足立区一覧

ワシントンからの里帰り桜

荒川土手を下りて足立区立千寿桜堤中学校の横に、ワシントンからの里帰り桜がある。

 

ワシントンからの里帰り桜

2011年4月2日撮影。

 

ワシントンからの里帰り桜

2011年4月2日撮影。

 

足立区設置の説明板の内容は以下のとおり。

 

ワシントンからの里帰り桜

昔、足立区江北のあたりは、「荒川の五色桜」と言われた桜の名所でした。明治45年、当時の東京市長・尾崎行雄は、日米友好のしるしとして、この桜を首都ワシントンに贈りました。桜はポトマック公園に植えられ、世界でも有名な桜の名所になりました。しかし、残念なことに、日本の「五色桜」は、堤防工事などの影響で、昔の花盛りは見られなくなりました。

足立区では、区制50周年を記念して、このいわれある「五色桜」を復活するため、昭和56年2月、ワシントンから、35品種3千本の「桜の里帰り」を行いました。

ここに植えられている桜は、この「里帰り桜」の一部です。きれいな花がたくさん咲くように、みんなで大切に育てていきましょう。

足立区教育委員会

 


柳原稲荷神社

足立区柳原の稲荷社。住宅地の真ん中にあるが、境内には古木が立ち並び厳かな空間となっている。

 

柳原稲荷神社

2011年4月2日撮影。

 

柳原稲荷神社

2011年4月2日撮影。

 

柳原稲荷神社

2011年4月2日撮影。

 

柳原稲荷神社

2011年4月2日撮影。境内には古木が多く立ち並ぶ。

 

柳原稲荷神社

2011年4月2日撮影。昭和8年勧請の富士塚。

 

柳原稲荷神社

2011年4月2日撮影。

 

柳原稲荷神社

2011年4月2日撮影。柳原箕輪囃子之碑。

 

足立区設置の由来説明板の内容は以下のとおり。

 

柳原稲荷神社(やなぎはらいなりじんじゃ)

当社の創建は詳らかではないが、『葛西誌』に「慶長4年(1599)の鎮守と云」とある。しかし、柳原村は、元禄年間に葛飾郡小谷野柳原村より分村独立しているので、それ以降に村の鎮守として祀られたものであろう。江戸期にあっては理性院持ちであった。

祭神は、宇迦御魂神。明治12年の東京府神社明細簿によると、本社殿、拝殿、境内235坪(官有地)とあり、境内社として、高木神社(産霊神)と日枝神社(大山咋神・東照宮)の2社があり、氏子は35戸と記されている。

高木神社は江戸期の第六天社で、神仏混淆を禁止された明治以降に改称した。また明治44年に日枝神社は高木神社に合祀された。

昭和8年、柳原富士講により浅間神社が勧請され、富士塚が築かれた。これは、昭和59年度区登録有形民族文化財である。講中により七富士巡りなどが行われている。

また、当社に奉納される柳原箕輪囃子は、江戸期より伝わる民族芸能で、昭和57年度区登録無形民族文化財である。

平成2年10月

東京都足立区教育委員会

 


荒川土手

ドラマ金八先生でも有名なスポット。

牛田駅から徒歩でアクセスしたが、北千住駅からも近い。

柳原千草通り商店街で惣菜を買って、この土手で食すのは、とても贅沢な時間。

 

荒川土手

2011年4月2日撮影。

 

荒川土手

2011年4月2日撮影。

 

荒川土手

2011年4月2日撮影。荒川土手から見るスカイツリー。

 


柳原千草通り商店街

今年の柳原さくらまつりは、震災の影響により中止とのこと。

昭和の趣がある商店街のひとつ。

 

柳原千草通り商店街

2011年4月2日撮影。

 

柳原千草通り商店街

2011年4月2日撮影。まだ咲き始め程度。満開になると桜のトンネルとなる(はず)。

 

柳原千草通り商店街

2011年4月2日撮影。商店街の入り口。

 

柳原千草通り商店街

2011年4月2日撮影。あるふぁ。ここでたいやきを購入し、立ち食い。

 

柳原千草通り商店街

2011年4月2日撮影。お肉屋上岡さんの「あどめちメンチ」。テニスボールのようなかたち。美味。

 

柳原千草通り商店街

2011年4月2日撮影。松むら。稲荷寿司を購入。これまた美味。

 

上記の品を荒川の土手にて食す。

 


柳原千草園

春の陽気につられ、東武伊勢崎線牛田駅界隈を散歩。

駅近くにある足立区柳原千草園を訪問。平成元年開園の比較的新しい公園。

足立区柳原にあって、たくさんの種類の植物を植えていることから「柳原千草園」と命名されたとのこと。

 

植物の見頃にはまだ少し早いが、桜が咲き始めていた。

東京で桜を見るのも今年が最後かと思うと、ふと感傷的な気分となる。

 

柳原千草園

2011年4月2日撮影。

 

柳原千草園

2011年4月2日撮影。

 

柳原千草園ヒカンザクラ

2011年4月2日撮影。公園入り口箇所にあるヒカンザクラ。

 

柳原千草園彫刻

2011年4月2日撮影。「第1回 足立区野外彫刻コンクール1989 入賞作品(財)足立区まちづくり公社」の銘有り。

 

柳原千草園

2011年4月2日撮影。

 

柳原千草園

2011年4月2日撮影。

 

柳原千草園

2011年4月2日撮影。

 

柳原千草園

2011年4月2日撮影。園内ではエアガンは禁止。

 

柳原千草園

2011年4月2日撮影。

 

柳原千草園

2011年4月2日撮影。

 

「柳原千草園案内図」に記載された公園の由来は以下のとおり。

 

この公園は、製紙工場跡地を足立区が買収し、平成元年6月に開園しました。

住宅や工場が混在し、密集している地域の中で、身近に水と緑に親しめるとともに、自然の植物が観察できる公園として計画しました。左図のように、季節ごとに植物の様々な姿が見られるように配植し、サクラやシャクナゲ、モミジ、水辺の草花など、数々の植物が植えられていることから、公園名を「柳原千草園」と命名しました。