行政一覧

今井照(2017)『地方自治講義』ちくま新書

ざっくりとまとめ

  • 主題
    • 「地方自治」の概念が人によって異なっていて、「地方自治」を進めているつもりが、実は中央集権化を進めることになってしまい、地域が弱体化してしまう。そういう事態を防ぐためにも、「地方自治」の基礎概念や歴史を知ることが重要。
  • 第1講 自治体には三つの顔がある

    「1 土地の区分としての自治体
    2 地域社会としての自治体
    3 地域の政治・行政組織としての自治体」(p.14)

    • 本書における「自治体」は、主として3。
  • 第2講 地方自治の原理と歴史
    • 地方自治の原理は、補完性原理。
    • 個人で解決できない問題を地域で、地域で解決できない問題を自治体で、自治体で解決できない問題を都道府県で、都道府県で解決できない問題を国で、というように補完する。これが基本的な考え方。
    • 平成の大合併に至るまで、分権の名のもとに少しずつ中央集権的になってきている。
  • 第3講 公共政策と行政改革

    「政策のなかでも社会問題の解決に関わる政策を公共政策と呼び、公共政策の中でも国や自治体などの政府が担うものを政府政策と言います」(p.103)

    • 行政改革として公務員が現象する一方、委託等で公務をになう民間人(「公務員もどき」)が増加。
  • 第4講 地域社会と市民参加
    • 地縁団体を万能とみるのは誤り。
    • 制度化された議会という仕組みをもっと活かすべき。
  • 第5講 憲法と地方自治
    • 「地方自治の本旨」という言葉の定義が不明確。
    • 不明確だから不適当とするのではなく、定義を新たに作り上げていくことが可能である、と捉えるべき。
  • 第6講 縮小社会の中の自治体
    • 人口減少下においても守るべき自治体の役割があるはず。
    • ときに政策的に勝負に出る場面はあるにしても、その勝負の結果、住民に致命的なダメージを与えるものであってはならない。

目次

  • はじめに
  • 第1講 自治体には三つの顔がある
    • 1 自治体のアクター(登場人物)
    • 2 住民と市民
    • 3 二元的代表制
  • 第2講 地方自治の原理と歴史
    • 1 自治体の考え方
    • 2 自治体の歴史
    • 3 文献改革と平成の大合併
  • 第3講 公共政策と行政改革
    • 1 自治体の公共政策
    • 2 自治体財政の基礎
    • 3 公務員
  • 第4講 地域社会と市民参加
    • 1 コミュニティ
    • 2 市民合意
    • 3 市民参加
  • 第5講 憲法と地方自治
    • 1 主語は誰か
    • 2 地方自治の本旨
    • 3 欺きの話法
  • 第6講 縮小社会の中の自治体
    • 1 人口減少の要因
    • 2 東京圏人工の固定化
    • 3 拡散政策が導く一極集中
  • おわりに
  • 参照文献