛別以外の事件とし、江戸時代の古川古松軒『東遊雑記』の記録が紹介されています。巡見使が戸切知(旧上磯町)に宿をとった際、羆2頭が馬2頭を襲ったというものでして、1,000人以上の人が近くにいても羆がまったく気にしなかったことの例として登場しました。

 

『慟哭の谷—北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件』,木村盛武著,文春文庫,2015年

 

  • 目次
    • はじめに
    • 第1部 慟哭の苫前三毛別事件
      • 第1章 惨劇の幕明け
      • 第2章 通夜の亡霊
      • 第3章 大討伐隊
      • 第4章 魔獣の最期
      • 第5章 史上最悪の惨劇を検証する
    • 第2部 ヒグマとの遭遇
      • 第1章 北千島の人食いヒグマ事件と私
      • 第2章 ヒグマとの対峙
      • 第3章 ヒグマが人を襲うとき
    • おわりに

 

 


スポンサーリンク