一覧

『羆撃ち』 久保俊治著

北海道の山での狩猟を生業として選んだ著者の、獲物であるヒグマやシカとどのようにして対峙してきたかをまとめた書。生きるとは何か、命とは何か、自然の奥底に一人で挑んだ著者が思い至る境地は、都市的生活にすっかり慣れてしまった我々にとってカウンターパンチのように強烈に効いてくる。

特に印象に残っている一節。

「自然の中で生きるものの価値とは何だろう。生命とは死とは何なんだろう。そうか、死だ。自然の中で生きた者は、すべて死をもって、生きていたときの価値と意味を発揮できるのではないだろうか。キツネ、テン、ネズミに食われ、鳥についばまれ、毛までも寝穴や巣の材料にされる。ハエがたかり、ウジが湧き、他の虫にも食われ尽くし、腐って融けて土に返る。木に養分として吸われ、林となり森となる。森はまた、他の生き物を育てていく。誰も見ていないところで死ぬことで、生きていた価値と意味を発揮していく。」(p.117)

『マタギ 矛盾なき労働と食文化』(田中康弘著 2009年 枻出版社)では、自然と同化するマタギ文化と対比するかたちで、対象を倒すことを目的としたまったく異質なものとしてアメリカのハンターを例示している。本書では、アメリカに渡った著者の経験にも言及がある。前書で触れたアメリカのハンティングに対する見方は概ね誤ったものではなく、著者もビジネス化されたガイドの仕事への違和感を感じたようだ。一方で、たとえば猟の際にトランシーバを使用することが法で禁止されているなど、全部が全部ビジネス化されていると思い込んでしまうことは避けなければならないだろう。狩猟とは本来不便ななかで行われる営みであること及び猟を便利化することにより乱獲を招く、こうした理由からアメリカでは狩猟におけるトランシーバの使用が禁止されていたらしい。トランシーバは、日本のマタギにとっては欠かせないアイテムのひとつとなっている。


『羆撃ち』久保俊治著、小学館、2009年
 目次
序章 信じられぬ出来事
一章 若きハンターの誕生
二章 闇からの気配
三章 襲撃された牛舎
四章 火の女神 フチ
五章 五感の覚醒
六章 アメリカ武者修行
七章 山の魔物との遭遇
八章 永遠の別れ
あとがき


『マタギ 矛盾なき労働と食文化』田中康弘著

マタギ=熊を専門に負う猟師、という先入観をもっていたが、本書を読みマタギが熊だけでなく山や自然全体を猟の対象にしていることを知る。ウサギ、川魚、キノコ、山菜、自然から命をいただき、生きる。これらを熟知し実践している集団がマタギなのである。

本書ではマタギが熊を解体する様子が詳しく掲載されている。怖い、気持ち悪いという印象を持たれる方もおられるだろうが、私にはそれらの営みがとても神々しく見えた。実際、獲物に感謝を捧げ、余すところなく「いただく」ことは、何よりも尊い行いなのである。それに比べ、食べ物を粗末にしがちな我々の、いかに愚かなことか。

失われつつあるマタギの営みから、食や命の意味を感じる。日本人の深い部分に触れたような、そんな読後感を抱いた一冊だった。


『マタギ 矛盾なき労働と食文化』田中康弘著 2009年 枻出版社
 目次
序章 マタギとの邂逅
第1章 熊のけぼかい、熊の味
第2章 雪山のウサギ狩り
第3章 冬の川で猟をするマタギ
第4章 マタギと渓流と岩魚釣り
第5章 マタギの山の茸
第6章 山奥に天然舞茸を負う
第7章 西根師匠の遺したもの
第8章 マタギとともに熊狩りへ
第9章 マタギとは何者か
終章 マタギの向かう先
あとがき

 


『コピーキャット 模倣者こそがイノベーションを起こす』

人類がここまで発展してきた理由のひとつが「模倣」能力であることは、おそらく周知のことだろう。 一方、経営やビジネスの世界では未だ「模倣」を忌避する傾向があり、真正面から取り扱われることは少ないようである。

本書は、こうしたビジネス上の「模倣」が、実際のところ「イノベーション」と同等又はそれ以上に重要なことであることを示し、軽視されることの多い「模倣」について、どのように「模倣」すべきなのかを真剣に論じている。

「パクリ」との非難を恐れるあまり「模倣」を直視できなくなっているように思われるが、現実には多くの成功の素が「模倣」であることも事実なようで、そろそろ「模倣」に対する見方を変えるべきときなのではないか、と本書は主張している。


『コピーキャット 模倣者こそがイノベーションを起こす』オーデッド・シェンカー著、井上達彦監訳、遠藤真美訳、2013年、東洋経済新報社

目次
第1章 繁栄するコピーキャットたち
第2章 模倣の科学と技法
第3章 模倣の時代
第4章 偉大なる模倣者たち
第5章 模倣の能力とプロセス
第6章 模倣という戦略
第7章 イモべーション 成功の条件
特別寄稿 日本企業のイモべーション(井上達彦/オーデッド・シェンカー)


『新版 日本中世に何が起きたか—都市と宗教と「資本主義」—』網野善彦著

人間と自然との境界、境界に生きる人々、現在にもつながる経済の仕組みを形づくるうえで重要な役割を担っていたのがこうした境界の人々だった。差別や悪、宗教と経済、私の世代には漠然と常識化されてきた知識を完全に覆した日本中世史学の巨人、網野善彦氏の考えがコンパクトにまとめられた一冊である。


『新版 日本中世に何が起きたか—都市と宗教と「資本主義」—』網野善彦著 洋泉社(歴史新書y) 2012年

目次
序にかえて
 絵師の心 一遍と「乞食非人」
1 境界
 境界に生きる人びと 聖別から賤視へ
 中世の商業と金融 「資本主義」の源流
 ■補論 市の思想 [対談者・廣末保氏]
2 聖と賤
 中世における聖と賤の関係について
 中世における悪の意味について
3 音と声
 中世の音の世界 鐘・太鼓・音声
4 宗教者
 一遍聖絵 過渡期の様相
あとがきにかえて
 宗教と経済活動の関係


『バナナと日本人—フィリピン農園と食卓のあいだ—』鶴見良行著 岩波新書 1982年

まっとうな消費者たるもの生産者のことを慮るべきではないか、というのが本書の主題だろう。

本書では、このテーマについて、わたしたちがいつでも購入できるバナナに注目し、生産されるフィリピンミンダナオ島の農民や労働者の状況、多国籍企業の動向などを詳細にレポートしながら、わたしたちがまったく意識を向けたことのない生産者の姿を明らかにしている。

初版は1982年である。30年以上経過した現在の状況は果たしてどうなっているのだろうか。


『バナナと日本人—フィリピン農園と食卓のあいだ—』鶴見良行著 岩波新書 1982年

目次
1 バナナはどこから?—知られざる日・米・比の構図
2 植民地ミンダナオで—土地を奪った者、奪われた者
3 ダバオ麻農園の姿—経営・労働・技術
4 バナナ農園の出発—多国籍企業進出の陰に
5 多国籍企業の戦略は?—フィリピン資本との結びつき方
6 契約農家の「見えざる鎖」—ふくらみ続ける借金
7 農園で働く人びと—フェンスの内側を見る
8 日本へ、そして食卓へ—流通ルートに何が起ったか
9 つくる人びとを思いながら—平等なつながりのために
あとがき


『もういちど読む山川日本史』

高校教科書をベースとして一般読者向けに書き直されたもので、冒頭の編者メッセージにあるように「1冊で日本史の全体像を把握できる書物」となっている。ただし、教科書をベースにしたものであることから、文章は非常にドライ。興味を引かれるのは、高校時代に学習したことと、最近の研究動向を踏まえた今の記載内容とが異なっている部分。古墳の名称や、人物像等々、実はそうだったのか、と新たに知ることが少なくなかった。

教科書的な文章で、途中読むのが辛いと思うかも知れないが、通読したあとの達成感と、日本史全体を1冊で俯瞰できたという大きな満足感が得られる1冊である。

『もういちど読む山川日本史』
編者:五味文彦、鳥海靖
出版:山川出版社
出版年:2009年


『あなたの知らない北海道の歴史』山本博文監修 洋泉社 2012年

本書では北海道の歴史を、古代、鎌倉・室町、戦国、江戸、近代の6つの時代に区分したうえで、各時代の主要なトピックをQ&A形式で紹介する内容となっている。目次をもとに、気になるトピックだけを拾い読みするも良し、順に読んでいくのも良し、いずれにしても、非常に読みやすく仕上げられており、北海道の歴史の概要を、コンパクトに、かつ、短時間で俯瞰するには便利な一冊である。

これは「北海道の歴史」をテーマにしたコンパクトな書籍という点ではやむを得ないのだろうが、本書で主に取り上げられている地域が道南(渡島、檜山地方)に偏っている。北海道の歴史の概要を掴むには、やや道央、道東における歴史の記載が薄い印象を受けた。

ただし、道南に関心の強い私には大変満足な内容である…。

 

『あなたの知らない北海道の歴史』
監修:山本博文
執筆者:春日和夫、岸祐二、中丸満、吉田渉吾、渡邊大門
出版:洋泉社
出版年:2012年

 

 


『道の駅「萩しーまーと」が繁盛しているわけ—地産地消の仕事人 道の駅・活性化ビジネスを教えます』

公設市場型道の駅「萩しーまーと」。全国の道の駅でもトップクラスの人気駅。駅長を務める著者、中澤さかなさんがその成功のヒントを惜しげもなく詳しく紹介してくれる。大変ありがたい一冊。

平成22年、平成23年と、小樽市に同行させていただき、萩での取組について講演を聴くことができたが、本書により、そのときの講演内容を復習できるほか、講演では触れられなかった細かい点についても理解することができる。

いずれにしても、萩市、萩しーまーとには一度行ってみなければならない。

著者:中澤さかな
出版年:2012年
出版社:合同出版

 


『地域の力—食・農・まちづくり』(大江正章著、2008年、岩波新書)

第1次産業を中心にしながらも、柔軟な発想により魅力を発信している地域がある。本書ではそうした国内先進地の取組を詳細にレポートしつつ、それぞれの事例の共通項を見出し普遍化する道を探る。

第1章では、島根県雲南市にて地域に根ざした食品加工、販売を行う木次乳業の取組、第2章では兵庫県相生市等における商店街が地域を支える事例、第3章では地域活性化事例としては国内で最も有名であろう徳島県上勝町の事例を、福祉の観点から見つめ直している。第4章では地産地消先進都市である愛媛県今治市の取組と学校給食の重要性を、第5章では畜産業再生の事例として北海道標津町等での取組、第6章では高知県梼原町等を中心に進む林業再生の事例を紹介している。

第1次産業ではないが、第7章では富山県富山市及び高岡市の路面電車の取組を中心に公共交通の重要性を確認している。

第8章では、都心で進む体験農園の取組から、新たなコミュニティとしての重要性、農のあらたな機能や役割を確認している。

本書は初版が2008年となっており、出版から今日現在で約5年が経過している。5年経った今日現在、本書で紹介された各地の取組がどのように進化しているのか、非常に気になるところ。時間のあるときにそれぞれ追跡調査してみたいものだ。

『地域の力—食・農・まちづくり』
著者:大江正章
出版年:2008年
出版社:岩波新書(新赤版)1115


『追憶の鉄路―北海道廃止ローカル線写真集』(工藤裕之著、北海道新聞社、2011年)

昭和60年から平成元年にかけて、学生時代の著者が撮り溜めた北海道廃止ローカル線の写真を一冊にまとめたもの。

私が小学生だった頃の北海道の匂いが活き活きと伝わり、当時のことをいろいろと思い出させてくれる。

少しだけ昔の、北海道各地の懐かしい風景を、鉄道を中心に切り取った素晴らしい写真集。自分の子供の頃のアルバムのように、ときどき、繰り返し、読み返したい一冊である。